やしろ優も実践!黒酢ダイエットの効果や飲み方をご紹介!

最近17kgのダイエットに成功しているやしろ優さんも飲んでいる黒酢

やしろ優さんは自身のブログで〝黒酢米〟と書かれたおにぎりや市販の黒酢ドリンクを取り入れていました。

私も以前、黒酢を毎日取り入れていた時期がありました。

その頃は週5日の運動(40分のウォーキング)+毎日の黒酢がメインの体づくりの方法でした。

20代前半の代謝がいい時期ということもあり、その頃の体脂肪を12%まで落とせた時期がありました。
(身長160cmの女です。)

もちろんお腹はぺったんこ。
くびれもあり、太ももはしっかりと隙間がありました。

下着や靴下が食い込むということもなく、今考えるとウォーキング+黒酢はすごく自分に合っていたのではないかと思います。

飲んでいたのは薄めるタイプのブルーベリー黒酢。

甘さがあるので砂糖も使っているものだったのですが、酢を料理に使えば砂糖も控えられますし、市販のものでも甘味料がはちみつだったり、オリゴ糖のものもあるので、本気で痩せたい方はこちらを選ぶと良さそうですね。

効果や飲み方など、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク
330×280

黒酢とは

名前を見て想像される方も多いと思いますが、その通り黒色をしている酢です。
製造過程で麹菌が化学反応を起こしてこの色になるんだそうです。

酢は健康にいいイメージが強いと思いますが、その中でもこれが一番ダイエット向きだとも言われています。

そのぶん少しお値段が張ってしまいますが、毎日のお料理に取り入れることでより効果を得られそうですね。

また、料理に使うものだけでなく、ドリンクタイプの物も売っています。薄めて飲むものからそのまま飲めるものなど、スーパーには多くの種類が並んでいます。

飲みきりサイズの紙パックの物もあるので、続けやすそうなものを選ぶといいですね。

私はよく薄めるタイプのブルーベリー黒酢を飲んでいました。ただ、ダイエットを考えるとりんご黒酢がオススメな気がします!

普通の酢との違い

色が黒い

先ほども書きましたが、普通の酢は黄色っぽい色をしているのに対して、こちらは黒色です。普通の物よりも長い時間かけて作られていることも関係しているようです。

原料の違い

精米しているお米を使う米酢に対して、黒酢は玄米を使います。(大麦の場合もあります。)

近年、玄米の美容効果やデトックス効果が話題となり、多くのモデルさんたちが取り入れていました。なので玄米が原料と聞くだけで身体にいい気がします。

アミノ酸を豊富に含んでいる

代謝を上げるために必要なアミノ酸は普通の物に比べてこちらの方が多く含まれています。

体内で作ることができないアミノ酸を摂取できるというのがこのダイエット方法の嬉しいところですね。

口当たりが優しい

毎日続けるためにこれはとても嬉しいです。
私はよく味の濃いブドウジュースで普通の酢を割って飲んでいたのですが、それでもやっぱりツーンとした感じがします。

それに比べて黒酢はそのツーンとした感じが弱いのでとても飲みやすいです。

スポンサーリンク


黒酢のカロリーや栄養素

カロリーは大さじ1で約7kcalです。
これだけ見ると低いですね。

ただ、ドリンクタイプのものは砂糖を多めに使っているものもあるので気をつけましょう。果汁が多いものやはちみつを使っているものがオススメです。

自分で作って飲むのもオススメです!

次に栄養素です。

・体内で作ることができないアミノ酸
・様々な効果を期待できる酢酸
・ダイエットの味方になるビタミンB群
・骨の健康に欠かせないカルシウム
・脂質の代謝をサポートするマグネシウム
・むくみ予防になるカリウム
・貧血予防ができる鉄分
・妊婦酸に嬉しいよう酸
・脂質や糖質の分解をサポートするナイアシン

など。

書き出しただけでもこれだけたくさんの栄養が含まれています。
この中にはダイエットにいいものがたくさんあります。
それを次からご紹介していきます。

黒酢ダイエットの効果

代謝が上がる

黒酢に豊富に含まれているアミノ酸には、代謝を上げる効果があります。その代謝の中でも70%を占めている基礎代謝を上げてくれると言うのだから嬉しいですよね。

特に必須アミノ酸は体内で作ることができないため、食事から摂る必要があります。

そしてこのアミノ酸は普通の酢よりもこちらの方が豊富に含まれているため、ダイエット向きと言えそうですね。

痩せるためにはまず代謝を上げることはとても大切になります。痩せにくい体を作るためにもぜひ毎日摂りたいですね。

行促進

黒酢に含まれている酢酸とアミノ酸には血行を促進する効果があります。
血行促進は代謝を上げるために必要な働きです。
そして冷え性の改善にも繋がります。

特に女性が痩せたい部分であるヒップや太ももが冷えてしまっている方多いと思いますが、冷えている部分は痩せにくい部分です。

そのため、まず冷えの改善は痩せるためには必要になります。
運動や食事制限をするのも大切ですが、それらの効果を上げるために冷えの改善も心がけましょう。

スポンサーリンク


むくみの解消

食生活の欧米化により、現代人は塩分を摂り過ぎていると言われます。
塩分の過剰摂取は、体内に余分な水分をためてしまう原因となり、これがむくむ原因となります。

その塩分を排出する効果があるのがカリウムです。
特にむくみはセルライトを使ってしまいます。

セルライトができてしまうと自分では落としにくいだけでなく、より老廃物をためやすい体を作ってしまうため、むくみ予防はしっかりとしておきましょう。

糖質や脂質を燃やしやすくする

黒酢に含まれている栄養素には糖質や脂質の代謝わサポートしてくれるものがたくさんあります。

クエン酸‥糖質・脂質の燃焼を促進
ビタミンB2‥脂質の代謝をサポート
ナイアシン‥糖質・脂質の分解
マグネシウム‥脂質の代謝をサポート

糖や脂質といえば太りやすいイメージが強いですよね。
脂質はダイエットにいいものもありますか、太る原因になるものもあります

これらの代謝をサポートすることで、体への蓄積を防ぎ、痩せるサポートをしてくれます。

痩せにくい身体を作りにくくする

ダイエットを頑張っているのに痩せない方は栄養素が不足している可能性があります。
特に亜鉛・カルシウム・鉄分は痩せるためには不足させてはいけない栄養素です。

そのうちのカルシウムと鉄分が黒酢には含まれています。

鉄分不足は代謝を落とす原因になります。
そしてカルシウムは脂肪を蓄えやすい酵素を分泌してしまったり、イライラしてやけ食いをしてしまう原因になります。

あまりダイエットと繋がりのないイメージがありますが、しっかり摂るようにしましょう。

質のいい睡眠でダイエットをサポート

黒酢に含まれているアミノ酸の一種の〝グリシン〟は、質のいい睡眠ができるサポートをしてくれます。

睡眠ダイエットが話題になりましたが、痩せるためには質のいい睡眠は欠かせません。

長時間寝ても睡眠の質が悪いと、痩せホルモンと呼ばれる成長ホルモンが分泌されにくかったり食欲が旺盛になってしまいます。
しかも食欲な関しては太りやすい脂っこいものや甘いものばかり求めてしまうようになります。

質のいい睡眠はそれらを防止し、痩せホルモンの分泌をうながすため、ダイエットにはとても大切になります。

美肌効果

黒酢に含まれているアミノ酸や酢酸は美肌づくりまでサポートしてくれます。

この2つには

・ターンオーバーを整えて肌のキメを整える
・バリア機能をサポートする
・コラーゲンの主成分になる

などの効果があります。

特にストレスやホルモンバランスで乱れやすいターンオーバーをとと超えることは、肌荒れ全体の改善に効果的なので、ぜひ黒酢をしっかり摂るようにしましょう。

スポンサーリンク


便秘の解消

酢には、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える効果や、ぜん動運動をサポートする働きがあるため便秘の解消にも効果的です。

便秘の解消は、血行促進をして代謝を上げたり、美肌づくりに効果的だったり、免疫力をアップしたりとたくさんの嬉しい効果があります。

体内の老廃物のほとんどは便から排出されるため、これは嬉しい働きですね。

疲労回復

酢といえばクエン酸、クエン酸といえば疲労回復のイメージがありますよね。
黒酢の疲労回復はクエン酸だけだなくアミノ酸も嬉しい働きをしてくれます。

アミノ酸の中には筋肉のエネルギーを作ってくれるものもあり、これにより疲労回復効果を得られるのです。

疲れてしまっていたら甘いものを欲してしまったり、運動などのやる気がなくなってしまうなど、ダイエットをする上ではマイナスになることばかりです。

まずは疲れをとってコンディションを整えましょう。

黒酢ダイエットの方法

毎日取り入れるだけの簡単な方法です。
取り方は食事を作るときに使っても、ドリンクタイプを取り入れてもいいと思います。

前にテレビ〝ピラミッドダービー〟で酢を毎日摂るダイエットをしていた時は、食事に酢かければ食べる順番も、メニューも自由だったので、ストレスになりにくくていい方法かもしれないですね。

ちなみにそのテレビでは、毎日米もしっかり食べていたのに痩せることができていました!
糖質制限ダイエットが流行っているので、お米もふとるイメージが付いていますが、しっかり食べられるのは?嬉しいですよね。

食事と一緒に摂る以外にも、運動や入浴前にドリンクタイプを飲むのもオススメです。

胃痛の原因や貧血になってしまう可能性もあるので、摂りすぎや空腹時に摂ることは避けましょう!

スポンサーリンク


効果的な飲み方とは

炭酸水で飲む

炭酸水ダイエットというものもあるくらい炭酸水は痩せるために嬉しい飲み物です。

炭酸水を摂取することで体内は酸素を取り入れようとします。そして、その酸素を運ぶ役割をする成分の元になるのが鉄分です。

酸素が体内にしっかりあると代謝が上がりやすくなるため痩せやすい体づくりができます。
鉄分も黒酢でしっかり摂取できるので、炭酸水との相性がいいのではないかな?と思います。

さっぱり飲めるので夏場の暑いときなどにもオススメです。

飲むタイミングに気をつける

特に細かい決まりはないので、好きなタイミングで飲みましょう!私は食事前に飲むことで満腹感を得られて食事量を減らせるので、いつも食事前に飲みます。

ただ、酢には食欲を増進させる効果があるため、これがダイエットの妨げになってしまう場合もあります。

飲んでみて食欲が出てしまう方は食後に飲むようにしましょう!

また、お風呂前にもよく飲むのですが、お風呂前に飲むとなんとなくお風呂での汗のかき方が違う気がするので、お風呂や運動前に飲むのもオススメです!

黒酢ダイエットを成功させるには?

食事内容にも気をつけよう!

せっかくダイエット効果の高いものを食べるのなら、より効果が出やすくなるように食事内容にも気を配りましょう!

酢を使う酢豚が一見取り入れやすいような気がしますが、意外と高カロリーになります。
そのため、控えるからダイエット効果の高い油を使うなど少し気を配れるといいですね。

基本は和食でヘルシーなものがオススメです。
そして、腹八分目にすることや、空腹時間作ることも大切になります。

なので、食事内容や食べる時間などにも気を配りましょう!

運動を取り入れよう!

代謝が上がるのなら、運動をとりいれることでより痩せやすいのではないでしょうか!

代謝と一言で言っても

・基礎代謝
・運動による代謝
・食事による代謝

があります。酢は基礎代謝を上げるサポートをしてくれますが、運動による代謝も上がります。
そのため運動による効果が出やすくなります。

ぜひ毎日、ウォーキングやながら運動を取り入れましょう!
できれば汗をかくくらい動きたいですね。

スポンサーリンク


フルーツ酢の作り方

※写真はりんご酢で作ったものです。

自分で作れば余分なものを使わずに体に優しいものが作れます!特に私がよく作るオススメ!レモン酢の作り方をご紹介ます。

材料:黒酢・レモン・はちみつ・ガラス製の保存容器

※保存容器はあらかじめ煮沸消毒をしておきます
 レモンはしっかりと洗っておきましょう

1.レモンは輪切りにして保存容器に入れます
2.レモンがしっかり浸かるくらいの酢と、お好みではちみつを入れて一晩冷蔵庫に置いたら完成です

保存は冷蔵庫で行なってください
とても簡単な方法なのですぐに作ることができます。

これを炭酸水や水で割って飲むようにしましょう!
私はブドウジュースで割るのが好きですが、糖質が高いので試してみたい方は飲みすぎ注意です!

このレモンをパイナップルやリンゴ・バナナなどに変えることでフレーバーも変わるので好きなもので作ってみるといいと思います!

オススメの飲み方

牛乳やヨーグルトで!

乳製品なら一緒にタンパク質を補えます
痩せるためにタンパク質は必要不可欠な栄養素ですが、ヘルシーさを重視してしまうことで不足しやすいとも言われています。

不足すると筋肉が減り、太りやすい体を作ってしまう可能性があるので、しっかり補いたいですね。

胃の弱い方にもオススメの飲み方です。

炭酸水で!

先ほども説明しましたが、私が一番オススメする割り方です。
炭酸水はダイエット効果が高いし、満腹感も得やすいので、食べ過ぎの防止もできそうです。

さっぱり飲めるので運動後などでも良さそうですね。

水で!

一番お金がかかからず、毎日飲むのにオススメなのはこちらです。わざわざ買わなくても用意できるのはメリットですよね。

水のままでもいいし、少し温めてホッとドリンクにするのも意外と美味しく飲めます!

黒酢ドリンクの注意点

飲みすぎや飲むタイミングに注意

身体にいい酢ですが、飲み過ぎてしまったり、空腹時に飲むと胃痛の原因になることがあります。

全ての料理に酢をかけて食べても平気な前田敦子さんタイプもいれば、私のようにすぐ胃痛を起こしてしまう方もいます。

そのため、特に胃の弱い方は、はじめは様子を見ながら飲むようにしてください。

ヨーグルトを食べてから飲んだり、牛乳で割って飲むことで胃痛の予防をすることもできます。

私は胃が痛くなってしまったらすぐヨーグルトを食べると効果的なので、もし胃痛が起きてしまったらこの方法も試して見てください!

スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です