抹茶は低カロリーでダイエット効果あり!パンには抹茶豆乳を!

近年、海外では抹茶がブームになっています。

日本食が人気だからとか、抹茶のスイーツが人気だからという理由ももちろんありますが、それだけではなく、健康効果にも注目が集まっているようです。

日本でも抹茶のスイーツは人気がありますよね。

時期が来ればスーパーやコンビニには使われているお菓子やスイーツがたくさん並びます。

最近では、緑茶に含まれているものなんかもありますよね。

また、最近では、テレビでダイエット効果のある豆乳と合わせた〝抹茶豆乳〟ダイエットが話題になりました。

衰えることのない人気を持つこちらについてご紹介していきます。

スポンサーリンク
330×280

そもそも抹茶とは

抹茶とは碾茶を粉末にしたもので、緑茶の一種です。
粉末抹茶というものも売られていますが、こちらは煎茶を粉末にしたものです。

碾茶は、茶葉に日差しが当たらないように育てられます。
それを石臼で挽いたものが抹茶です。

日差しが当たらないように育てられることでより旨味が増すんだとか。

有名なアイスクリーム、ハーゲンダッツは、抹茶のアイスクリームの容器だけ他のものとは違い、遮光できる容器が使われているそうです。

それにより旨味が逃げないんですね。

碾茶から作られる抹茶は茶道などで使われるもので少し高価です。

それに対し手に入りやすいのが粉末抹茶です。
家で飲む場合やお菓子作りにはこちらのタイプで大丈夫です。

一括りに抹茶と言っても使っている茶葉が違うんですね。

お茶屋さんで飲む抹茶の濃厚さや美味しさは茶葉のおかげなのでしょうか。

なんとなく京都に行きたくなってしまいました。笑

抹茶のカロリー

100gあたりで約320kcalです。

100gあたりで見ると高い様な気がしてしまいますが、実際に飲むときは一杯あたりだいたい2g程度です。

2gなら単純計算をしても約6.4kcalなので低カロリードリンクだと思って大丈夫そうですね。

ちなみに、ダイエットとして飲むのなら、砂糖な油分が含まれていないタイプのものを選びましょう。

市販の抹茶ラテや抹茶豆乳は一見体に良さそうな気もしますが、砂糖が多く使われているため、カロリーも糖質も高くなり、ダイエットには不向きです。

このようなものを飲むのなら、ダイエット中のご褒美DAYを設けてその日に飲むのがおすすめです。

スポンサーリンク


抹茶の栄養素

海外でスーパーフードとして話題となるほど、抹茶には素晴らしい栄養素が豊富に含まれています。

カテキン

・糖の吸収を抑える
・抗酸化作用で活性酸素を除去する
・ガンや生活習慣病予防
・成長作用

カフェイン

・利尿作用
・脂肪を燃焼する効果のある
・集中力アップ
・眠気覚まし

タンニン

脂肪を分解する

テアニン

・リラックス効果
・高血圧予防
・生理前に不調を起こすPMSの改善

その他

・皮膚や粘膜、目の健康を維持するビタミンA
・美肌効果や風邪予防に効くビタミンC
・抗酸化作用がありアンチエイジングに効くビタミンE
・コレステロール値を下げる葉緑素
・むくみの改善に効果のあるカリウム

など。

書き出しただけでも多くの栄養素があり、様々な不調や美容に効果をもたらしそうですね。

私もここまですごいとは知らなかったので、今すぐにでも抹茶を買いに行きたいです。笑

効果についても後ほど詳しく紹介して行きます。

スポンサーリンク


抹茶のカフェイン

カフェインの含有量は100mlあたり約30mgです。

一杯でおよそ45mgで、コーヒーや玉露に比べると少なめですが、ウーロン茶などのお茶に比べると少し高めです。

カフェインには脂肪に燃焼する効果もあるため含まれていることでダイエット効果が上がります。

その反面、利尿作用があるため、飲み過ぎは水分不足などが心配されます。

また、睡眠に影響が出てしまうと痩せにくい身体を作ってしまうため、飲む時間や量には気をつけましょう。

妊娠中、授乳中の方は控えた方が良さそうですね。
しかし、最近では一杯くらいなら大丈夫という声も上がっているので、飲みすぎないようにだけ気をつけましょう。

抹茶の効果

ダイエット効果

何と言ってもダイエット効果がすごい!

抹茶にはダイエットに効果のある栄養素がたくさん含まれています。

カテキン

カテキンには脂肪の吸収を防ぐ効果があります。

脂肪が吸収される理由の1つが血糖値です。
血糖値が上がりすぎてしまうと、身体にブドウ糖を脂肪として蓄えてしまう〝インスリン〟というホルモンの分泌が増えます。

それにより体脂肪が増えてしまうのですが、カテキンは血糖値が上がる原因になる糖の吸収を妨げる働きがあります

それにより、脂肪がつきにくくなるのです。

さらにカテキンには活性酸素を除去する抗酸化作用もあります。

活性酸素はストレスや食品添加物、大気汚染など様々な原因で増えてしまうのですが、増えることで身体が酸化してしまい、これが太る原因になります。

その活性酸素を除去する効果もカテキンにあるので、さらにダイエット効果が期待できます。

カフェイン

カフェインには脂肪を燃焼する効果があると書きましたが、運動をする15分以上前に飲むことでさらにその効果を発揮します。

本来、私たちが活動をするときや運動をするときには、糖がエネルギーとして使われます。

ダイエットに効果的だと言われているウォーキングも始めに糖が燃えてから、一定時間が過ぎると脂肪が燃え始めます。

しかし、カフェインを摂取しておくと、糖をエネルギーとして使う量が減り、その分脂肪をエネルギーにするため、痩せやすくなるんだそうです。

運動をする方にとっては嬉しすぎる効果ですよね。

ダイエットをしていて運動を取り入れていない方もぜひこれを機に取り入れましょう!

ちなみにこれはカフェインを取り過ぎると効果が薄れてしまうので気をつけましょう。

タンニン

タンニンには脂肪を分解して身体に蓄積させない効果があります。ダイエット中でも脂っこいものを食べたくなってしまうときもありますよね。

そんなときにもぜひ一緒に摂るようにしましょう。

ダイエット中の我慢のしすぎは帰って太る原因になる場合もあります。なので、このようにうまく取り入れることをオススメします!

太る原因といえば、脂っこいものと糖質というイメージがありますが、カテキンが糖の吸収を妨げてタンニンが脂肪を分解してくれるなら怖いもの無しですね!

だからと言って食べ過ぎ飲み過ぎには気をつけましょう。

スポンサーリンク


デトックス効果もある!

デトックス系のダイエットがたくさん話題になるほど、デトックスをすることは痩せるために必要になります。

その効果のある栄養素の1つ目がカリウムです。

カリウムには塩分を排出する働きがあります。

現代人は塩分の摂り過ぎだと言われていますが、塩分むくみの原因になり、さらにそれを放置してしまうとセルライトになってしまうため、ダイエッターにとっては少し厄介ですよね。

そんな塩分を排出してくれる効果があります。
そして、その排出をするのは、主に尿や汗からになります。

抹茶に含まれているカフェインには利尿作用があるため、排出しやすくなります。

2つの効果で不要な栄養素を排出してくれるため、しっかりとデトックスができそうですね。

腸内環境を整える

腸内環境が整うと、便秘の解消ができ、血液やリンパの流れが良くなるため、ダイエットには欠かせません。

抹茶には便秘の解消に効果のある食物繊維が豊富に含まれています。一杯でなんと、食物繊維が多いイメージのあるさつまいも35gと同じ量なのです。

といってもあまりピンとこないかもしれませんが。
とにかく豊富に含まれています。

さらに、食物繊維は糖の吸収を緩やかにする効果もあるため、食前に飲むことで血糖値を上がりにくくするため、脂肪がつきにくくなります。

もう1つ、腸内環境を整える効果のある栄養素が含まれています。それはカテキンです。

このカテキンは食事中や食後に摂ることで、悪玉菌を減らしてくれる働きをします。
それにより、便秘だけでなく、下痢対策にもなります。

ダイエット効果が高く、さらに腸内環境を整えてくれるなんて素晴らしい栄養素ですね。

スポンサーリンク


美肌効果も高い

抹茶の効果はダイエットだけではありません!
なんと美肌効果も高いのです。

痩せながら綺麗になれるなんて夢のような飲み物ですね。

美肌効に効く栄養素の1つ目がカテキンです。
またまたカテキンの登場です!

活性酸素を除去する抗酸化作用が高いと書きましたが、活性酸素はシミやシワ・ニキビ・くすみなど、あらゆる肌トラブルの原因になります。

その活性酸素を除去する効果があるため肌トラブルを避けることができるのです。

さらに老化の原因になる活性酸素の除去ができるので、美肌になりながらアンチエイジング(抗老化)もできる嬉しい栄養素なのです。

次にビタミンCです。美肌といえばこれですよね。

ビタミンCには

・還元作用によるシミの改善
・紫外線から肌を守り、色素沈着を防げる
・抗酸化作用が肌トラブルを防ぐ
・コラーゲンの生成を促すため、ハリのある肌を作れる
・コラーゲンによりシワを改善できる
・肌の生まれ変わり周期〝ターンオーバー〟を整える
・ターンオーバーが整うことでキメのある肌になる
・ターンオーバーが整うことで毛穴ケアができる

こんなにたくさんの美肌効果があります。

そして、ビタミンCと一緒に摂ることでお互いの効果をさらに高めるビタミンEも抹茶には含まれています。

ビタミンEにも高い抗酸化作用があるため、肌トラブルやアンチエイジングに効果的です。

こんなにたくさんの効能を持つ栄養素があるなら、すがに美肌になれそうな気がしてしまいますね!

リラックス効果

旨味のもととなる〝テアニン〟には、リラックス効果や安眠効果があります。

私たちがリラックスしているとき、脳にはα波というのがでます。

このテアニンを摂ると30分後にこのα波が増えるようになったことで、抹茶にはリラックス効果があると言われるようになりました。

ストレス社会と言われている現代ではリラックスすることはとても大切ですよね。

さらに、ダイエットをしているとどうしてもストレスが溜まってしまうので、ぜひ抹茶を飲んで一息つく時間を作りましょう!

スポンサーリンク


抹茶ダイエットでの飲み方と摂取量

抹茶と言えばシャカシャカして(言い方がわかりません。すみません。)器を回して飲むイメージですが、ダイエットに取り入れるために家で飲む場合は、気にせず飲んでしまいましょう!

粉末抹茶はお湯で溶かすだけで飲めるのでとてもかんたんです。(シャカシャカした方が粉っぽさが無くなるのでしょうか?)

飲む量は、1日3杯が一番効果的だと言われています。
さらに朝飲むことで痩せやすくなるそうです。

カフェインが含まれているため、普段から寝付きの悪い方は控えめにするといいと思います。

また、寝る前に飲むのも睡眠の質が悪くなってしまいダイエットの妨げになるので、夜に飲むのは控えましょう!

カフェインは5~6時間効果が続くそうなので、できれば寝る6時間前までに飲むのをお勧めします。

普段の飲み物を抹茶に変えるだけなので簡単ですね。
ジュースを飲む機会が多い方は、それを抹茶にするだけで、カロリーや糖質量を大幅に減らせます。

食物繊維が豊富なので、食事の始めに飲むのもおすすめです。

パンを食べても痩せられる!?抹茶豆乳!

2017.2.19に放送されたテレビ〝ピラミッドダービー〟で、3食パンで5日間のダイエットが放送されました。

その時にパンを食べても痩せられる飲み物として紹介されていたのが抹茶豆乳です。

このダイエットを挑戦した芸人のきんたろうさんは、5日間毎日3食パンを食べていましたが、開始から5日後の体重は−1.9kgでした。

5日で約2kgのダイエットは素晴らしいですよね。

しかも、太るイメージがあり、痩せたいなら避けたい食べ物とされているパンを食べてのこの結果なのでさらに驚きです。

パンが大好きな方にはまさに理想的な方法ですね。

これは、抹茶と豆乳両方のダイエット効果があっての結果ですが、抹茶にもそれだけの効果があると思って良さそうですね。

パンが大好きな方は食べる前にぜひ抹茶豆乳を飲むようにしましょう。

作り方や飲み方は次からご紹介していきます。

スポンサーリンク


抹茶豆乳の作り方

材料 抹茶:小さじ1/2・豆乳100cc
これを混ぜ合わせるだけという簡単なドリンクです。

100円均一などで販売されているシェイカーを使えばしっかりと混ざって粉っぽさもなくなりそうですね。

市販でも抹茶豆乳のドリンクが販売されていますが、それらは大半が砂糖入りです。

それはそれで美味しいのですが、ダイエット向きではなくなってしまうので、飲むときは自分でつくるようにしましょう。

また、豆乳は無調整豆乳の方がよりおすすめですが、飲みにくいという方もいると思います。

そんな方は無理をせずに調製豆乳で作りましょう!

豆乳だけで飲むのが苦手な私も作って飲んでみましたが、豆乳だけで飲むよりも抹茶を入れた方が飲みやすかったです。(抹茶が好きだからかもしれませんが。)

豆乳だけで飲むのが苦手な方も、ぜひ一回試してみてもいおかもしれません。

抹茶豆乳を飲むタイミング

ダイエット中だけどパンも食べたいという方は、まずパンを食べる前(食事の始めに)飲むようにしましょう。

100ccだけなので、飲むのが辛いというこたはありませんが、少しお腹にたまるので、食べ過ぎの防止もできそうな気がします

太るイメージがあるパンで痩せるための方法がこんなに簡単でいいのかな?と思ってしまいますが、実際にこれできんたろうさんが痩せているので、試してみる価値はありそうですね。

こらだけ書くと抹茶豆乳は痩せるというイメージになると思いますが、ホルモンバランスに影響する豆乳の飲み過ぎは、女性疾患の原因になる可能性もあります。

過剰摂取は控えましょう。

テレビでは一日3食だったので、1日で300ccでした。
これを目安にするのが良さそうですね。

スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です