いろんなレシピで大活躍!たまねぎダイエットでやせた方法は!?

たまねぎダイエット レシピ 痩せた
今回は私が順調に産後ダイエットができていた時に毎日食べていたたまねぎについて書いていこうと思います。

痩せるイメージがあり、口コミやブログなんかでもよく登場しているたまねぎですが、実際に長期間で大幅に痩せたという方もたくさんいるため、効果的なダイエット食材です。

私自身、たまねぎ入りのお味噌汁やスープが好きで、多めに入れてすごく柔らかくなるまで煮込みます。

他にもスープにするときは丸ごとたまねぎを煮込んだり、角切りトマトとして食べるなどして取り入れていました。

たまねぎダイエットを試してみたくて毎日食べていたいたときは、2週間で−1.5kgでした。

出産してから1ヶ月で1キロ減るペースだった私にとって、この減り方は嬉しかったです。

そんなダイエット方法ですが、体重やりもわかりやすかった効果が、とにかく体が温かくなりやすくて、汗をかきやすくなったということです。

よもぎ蒸しなど行っても「汗あまりかかないですね。」と言われてしまう私でしたが、毎日食べたらなぜか汗をかきやすくなりました!

これも代謝が良くなるということだったのかもしれません!

今回はそんなたまねぎダイエットについてご紹介していきます。

スポンサーリンク
330×280

たまねぎダイエットとは

毎日たまねぎを料理に使って取り入れるというダイエット方法です。置き換えダイエットではないので、栄養バランスを考えながら毎日の食事に使いましょう!

スープに入れたり、お肉と一緒に炒めたり、サラダにしたりと何にでも合わせられるので、私の家では常にストックがある野菜の一つです。

血液をさらさらにするイメージが強いため、ダイエットだけでなくても、健康にいいイメージ強いですよね。
そのため毎日の食事に取り入れている方多いのではないでしょうか!

そうでない方はぜひ今日から取り入れるようにしましょう!

一年中スーパーで手軽に買えるし、お値段も買いやすいですよね。そういった面でも始めやすい方法だと思います。

たまねぎのカロリー

100gあたり約37kcalです。中サイズ1個で約60kcal。
さすが野菜!低カロリーですよね。これならカロリーをついつい気にしてしまう方でも、気軽に使えますね。

さらに最近では、ちょっとくらい高カロリーでも、栄養素の豊富さや種類によってダイエットにいいと言われているものたくさんあります。

しかしたまねぎなら痩せるために嬉しい栄養素もしっかりあってさらに低カロリーという嬉しいことばかりの食材なのです!

これは使わない手はないですよね。
ぜひいろんな野菜にたくさん使っていきましょう!

スポンサーリンク


たまねぎの栄養素

では気になる栄養素からご紹介していきます。

・血液をさらさらにする硫化アリル
・腸内環境を整えるオリゴ糖
・ポリフェノールの一種ケルセチン
・塩分の排出を促すカリウム

など。

あと、多少ですが、ビタミンB群やビタミンCなどのビタミンやカルシウム・鉄分・リンといったミネラルなども含まれています。

意外にもこれが豊富!といった栄養素が少ないのですが、実は上に書いた4つの栄養素だけでも素晴らしい働きをしてくれるのです。

たまねぎダイエットの効果

血液をさらさらにする

玉ねぎといえばこれですよね!そしてダイエットをする上でも健康になるためにもとても大切なことになります。

代謝アップ

痩せやすい体質を作るときに一番意識して欲しいのがこれです。代謝が高いと食事から摂った栄養素をしっかりエネルギーとして使えるため、痩せやすい体質になります。

そして血液をサラサラにすることも代謝を上げることに繋がるのです。実際に私が毎日食べていた頃、身体が熱くなりやすく汗をかきやすくなったのも、多分これだと思います!

特に普段から汗をかかない方はぜひ毎日取り入れましょう。

病気の予防

血液をサラサラにすることで血栓を予防できるため、それによる病気の予防にも繋がります。とくに、動脈硬化や脳卒中・心臓病などは、血栓による可能性があるので、痩せながら病気予防もできる嬉しい効果です。

美肌

さらに嬉しいのがこれですよね。
血液がさらさらになると新陳代謝が活発になるため、肌の生まれ変わりサイクルにも影響がでて、美肌効果もあります。

さらに、くすみやクマも、血行が悪いと起こりやすいのですが、それらの改善ができるので、透明感のある肌を目指せます。

むくみの改善

血行が悪い状態だと、老廃物の排出がスムーズにいかなくなり、むくむ原因になります。そしてその溜まった老廃物は放置してしまうとコラーゲンと絡み合ってガチガチになり、セルライトを作ってしまいます。

そうなると痩せるのにも一苦労です。
そうなってしまう前に、毎日しっかりむくみを改善してふせいでいきましょう。

血液をサラサラにすることは、それらの効果も期待できます。

こりの解消や疲労回復

子育て中で身体がバキバキ。さらに疲れやすい私にはとても嬉しいのがこちら。

血行が悪くなってしまうと、筋肉に酸素や栄養素が届きにくくなってしまい、疲れやこりの原因にもなります。
ダイエットをしたくても疲れてしまって何もしたくないなんてなってしまったら頑張れないですよね。

そうならないためにもたまねぎは活躍してくれます!

スポンサーリンク


肥満の防止

たまねぎに含まれているケルセチンには高い抗酸化作用があります。この作用は体内に増えてしまった活性酸素を除去する働きがあります。

活性酸素は日常生活(紫外線・ストレス・大気汚染・タバコ・食品添加物・激しい運動など。)によって増えてしまい、増えることで、肥満や肌荒れ・生活習慣病を引き起こす原因となります。

その活性酸素を除去してくれるということは、肥満の防止や美肌・病気の予防などができるということです。

とくに活性酸素が増えると太りやすくなり、太ってしまうと活性酸素がさらに増えやすくなってしまいます。

そうなる前にぜひ予防しましょう!

脂肪燃焼

このケルセチンという栄養素は肥満を防止してくれるだけでなく、脂肪燃焼効果まである素晴らしい栄養素なのです。

しかも嬉しいのは、内臓脂肪だけでなく、皮下脂肪も効果的に燃やしてくれるということなのです。

ダイエット記事をたくさん書いてきましたが、皮下脂肪を燃やしてくれるというもの、今まで書いた中にはありませんでした。

それだけ珍しいのかな?と思っています。

ただ、即効性はなさそうなので、毎日摂るということが大切になりそうですね。

スポンサーリンク


便秘解消

便秘の解消と聞くと食物繊維を思い浮かべますよね。

もちろん食物繊維も含まれていますが、もう一つ嬉しいものが含まれています。それがオリゴ糖です。
このオリゴ糖は善玉菌のエサになってくれるため、腸内環境を整えるのにもってこいなんです。

便秘になってしまうと悪玉菌が発生しやすく腸内環境が悪くなってしまい、その結果代謝が悪くなってしまいます。

効果のはじめにもかきましたが、代謝が悪いと太りやすくなってしまいます。

しかしオリゴ糖を摂って便秘の解消ができれば代謝を上げることにも繋がります。
痩せたいと思ったらまずは便秘の解消を心がけましょう。

たまねぎダイエットの方法

玉ねぎを毎日取り入れるだけという簡単すぎる方法です。
量も1日で1/4個だけでいいので、全然苦にならなさそうですね。

この方法は置き換え系ではないので、三食しっかりバランスのいい食事を摂るようにしましょう!
玉ねぎの食べ過ぎは貧血を起こしてしまう可能性があるので、気になる方は鉄分も意識しながら食事をしてください。

いくら毎日取り入れるようになったからといって、その他の食生活や生活内容でダイエットに悪いことをしていると結果に繋がりにくいので、バランス取れたヘルシーな食事や、適度な運動はぜひ意識して行いましょう。

お味噌汁に入れたり、酢玉ねぎを野菜にトッピングしたり、お肉と一緒に炒めるなど、簡単に取り入れられます!

ぜひいろんな料理に使うようにしましょう。

スポンサーリンク


たまねぎ1日の摂取量は?

1日で多くても50g以内にします。だいたい1/4くらいです。無理なく食べられる量ですね!

後半でも少しご説明しますが、食べ過ぎは体臭や貧血などの原因になってしまう可能性があるので、早く痩せたいといって食べ過ぎることだけはやめましょう!

1日で大量に摂るよりもほどほどに毎日摂るようにした方が効果的です。

どのダイエット方法でもそうですが、毎日続けるということに意味があるので、長期的にみていくことをオススメします。

短くても2週間くらいは続けたいですね。

普段野菜をあまり食べない方も、これを気に野菜をとる習慣を作っていくことで、体の変化も実感していけると思います。

さらに効果的な食べ方は?

酢たまねぎにする

最近、野菜やフルーツを酢漬けするものがダイエットにいいと話題になることが多い気がします。
そしてたまねぎを使った酢漬けも一時期話題になりました。

作り方はとても簡単です。簡単にレシピをご紹介します。

1.たまねぎをスライスし、容器に入れたら浸かるくらいまで酢を入れる(黒酢がオススメです。)
2.はちみつを入れたら一晩置いて完成です

そのまま食べても美味しいですし、お肉と一緒に食べるのもオススメです。

私はこれをサラダにもトッピングしたら、ドレッシングがいらなかったので、そのような活用方法でもいいと思います。

黒酢にはアミノ酸やクエン酸など、たくさんの栄養素が含まれているので、この食べ方もぜひ取り入れてみてください!

普通のたまねぎだけでなく赤たまねぎも食べる

普通のものでももちろんダイエット効果が高いのですが、ぜひ赤いのも一緒に取り入れてください。

赤玉ねぎにはケルセチンという脂肪を燃焼してくれる栄養が他のものに比べて豊富に含まれています。燃やすだけでなく、吸収を抑える働きまであるんだそうです。

そのため、普通のだけでなく、赤いのも一緒に取り入れるようにしましょう!

スポンサーリンク


たまねぎは食べ過ぎたら太る?

痩せると散々説明してきましたが、食べ過ぎると太るというイメージがある方も多いようです。

もしかしたらこれは糖質のせいかもしれないです。

最近では糖質制限系のダイエットがすごく人気を集めています。そしてたまねぎは野菜の中では糖質が高めです。

そのため、糖質制限ダイエットでは取り入れにくい食材です。

太ったという意見はあまり聞かないのですが、そう思ってしまう方や、糖質制限中の方はこの方法は控えるようにしましょう!

また、太ってしまう原因が、たまねぎの食べ過ぎではなく、単に食べすぎていたり、食事内容が悪い可能性もあるので気をつけましょう。

ちなみに食べ過ぎは

・貧血
・体臭
・下痢

になってしまう可能性があります。

毎日食べたら体臭は変わる?

これすごく気になるところですよね!実際に痩せやすいとしても、体臭がきつくなってしまうなら食べたくないですもんね。

結論から言うもたまねぎの食べ過ぎは体臭の原因になるそうです。

まず、原因ですが、たまねぎに含まれている硫化アリルという成分が、調理をする過程でアリシンという成分に変わります。

このアリシンにたまねぎ独特の臭いがあり、これが血液を通って全身を巡ることで、汗腺から分泌されてしまいおこります。

しかしこれは必ずなるわけではなく、やはり摂取量に関係があるようです。ちなみに私は主人の夕食に毎日使っていますが、主人の体臭が気になることは今のところありません。

(そのうち加齢臭が…とかなるのかな。笑)

加熱することでこの匂い原因が弱くなるようなので、気になる方は火を通してから食べるようにしましょう!

痩せるからといって食べすぎてしまうと体臭の原因になってしまいそうなので、そこらへんは注意が必要ですね。

スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です