さば缶ダイエットの効果と方法!読んだらすぐに始めたくなる!

img_6757
低コストで保存がきく缶詰は忙しい主婦や一人暮らしの学生さんなどみんなの味方ですよね。

魚の缶詰は旬の魚を新鮮な時に缶詰にしているので、栄養素がしっかり含まれているという話を聞いたことがあります。

中でもさばの缶詰様々な料理にも使えるおすすめ食品です。

そして、さばにある栄養素が素晴らしいということで、〝さば缶ダイエット〟というのもあるんだそうです。

低コストで痩せられるなら嬉しいですよね。

さらに、母乳育児をしているときに母親が魚をしっかり摂ると赤ちゃんの頭も良くなるなんていう話も耳にしたことがあります!

ぜひ産後ダイエットにも取り入れたいですね。

そんなさば缶の効果や栄養素をご紹介していきます。
読んだらすぐに始めたくなりますよ。

スポンサーリンク
330×280

さば缶の種類

img_6760

スーパーに行くとたくさんの種類か置いてありますよね。

生の鯖と違い臭みがなく、料理に使いやすいのが特徴です。
さらに低価格でそのまま食べられるので、家計にも主婦にも優しいですよね。

水煮

水煮(みずに)とは、その食品を加工する際に行われる下ごしらえや保存をするときの行程です。鯖の水煮缶の場合は、水煮と塩で煮てあります。

とてもシンプルですよね。
これが一番ダイエット向きになります。

水煮缶は塩味以外に味がないので、様々な料理に使われます。もちろんそのまま食べても美味しく食べられます。

私は塩抜きをして離乳食にも使っていました。
臭みがないため子供も良く食べてくれていました!

味噌煮

水煮に対して味噌を使って煮込むのが味噌煮缶です。

こちらは少し甘みもあり、とても美味しく食べやすいのですが、原材料に砂糖を使っているため、ダイエットには向いていません。

鯖自体は低糖質なので砂糖を使っている味噌煮缶でダイエットをするのはすごくもったいないですよね。

こちらはダイエット目的でない時に食べることをおすすめします。
この他にもみぞれ煮や醤油になど様々な種類がありますが、ダイエット目的で食べる場合には水煮缶を選ぶようにしましょう。

そのままご飯と一種に食べるだけでも美味しく頂けます。

さば缶のカロリー

img_6038.jpg

水煮缶 約 130kcal
味噌煮缶 約 200kcal

これは私が見たメーカーのカロリーなので、メーカーによって数値は前後します。が、共通して言えるのは水煮缶の方がカロリーが低いということです。

ダイエットをしているときにカロリーを気にする方は多いと思います。

ダイエットはカロリーだけではありませんが、カロリーが低ければ後ろめたさなども感じなくて済みますよね。

さば自体はカロリーが低い食品ではないので、もちろんさば缶もそこまで低カロリーではありませんが、このダイエットが成功する理由はカロリーではなく栄養素にあります。

ダイエットで大切なのはカロリーだけではありませんのでご安心ください。
ダイエットには水煮缶のほうが適しているのですが、国産の物が多く、水煮缶は特に無添加のものが多くありました。

体のことを考えると嬉しいですね。

スポンサーリンク


さば缶の栄養素

img_6758

旬の時期にとれた魚を加工しているため、缶詰は栄養価が高いと言われています。

さらに水煮缶は生の魚を缶の中に入れた状態で殺菌処理や調理などをしているため栄養素がしっかりと缶の中に詰まっています。

そんなさば缶に含まれている栄養素は以下の通りです。

・ダイエットに必要不可欠なタンパク質
・痩せホルモンの分量に欠かせないカルシウム
・脂質の代謝に必要なビタミンB2
・タンパク質の働きをサポートするビタミンB6
・精神安定効果のあるビタミンB12
・カルシウムの吸収を手伝うビタミンD
・美肌やアンチエイジング効果のあるビタミンE
・ダイエット効果のある良質な脂質
・酵素の働きを助ける亜鉛
・コレステロールの代謝を促す胴
・中性脂肪を下げるDHA
・ダイエット効果の高いEPA

など。

こんなにたくさんの栄養素が含まれています。
ざっと見ただけでもダイエットに良さそうなのがわかりますよね。

脂質が高いさばは一見ダイエットの敵のような気もしてしまいますよね。

確かに体質によっては下半身太りの原因にもなってしまいます。

しかし、さばの脂質は逆にダイエットの味方になる良質なものです。この効果がこのダイエットのメイン効果といってもいいのではないかと思うほどダイエット効果に優れています。

それを次からご紹介していきます。

さば缶ダイエットの効果

不飽和脂肪酸がダイエットの味方になる!

img_6296

不飽和脂肪酸と言われてもピンとこないかもしれませんが、〝DHA〟や〝EPA〟と言われるとなんとなく聞いたことはありませんか?

最近健康番組などでもよく聞くこの栄養素ですが、これが先ほど述べたダイエットの味方になる良質な脂質です。

DHA

DHAことドコサヘキサエン酸は必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸の一つです。

なんのこっちゃって感じですよね。

このDHAのダイエット効果は主に

・中性脂肪を下げる
・コレステロールを下げる
・血液がサラサラになり代謝が上がる

血液がさらさらになると代謝が上がるので、痩せやすい体を作ることができます。

ダイエットで代謝を上げる必要があるのはよくききますよね。DHAにはその効果があります。
DHAの効果はこれだけではありません。

・運動能力、学習能力が上がる
・アルツハイマーを予防する
・ストレスを緩和する
・アレルギーやアトピーを抑制する
・乳幼児の脳や神経の発達を促す
・生活習慣病の予防
など、嬉しい効果がたくさんあります。

ダイエット目的だけでなく、病気の予防や子供の離乳食なんかにも積極的に食べたいですね。

特にダイエット中はストレスが溜まりやすくなります。
ストレスによって暴飲暴食をしてしまったり、活性酸素が増えて太りやすくなってしまいます。

それを防ぐ効果もあるので嬉しいですね。

スポンサーリンク


そしてもう一つがEPAです。このダイエットが話題になった理由の一つがこのEPAです。

これは、GLP-1というホルモンの分泌を増やす効果があります。このホルモンこそがこのダイエットのカギです。

このホルモンには、余分な糖質や脂質の代謝を促す効果があります。余分な脂質や糖質はそのままにしておくと、脂肪として体内に蓄積されてしまいます。

それを防いでくれる効果か高いためダイエットにいいと話題になりました。

さらにこのGLP-1は血糖値の上昇も防ぎます。

血糖値は炭水化物で特に上がりやすいですが、上がりすぎてしまうと脂肪を溜め込みやすくなります。脂肪を溜め込みやすくなるのはダイエッターにとってはNGですよね。

それを防ぐ効果もあります。

さらにもう一つ、満腹感をだして食欲を抑える効果があります。これは、GLP-1が脳の満腹中枢を刺激するために起こることだそうです。

そのため少量の食事でも満腹感が出やすくなり、摂取カロリーも抑えられるようになります。

GLP-1の効果

・余分な脂質や糖質を代謝する
・血糖値の上昇を防ぐ
・満腹感を得ることができる
EPAの効果はまだまだあります。

それは運動をしたときの脂肪燃焼効果を上げる効果です。

img_6752

これは大手メーカーが研究した結果、体脂肪の減少量が平均で約9倍も上がったそうてす!
9倍はすごいですよね。
運動だけでもダイエット効果は高いですが、これを聞いたらすぐにでもEPAをとりたくなりますね!

痩せるだけでなく、筋肉量も増え代謝が上がるそうなので、痩せやすく太りにくい体を作ることができます。

このEPAはさばだけでなく青魚全般に含まれています。

EPAの効果まとめ

・余分な脂質や糖質の代謝を促す
・血糖値の上昇を防ぐ
・満腹感を得ることができる
・コレステロールの排出を促す
・運動によるダイエット効果が上がる
・筋肉がつきやすくなるため痩せやすく太りにくい体を作ることができる

など。

脂質の代謝を促す

image

さば缶にはビタミンB2も豊富に含まれています。
ビタミンB2はダイエットの味方と言われており、なんと脂質の代謝を促してくれます。

脂質には体温を保ったり、肌の膜に必要だったりととても大切な栄養素の一つですが、摂りすぎはエネルギーとして使い切れず、太るもとになってしまいます。

特に下半身太りの原因にもなってしまうため、女性にとってはあまり摂りたくない栄養素ですよね。

ビタミンB2はそんな脂質の分解を手助けし、代謝を促す効果があるため、ダイエットの味方になるビタミンとされています。

特にビタミンB群はダイエットの味方になるものばかりなので、積極的に摂るとようにしましょう!

スポンサーリンク


その他の効果

心と身体の健康を維持する

さば缶の中で特に多く含まれているのがビタミンB12です。
このビタミンは海外セレブも注目しているほど大切なビタミンです。

これが足りていないと悪性貧血になり、朝の目覚めが悪くなってしまったり、睡眠障害・物忘れ・うつ状態・疲れやすいなどの症状がててしまいます。

もっと酷くなってしまうと目眩や吐き気、食欲不振など健康面にも悪影響がでます。
睡眠障害は睡眠の質が悪くなってしまい、ダイエットを妨げます。

睡眠のダイエット効果はこちらをご覧ください。

痩せた口コミ多数!睡眠ダイエットの効果とやり方をご紹介!
睡眠ダイエット 方法 とは 効果 睡眠ダイエットという言葉を聞いたことはありますか? 名前だけ聞くと寝るだけで痩せ...

疲れやすくなってしまえば、活動する元気が無くなってしまうため、痩せたくても運動をする気にもなれないですよね。

直接的ではありませんが、ビタミンB12の欠乏も少なからずダイエットの妨げになってしまいます。

これを防げるのがさば缶です。
ビタミンB12を取ることでこれらを防ぐことごできるので、ダイエット中の心と身体の健康を維持してくれます。

このビタミンB12は摂りすぎても尿として排出されるため、過剰摂取を心配しなくてもダイエットです。

ダイエットというのは健康的に痩せることです。
ただ痩せて痩けて見えてしまうのはきれいに痩せることとはかけ離れてしまいますよね。

さば缶ダイエット健康的に内面からきれいに痩せられそうですね。

さば缶ダイエットのやり方

image

このダイエットでは1日3食の食事の中でさば缶を取り入れた食事をするというとても簡単な方法です。1日一缶を目安に食べるようにしてください。

痩せるからといって過剰に摂りすぎてしまうのも良くないので気をつけましょう。

もちろんその他の食事で高カロリー高糖質な食事をとってしまったり、間食が多いと痩せることはできませんので、その他の食事内容にも気をつけるようにしましょう。

また、さばに含まれるEPAは運動との相性がとてもいいので、運動を合わせて行うとより効果的にダイエットができます。

さば缶にもたくさんの種類がありますが、このダイエット中は必ず水煮缶を使うようにしましょう。
さばと言えば味噌煮というイメージが強かった私は味噌煮ばかり食べていましたが、味噌煮は砂糖を使っていて糖質が高くなってしまうだけでなく、カロリーも高くなってしまうためあまりオススメはできません。

味噌煮缶が好きだという方でも水煮缶も美味しく食べられると思います。
ちなみにに私は水煮缶でも味が濃く感じてしまい、塩分か気になってしまいました。

そこで離乳食を作るときによく使われる方法で塩抜きを軽くしてから食べるようにしています。

やり方は簡単です。

さばを軽くほぐし茶こしのような網目の細かいものに入れて熱湯を注ぐだけです。これで塩抜きができます。

塩分はむくみの原因になります。むくみは放置するとセルライトになるのでダイエットの妨げにもなってしまうので、薄味を意識することもとても大切なだと思います。

塩抜きをすることでさば自体の味も楽しめるのでよければ試してみてください。

食物繊維やカリウムなどダイエットに必要な栄養素を一緒に食べてさらに効果をあげましょう!

スポンサーリンク


さば缶はこんな食べ方がおすすめ!簡単レシピ

image

大根と一緒に茹でるだけ!

1.大根を一口大に切って柔らかく茹でます。
2.茹で水は捨ててもう一度水を入れ、さばと麺つゆをいれて煮込んだら完成です。

大根は食物繊維が豊富で満腹感を得られるのでぜひ一緒に摂取しましょう!

大根おろしと一緒に!

大根のダイエット効果をより発揮するためには大根おろしが一番です。
さば缶自体味が濃い目なので、大根おろしをかけることでさっぱりと食べることができます。

特に冬の時期の大根は甘みが強いので大根おろしが特に美味しい時期です。

ネギと一緒に!

1.ネギは好きな大きさに切りごま油で炒めてしんなりさせます
2.耐熱容器にさばをほぐして敷き詰めたらその上にネギを敷き詰めます
3.パン粉とマヨネーズをトッピングして、オーブントースターで軽く焼いたら、最後に海苔を散らして完成

ネギ好きの私が良くやるレシピです。
ネギにもダイエット効果があるため、相乗効果を狙えます。
何にでも合うさばの水煮は料理にとても使いやすいので、飽きずにこのダイエットを進められそうですね。

乳酸キャベツと一緒に

材料:乳酸キャベツ・鯖缶・温泉卵

お皿にほぐしたさば缶と乳酸キャベツを引いたら温泉卵を真ん中に置いて完成です!

テレビ〝世界一受けたい授業〟で紹介していたレシピです。
テレビでは生の卵を落としてレンジでチンしていましたが、私は温泉卵の方が好きなのでこの作り方をよくします!

乳酸キャベツにもダイエット効果が期待できるのでより効果的になりますね。

カレーに入れて〝さば缶カレー〟

子どもから大人までみんなが大好きなカレー!
グルテンフリーの生活をしている私は米粉のカレールウを買ってまで食べています!笑

カレーといえば食べ過ぎてしまったり、脂質や糖質が多いせいで太りやすいイメージがありますが、スパイスの多いカレーは実は代謝が上がりやすくダイエット向きです。

そんなカレーにトッピングしてさば缶カレーを作りましょう!

そしてこれを朝ごはんのメニューにしましょう。
朝からしっかりタンパク質も摂れるし、スパイスの効果で代謝を上げることができます。

さば缶ダイエットのまとめ

・水煮缶を使う(塩抜きをすると塩分を抑えられ、むくみ予防ができる)
・1日一缶を食べる(食べ過ぎもよくない)
・むくみや便秘予防のためカリウムや食物繊維も一緒に食べる
・運動のダイエット効果が上がるため適度な運動を取り入れる
・食生活全体も見直す

スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です