簡単すぎる呼吸ダイエットとは!?効果とやり方をご紹介!

近ヨガや瞑想にはまっている私。

ヨガは美容にいいということで多くのモデルさんやブロガーさんが取り入れていますよね。

ヨガを行うとスッキリすると聞いたことありませんか。
私は自分が行うまで、このスッキリというのがただ運動をした後のスッキリ感のことなのかな?と思っていました。

しかし、自分で行ってみると、身体ももちろんスッキリしたすが、それ以上に頭の中がスッキリした気分になったのです。

雑念が消えるという表現をする方がいますが、本当にその言葉がぴったりなくらい脳内がクリアになります。

毎日慌ただしく動いていると、常に次あれやらなきゃ・これやらなきゃと考えおり、覚えきれずに忘れてしまうなんてこともしばしば。

そんな毎日の中でこのスッキリ感はすごく驚きました。

私の場合は、ヨガだけでなく呼吸を意識する瞑想でも感じることができました。

普段何気なく行っている呼吸ですが、意識するだけでこれほど違うのかと驚きます。ですが、驚くのはこれだけではありませんでした。

なんと、ダイエットや様々な体の不調にもいいんだそうです。
呼吸だけで不調や肥満を改善できたら、もうお金をかけてグッズを買ったり病院に行く必要なんてなくなりますよね。

そんな素晴らしい効果をぜひ自分自信で体感しましょう!

スポンサーリンク
330×280

呼吸法ダイエットとは

テレビ“世界一受けたい授業”でも紹介された呼吸ダイエットは、

日無意識に行っている呼吸を意識して深く行うことで、より多くの酸素を取り込むことができダイエットに繋がるというものです。

意識していると深く呼吸ができると思いますが、無意識な時は浅くなっている可能性があります。

私もヨガや瞑想をはじめた頃は呼吸を深くすることが意外と難しく感じてしまいました。なのできっと、浅くなってしまっていたんだと思います。

この〝浅い呼吸〟がきっかけで、身体には様々な不調が現れます。そしてダイエットにも関係してきます。

酸素は脂肪の燃焼に欠かせないのですが、浅くなってしまうことで、取り入れる量が減ってしまいます。

そのため、血液中に充分補えなくなってしまうことが痩せない原因を作ってしまうのです。

ダイエットを頑張っているのに痩せない方、食事の量を減らしているのに痩せない方はぜひこの方法も取り入れてみてください。

呼吸方法ダイエットの効果

自律神経を整える

私たちの身体の自律神経には、交感神経と副交換神経があり、このバランスが乱れてしまうと身体に様々な不調を起こします。

・肩こり・頭痛・うつ状態・だるさ・手足のしびれ・不眠・動悸・イライラ・不安・便秘or下痢・手足の震え・乗り物酔い・蕁麻疹 など。

どれも辛い症状ですが、この中のいくつかはダイエットにも影響が出てしまうため、自律神経のバランスが整っていることは大切になります。

乱れる原因としては

・睡眠不足・運動不足・食品添加物・食生活の乱れ・気候・パソコン・生活リズムの乱れ・ストレス

など、避けられないものがあります。
これらの影響をなるべく受けないためにも、呼吸法はとても大切になります。

スポンサーリンク


ストレスの解消

自律神経が乱れる原因にストレスがありますが、この呼吸法はストレス自体にも働きかけてくれるため、ストレスからの自律神経の乱れも防げます。

また、ストレスが溜まると、甘いものが無性にたべたくなってしまったり、食欲が止まらなかったりなど、太る原因を作ってしまいますよね。

さらに、肥満の原因になる活性酸素までも分泌されやすくやります。そのため、ダイエットとストレス解消はとえもたいせつなことです。

趣味に時間をかけたり旅行をして解消をするのもいいと思いますが、呼吸をするだけなら時間がなくても簡単にすぐに取り入れられるため、なるべく毎日行うといいですね。

お腹まわりがスッキリ!

呼吸法は主に腹式呼吸を意識します。
腹式呼吸とは、息を吸った時にお腹を膨らませ、息を吐く時にお腹を凹ませる呼吸方法です。

それにより、お腹周りの筋肉も鍛えられるためお腹の引き締め効果が上がります。

お腹まわりの筋肉が鍛えられると便秘の改善にもつながる場合があるので、一石二鳥ですね。

冬場は気にならないお腹まわりでも、薄着になるにつれてボディラインが見えてしまうので油断できません!

呼吸の時に筋肉も意識することでポッコリお腹を撃退できます。

スポンサーリンク


代謝が上がる

呼吸によって酸素をより多く取り込まれると、血液の循環を高めるのにも効果的で、血行促進に繋がります。
血行が良くなると冷えが解消されたり、代謝が上がるのでダイエットにぴったりです

私たちの身体は摂取カロリーよりも消費カロリーが上回らなければ痩せられません。そしてその消費カロリーを増やすためには、代謝を上げる必要があります。

摂取カロリーを減らすことも大切ですが、代謝が高いことは痩せやすい体を作ることにもつながるので、ぜひ代謝を上げる意識をしましょう。

脂肪を燃焼させるにはまず代謝を上げることが必要不可欠です。

また、呼吸を行う時に大胸筋という体の中でも大きな筋肉を鍛えることができます。

太ももや背筋もそうですが、大きな筋肉を鍛えることもエネルギー消費量が増やせる方法なのでこちらも代謝アップに繋がります。

睡眠の質を上げる

自律神経の交感神経を落ち着かせて副交換神経が優位にならと、睡眠の質も上がります。

最近では睡眠ダイエットというものも話題になっているくらい痩せるためには必要な行動です。

睡眠の質が上がると痩せホルモンと呼ばれる〝成長ホルモン〟の分泌が活発になったり、日中の食欲が抑えられます。

睡眠の質が悪かったり寝不足だと甘いものやしょっぱいものをやたら好んでしまうという傾向があるようなので、そうなってしまんないようにしっかり対策しておきましょう。

スポンサーリンク


免疫力が上がる

深く呼吸することで、自律神経の交感神経が少し弱くなります。それにより血液中に影響を与えてられて免疫力アップにつながるのです。

免疫力と聞くと風邪をひきにくくなるイメージですが、病気の予防にもぴったりです。

忙しく働いていると体調が悪くても休めない方多いのではないでしょうか。そんな方こそぜひ取り入れましょう。

呼吸方ダイエットのやり方

呼吸を取り入れたダイエット方法はたくさんありますが、腹式呼吸が元になっているのかな?と思うものが多いです。

なのでまず、腹式呼吸のやり方についてご説明します。

1.鼻から大きく息を吸う
 このときお腹が膨らむことを意識します。
2.そのままキープ
 息を吸った秒数と同じ秒数キープします。
3.口から息を吐き出す
 吐き出した後はお腹が凹みます。
 吸った秒数の倍の秒数をかけて吐き出します。

息を吐き出すとき、秒数を意識しすぎてしまうと、細い息になってしまうのですが、そうではなく、体の中のすべての息を吐き出すつもりで行います。

これか基本になります。
ヨガを行う時も鼻から吸って口から吐き出すやり方が多いような気がします。

ダイエット目的の呼吸法によっては息を吸う時にもお腹を凹ませるものなどもありますが、その方法によって合わせて行うようにしましょう。

スポンサーリンク


呼吸ダイエットの効果を上げるには

鉄分を食事でしっかり摂る

鉄分といえば貧血防止のイメージが強いですよね。
実はダイエットにも非常に関わりがあるというのをご存知でしょうか?

鉄分は血液中で酸素を運ぶ成分の元になるため、不足すると身体の各場所で酸素不足になってしまい、これが代謝を下げる原因になります。

呼吸法の効果には酸素を取り入れることも大切になるのですが、それをしっかり身体の中に留めておけなければ意味がなくなってしまいます。

ダイエットにいい有酸素運動の効果も半減してしまいます。
なので、鉄分はしっかりと補うようにしましょう!

鉄分の多い食材

アーモンド・ひじき・ほうれん草・ココア・レバー・赤身肉・魚介類など。

毎日行って習慣化する

これはどのダイエット方法にも当てはまりますが、すぐに結果を求めてしまうと、すぐに効果が出なかった時にやる気がなくなってしまうので、長い目で見て行うようにしましょう。

この方法もです。

短期的なダイエット方法ではないため、毎日行うことが大切です。そしてこれを習慣にできれば、痩せやすい身体を維持できます。

簡単にできる分時間はかかりますが、しっかり続けるようにしましょう。美は1日にしてならず、です。

呼吸ダイエットのメリット

場所を選ばない

これは嬉しいですよね。

例えばウォーキングに行こうとする時に限って雨が降ってしまったり、外に出るためにはメイクをして身支度をして‥など、面倒なことも多いですよね。

しかし、この方法なら家の中でできるため天候に左右されることもありません。人目も気にしなくていいのです。

さらに、自分の好きなタイミングで行えるので、思い立った時にすぐできます。
今この文章を読んでいる時でさえできます。
さあ、今すぐ始めましょう!

お金がかからない

これも節約大好きな主婦の私には嬉しいです。
ダイエット食材や器具って効果はあると思いますが、結構いいお値段しますよね。

しかも器具の場合は場所もとります。
買ったのに使わなくなる方も多いのではないでしょうか?
もったいないですよね。

そんな心配もいらないのです。
さあ!今すぐ始めましょう!笑

様々な不調に効果的

この文章は痩せたい方向きに書きましたが、他にもさまざまな身体の不調の改善に繋がります。

主に自律神経のバランスが整うことでの効果が大きいと思いますが、自律神経は意外とすぐに乱れてしまうので、不調を感じている方多いのではないでしょうか。

とくにストレス社会と言われている現代では頭痛や肩凝りに悩む方多いと思います。

そんな方もぜひ始めましょう!ダイエット目的でなくても嬉しい効果がいっぱいです。

スポンサーリンク


食事制限でのストレスがない

ダイエットといえば食べるものを我慢しなくてはいけないイメージがありますよね。

もちろん暴飲暴食ばかり繰り返していたり、毎日高カロリーな揚げ物やお菓子ばかり食べていたらそれは改善しなくてはなりませんが、このダイエットでは厳しい食事制限はありません

そのため、他のダイエット方法に比べると食事制限でのストレスが溜まらなくてすみます。

ストレスこそ暴飲暴食の原因になってしまったり、肥満の原因になる活性酸素を発生させてしまいますが、そうならないのはこの方法のメリットですね。

バストが落ちない

通常のダイエット方法では、痩せたい部分はなかなか痩せないのに、バストだけは落ちてしまったという方多いのではないでしょうか。

肪は冷えてかたくなってしまっているほど痩せにくくなるのですが、バストは心臓に近いため冷えがなく柔らかいですよね。

それが運動などで動かされてしまうことで一番に落ちてしまうのです。ですが、この呼吸法でさバストサイズを維持しながらダイエットができます。

女性には嬉しいところですね。

出産の時にも役立ちます

出産時、陣痛が始まってから痛みに耐える間、この腹式呼吸をするように言われます。

痛くてできないー。と思いながら頑張った記憶がありますが。笑 上記の効果を見てなんとなく納得しました。

今考えるとリラックスするためや、赤ちゃんにしっかり酸素を送るためなのかな?と思いました。

どうしても痛いと身体に力が入ってしまいますが、出産の時はそれはNGです。

力が入らないように、落ち着くためにもこれから出産を控えている方や、将来子供を産みたいという方は習得しておくといざという時に役立ちそうですね。

オススメ呼吸方法

ロングブレスダイエット

美木良す介さんが提唱したこのダイエット方法は一時期私も試して見ましたが、呼吸をするだけなのに、運動をしたみたいにすごく身体が熱くなります。

やり方

1.足をバレエ選手のように軽く交差して前後に起き、かかとに体重をかけ、お尻をキュッとしめます
2.背筋をまっすぐにして息を鼻から3秒吸ったら7秒かけて口から思いっきり吐きます

これを最低でも6セット行います。

息を吐くときは思いっきりというのがポイントです。
思いっきり吐くとお腹にも力が入るのがわかります。
腹筋が結構きつくなりますよ。

ちなみに姿勢は崩れてしまいますが、この呼吸法を、お風呂で行ったときは汗のかきかたがすごかったです。笑

応用編もあるので、この方法でなれたらそちらも試して見てください。

スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です