生姜湯ダイエットの効果と方法!作り方はとっても簡単!

体温が上がって痩せやすい体質になる

suto

しょうがに含まれているジンゲロールは身体の表面を温めショウガオールは身体を芯から温める効果があります。

さらにこの2つの栄養素には血管を拡張する効果もあるため、より体が温まりやすくなります。

そのため、冷えからくる低体温を改善できます。

私たちの体は体温が上がると基礎代謝が約14%前後上がると言われています。

基礎代謝というのは睡眠時や安静時などの何もしていないときに消費されるエネルギーのことです。

14%というと、基礎代謝が約1200kcalの私は1368kcalくらいになるということです。

たった168kcalと思われるかもしれませんが、これはウォーキング30分以上したときに消費されるカロリーと同じくらいになります。

そう考えると寝ているだけでウォーキング30分消費できるなんてすごくいい話ですよね!

平熱が35度台しかない方!今すぐしょうが湯を取り入れましょう。

冷え性の改善

img_6296

上にも書いたように、生姜に含まれている栄養素には、身体を芯から温める効果のあるものと、身体を表面から温める効果のあるものがあります。

そのため冷え性を改善することごできます。

冷えがダイエットに良くないというのはきっとよく聞くと思います。

私たちの体は冷えてしまうと血液の流れが悪くなってしまい、老廃物を排出しにくくなってしまいます。

特に女性は下半身が冷えやすいので下半身太りの原因を作ってしまいます。

さらに、ダイエットをした場合にも冷えている部分はなかなか痩せません。ダイエットをするとバストから落ちてしまうのは心臓に違いバストは冷えていないからです。

ダイエットをするのにはまず冷え性を改善する必要があります。

生姜にはその効果があるので、毎日しっかりととりたいですね。

ちなみに私はお腹の冷えがすごく気になっていたのですが、毎日生姜をとっていたら、見事に改善できました!

なので生姜は本当にお勧めです。

むくみの改善

img_6417

突然ですが、お腹を触ってみてください。
冷たくありませんか?

この冷たさ、実は腸などの内臓が冷えているということです。

腸が冷えてしまうと動きが鈍くなってしまうため、血行やリンパの流れが悪くなってしまいます。

血行やリンパは腸から吸収された栄養素を運ぶ役割がありますが、それと同時にいらない老廃物も運ぶ役割があります。

そのため、腸の働きが鈍くなってしまうと老廃物を排出できなくなってしまい、むくみの原因になります。

むくみには様々な原因があると聞きますが、腸の冷えもその一つなんですね。

そこで生姜です。

生姜に含まれているショウガオールには身体を芯から温める効果があるため、腸冷えを改善する効果があります。

私はお腹の冷えを改善する前はむくみで足が痛かったのですが、改善してからは痛くなるほどむくむことがなくなりました。

むくみで悩んでいる方、ぜひしょうが湯を試してみましょう!

活性酸素の除去

img_6204

先ほどから何とも登場しているショウガオールには活性酸素を除去する効果もあります。

ショウガオール大活躍ですね!

活性酸素とはもともと少しは体に必要なものなのですが、これか増えすぎてしまうことで肥満を始め、様々な悪影響を及ぼします。

活性酸素が増えることで起こること
肥満・老化・肌荒れ・ガン・生活習慣病 など。

特に活性酸素が増えてしまって太るとさらに活性酸素を発生させてしまうという悪循環が生まれてしまいます。

それを防いでくれるのがショウガオールです。

ショウガオールの抗酸化作用で増えすぎた活性酸素が除去されれば肥満などのトラブルを防ぐことができます

ダイエットの味方になるだけでなく、美肌効果や病気予防になるのは嬉しいですね。
余談ですが、病気のほとんどの原因が活性酸素と言われています。なので、積極的に抗酸化作用のあるものを摂取するようにしましょう!

スポンサーリンク
330×280

しょうが湯の効果

スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です