話題のパープルフードダイエットとは!?効果や食材をご紹介!

ダイエット とは  効果 紫の食べ物といえば 食材 


近年、食べ物の色別の栄養素が注目されており、2017年の1月にはテレビ〝ピラミッドダービー〟でセブンデイズカラーダイエットというものが紹介されました。

これは、曜日ごとに食材の色を変えてダイエットを行うというものでした。

なんとなく私の中では緑の野菜をしっかり摂るべきだという考えはあり、葉野菜などは毎日しっかり摂るようにしていたのですが、今日はそんな色別の中で特に最近注目されているパープルフードについてご紹介していきます。

紫の食材といえば、さつまいもやぶどうが真っ先に思い浮かぶのですが、皆さんはいくつ思い浮かぶでしょうか。

後半に食材もご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
330×280

パープルフードとは

紫の色素を含んでいる食材です。
見た目紫でも中の色が違うさつまいもやナスなどでもいいの?と疑問になる方もいるかもしれませんが、それらもパープルフードに含まれるので大丈夫です。

また名前的にも黒っぽい黒米も紫の食材に含まれており、この色の食材ならではの栄養素をしっかりと摂ることができます。

このブログではダイエットにいいものをメインに書いてきていますが、この紫の食材はなんと痩せるためだけでなく、美肌やアンチエイジングなどの美容にもぴったりな食材です。

綺麗になりながら痩せたいというわがままをかなえてくれそうですね。
若々しい肌作りのためにもぜひ食べたい食材です。

パープルフードダイエットとは

週に何日かは紫の食材のみで過ごすというダイエット方法です。
この方法は世界の歌姫であるマライアキャリーも行なっていたと言われています。

パープルフードのみで過ごすと言われると無理じゃない?と思われるかもしれませんが、紫の色というだけでなく、紫色の色素を含んだ食材という意味になりますので、意外と食べられるものが多いんです。

ちなみにいちごなどのベリー類もこの種類に含まれているので、比較的取りやすい色なのではないかと思います。

ネット上などで紹介されている方法は週に3日ほどこの食材のみで過ごすというものなのですが、これ以上増やしてしまうと逆に他の栄養素が足りなくなってしまったり、ストレスになってしまうので、出来そうな日数で行なっていきましょう。

スポンサーリンク


パープルフードダイエットの効果

抗酸化作用による効果

ポリフェノールの一種であるアントシアニンは高い抗酸化作用があります。最近この抗酸化作用が何かと注目されているように思えますが、この働き、実はダイエットだけでなく、美容や健康のためにも欠かせない働きなのです。

この抗酸化作用というのは体内に増えすぎた活性酸素というものを除去します。
この活性酸素は体内の細胞を酸化させてしまうといわれているのですが、増えすぎてしまうことで

・肥満
・肌トラブル
・ガン
・老化
・生活習慣病

などの原因になると言われています。
病気になりやすく、太りやすく、肌トラブルが起きやすいなんて嫌なことだらけですね。

しかも増えてしまう原因なのですが、

・大気汚染
・紫外線
・ストレス
・たばこ
・アルコール
・過度な運動
・食品添加物

などがあるのですが、現代社会ではストレスや食品添加物・紫外線による影響はなかなか避けきれないですよね。
そのため、増える一方になってしまうんです。

そうなってしまわないようぜひ抗酸化作用の高いアントシアニンを含んだパープルフードを毎日取り入れましょう!
これらによる上のようなトラブルを防ぐことができます。

血行促進

上記に書いた抗酸化作用によら働きでさらに嬉しいのが血行を促進することに繋がるということです。
ダイエット面でいうと血行を促進することは代謝を上げることにつながるため、痩せやすく太りにくい身体を目指せます。

それだけではありません。

・冷えの改善
・肩や首のコリの改善
・むくみの改善
・疲労回復
・自律神経を整える
・冷え性の改善
・自然治癒力の向上
・免疫力アップ
・美肌、美髪

などのたくさんの効果を得ることができるのです。
病気ではないのになぜか調子が悪いなんて時にもぜひ血行を良くすること考えてみたいですね。

スポンサーリンク


目の健康

パープルフードに含まれているアントシアニンですが、CMでこの名前を聞いたことはないでしょうか。
私は目の健康のためのサプリメントで聞いたことがありました。

アントシアニンは、目の水晶体という部分の参加も防止してくれるため、それにより白内障や視力低下を防止するなど、目の健康のためにも大活躍してくれます。

活性酸素の抑制だけでなく、目の毛細血管を強化してくれるというのも上のような働きをサポートしてくれます。

また、パソコンやスマートフォンを眺めることが多い現代人にとっては眼精疲労も多いのではないでしょうか。
それによる吐き気なんかを体験したことがある方も多いかと思います。

その眼精疲労の回復にも効果的なので、現代人には欠かせない栄養素かもしれないですね。

ープルフードダイエットの方法

1週間に最低3日は紫の食材をのみで過ごすというダイエット方法です。
栄養素バランスが悪くなってしまっても痩せにくい体を作ってしまう可能性があるので、これ以上の日数は行わないようにしましょう。

また、一日中パープルフードで過ごすのは…という方は、朝だけどパープルフードのみにするのもいいと思います。
こちらの方が比較的取り入れやすいですね。

ストイックにやらなくても毎日の食事にしっかりとパープルフードをプラスするという方法でもいいかと思います。
しかしこの方法で行うのであれば、一番最初に書いた方法よりも長期的に頑張ってみてください。

食べてはいけないものなどは基本的にはないのですが、ダイエットをより成功させるためには、甘い物を控えたり、バランスのいい食事を心がけるなどの最低限のことは行うといいと思います。

スポンサーリンク


パープルフード食材とその栄養

野菜

ナス

水分が多く栄養価の低い野菜というイメージが強いかもしれませんが、最近ではナスニンという栄養素が注目されるようになりました。
ナスニンにも高い抗酸化作用が期待できます。

紫キャベツ

通常の緑のキャベツよりもビタミンC・ビタミンK・カロテン・カリウムなどを豊富に含んでいます。
サラダにプラスすれば彩も良くなりますね。

紫玉ねぎ

玉ねぎといえば血行促進やダイエットにいいイメージ強いと思いますが、紫玉ねぎももちろんそれらの効果を得ることができます。
辛味が少ないのでサラダにしても食べやすいですね。

さつまいも

ダイエット中のおやつとしてもオススメなのがさつまいも。
食物繊維が多いだけでなく、満腹感を得やすいというのも嬉しいところです。
蒸して干しておけば栄養素がアップします。

フルーツ

ベリー類

ブルーベリーだけでなく、いちごなども紫の食材に含まれます。抗酸化作用が高いだけでなく、ビタミンCやEも豊富に含まれているため、美容にも嬉しい働きをしてくれます。

スムージーなんかにしてもいいですね。

ぶどう

アントシアニン以外のポリフェノールも豊富に含まれているため、特に高い抗酸化作用があるフルーツです。
他にもビタミンや鉄分を豊富に含んでいるため、こちらもぜひ取り入れたいですね。

カシス

アントシアニンの量が多いと言われているカシスですが特に眼精疲労にはカシスがいいと言われています。
なかなか生で食べる機会がないのが残念ですね。

プラム

ビタミンだけでなくミネラルも豊富なフルーツです。
食物繊維が多いので、便秘のせいで太りやすくなってしまっている方には特に取り入れてほしいですね。

穀物

黒豆

こちらも食物繊維が豊富なので、便秘の解消にぴったりです。
黒豆ダイエットなんてものも一時期話題になったくらいダイエットをサポートしてくれます。

黒米

玄米の次に注目され始めているこちら。
糖分を分解する酵素を抑制する働きがあり、それにより糖尿病の予防にもいいと言われています。
白米と混ぜて炊けば食べやすそうですね。

黒ごま

栄養の高さが注目されている黒ごまもパープルフードです。
ダイエットや美肌効果はもちろん、他にもストレスの緩和や貧血予防・白髪予防にも効果的です。

など。

スポンサーリンク


パープルフードダイエットの効果を上げるには

たんぱく質をしっかり摂る

パープルフードをあげてみて思ったのがたんぱく質が摂りにくいのかなという点です。

近年、赤身の肉やチーズ・卵などのたんぱく質を摂取することがすごく言われるようになってきた気がします。

たんぱく質は身体を作るもとです
もちろん筋肉を作るもとにもなるのですが、筋肉をしっかりと鍛えることは代謝アップに繋がったり引き締め効果を得ることができるため、ダイエットではとても大切にされています。

このダイエット方法ではなんとなくそのたんぱく質がとりにくくなるような気がしました。

デトックスや上に書いたような効果を得るためには野菜やフルーツはとてもありがたいのですが、不足しやすい栄養素もあります。

それらもぜひ意識して摂るようにしましょう。

週3日以上は行わない

ダイエットにいいと言われている食材でもそればかりを食べてしまっていると他の栄養素が不足しやすくなります。

少し前までは置き換えダイエットやカロリー制限のような食べずに痩せる方法が多かったようた思えますが、これらの方法が減ってきたのは栄養が不足することで太りやすくなると言われるようになってきたからです。

また、栄養不足によって太りやすくなってしまうと痩せにくくもなってしまうというデメリットがあります。

そうなってしまわないようこのダイエットも週に3日以上は行わずに、それ以外の日はしっかりとバランスのいい食事を心がけてください。

特にパープルフードにはフルーツや野菜が多い分たんぱく質やカルシウムなどが不足しやすくなるためこれらもしっかりと補うようにしましょう。

短期集中ではなく長期的に行う

週に3日行うという方法は海外セレブの間でも話題になった方法のようですが、あまりにもストイックに行いすぎると栄養素のバランスが崩れたり、逆にリバウンドをしやすくなったり太りやすくなるなどのデメリットが発生してしまう可能性があります。

そのため、3日間という方法よりも、毎日の食事にこの食材取り入れてゆっくりと行う方がいいのではないかと思いました。

例えば毎日三食全てにパープルフードを取り入れるとか、朝食は紫の食材だけにする方法の方が、個人的には抵抗もなく取り入れやすい気がします。

1日の栄養バランスも考えやすいですよね。

このように3日というところにこだわってしまわずに、毎日の食事で長期的に行なってみるのもいいと思います。

スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です