おやつに食べると太る!?クリーム玄米ブランダイエットの効果!

クリーム玄米ブランダイエット 効果 おやつ

img_6786

スーパーやコンビニエンスストア、ドラッグストアなどでよく見るクリーム玄米ブラン。

種類も豊富で手軽に食べられる栄養機能食品です。

ビタミンや鉄分、カルシウムなどの栄養素を美味しくおやつ感覚で食べられるので好きな方も多いのではないでしょうか?
私もよく仕事の合間につまんだり、時間がないときにつまんだりしていましたが、美味しくてついつい食べ過ぎてしまいそうになります。
栄養機能食品ということはダイエットにいいの?と考える方も多いと思いますが、実は意外とカロリーが高く、間違えた食べ方をしてしまうと太る原因にもなってしまいます。

そんなクリーム玄米ブランの効果や痩せられる食べ方をご紹介していきます。

スポンサーリンク
330×280

クリーム玄米ブランとは?

img_5986.jpg

アサヒフードアンドヘルスケア株式会社さんが出している栄養機能食品です。

玄米やブランなどを使ったクッキーのようなクラッカーのようなものの間に、クリームをサンドしてあるお菓子のようなもので、美味しく食べ応えがあります。

甘さもあるのでおやつにいいかな?と思っている方も多いのではないでしょうか!

ちなみにこちらはバランスアップ食品とありますが、決してダイエット食品ではありません。

しかし、栄養素が豊富だとダイエットにいい気がしてしまいますよね!

そもそもブランとは?

img_6172

最近コンビニエンスストアでも低糖質のブランパンシリーズが増えている中、注目され始めた〝ブラン〟とは何なのでしょうか?

まずブランとはふすまとも呼ばれ小麦の胚芽と外皮のことです。

小麦と聞くとダイエットによくないイメージですが、このブランの部分は、食物繊維や鉄分・カルシウムビタミンB1・タンパク質が豊富なため、最近ではダイエットにもいいと注目されるようになってきました。

さらにこのブランは低糖質という特徴もあるため、さらにダイエットにいいのです。

ここまで聞くと、クリーム玄米ブランは低糖質で栄養素が豊富でというイメージになりますが、このクリーム玄米ブラン自体は低糖質ではないので、注意が必要です。

クリーム玄米ブランのカロリーは高い?

image

クリーム玄米ブランのカロリーは、一袋2枚で約190kcalあります。

味によって多少の前後はしますが、わたしが見たもの達はほとんどこのくらいのカロリーでした。

一枚およそ95kcalと考えると全然低カロリーではないですよね。むしろパクパクと食べられるこちらの商品なら食べ過ぎてしまい、あっという間にカロリーオーバーなんてことも考えられます。

ダイエットでは摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまうと痩せにくくなってしまいます。

もちろんダイエットに大切なのはカロリーだけでなく栄養素もなので、カロリーが高くても痩せられるものはたくさんあります。

しかし、一つ買うと(4枚で)約380kcalもあるため、どちらにしろ食べ過ぎには気をつけないといけないですね。

クリーム玄米ブランの栄養素

img_6766

クリーム玄米ブランに含まれている栄養素です。

カルシウム・鉄・マグネシウム・ビタミンAですビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンD・ビタミンE・ナイアシン・葉酸・パントテン酸

私たち日本人に不足しやすいと言われている栄養素がたくさん含まれているので、栄養素をしっかり摂るという意味ではぜひ食べたいですよね。

特にカルシウムは一枚で約100mgも含まれていました。意外と知られていませんが、カルシウムもダイエットには大切な栄養素です。

栄養素だけを見るとダイエットに適しているものも多いの、痩せるような気がしますが、クリーム玄米ブランにはダイエット効果はあるのでしょうか?

クリーム玄米ブランのダイエット効果

スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です