血行促進に効果的な食べ物やストレッチをご紹介!下半身痩せにも!

食べ物 効果 ストレッチ 下半身 

少し前から温活というものが流行っていますよね。
冷えは万病のもとと言われるほど健康面に悪影響を及すとよく聞きますね。

健康面だけでなくダイエットや美肌づくりなどにも効果的な血行促進。代謝を上げたり、むくみにくい身体を作るためには欠かせません。

10代の時なんかは冷えを自覚はしていたものの、気にせずファッション重視で寒いかっこうをしていたり、食べることにあまり興味がなかったのでバランスのいい食事なんて考えたことがありませんでした。

それが20代に入ってからも続いたせいか、謎の体調不良を起こすことが増えたり、むくみがなかなか改善しないなどの影響が出て来ました。

若い頃は大丈夫でも、歳をとるにつれて症状は出て来てしまいますよね。

その頃から冷え対策を始めた私。
冷えには血行促進!と思い、食事面を気にするようになったり、マッサージやストレッチ・軽い運動を心がけるなどを行って数年、今ではむくみなんてほとんど気にならなくなりました。

血行を良くすると一言で言っても方法は様々です。
食事面を改善して内側からの変えていく方法だけでなく、マッサージやストレッチで外側からのケアをする方法もあります。

たくさんある中から無理なく始められるものを選び、ぜひ毎日の生活に取り入れていきましょう。

スポンサーリンク
330×280

血行促進とは

血液の流れを良くしたり、血液の質を改善することをいいます血の量を増やすなんて意味もあるようですね。

血行が悪いというとドロドロイメージやつまりやすいようなイメージを持ちますよね。しかしそれだけではなく、血液の量も実は関係するようです。

以前、原因不明の体調不良を起こした時、病院を転々とした私は最後に漢方に詳しい先生のところにたどり着きました。

私の場合胃が弱いせいで疲れやすくなったりむくみやすくなるといわれました。実はこれも血液の量が関係していたようです。その時の話では血を作るのが下手だと言われました。

このように必ずしも血液をサラサラにするというのが目的ではありません。量を増やし、質を良くする結果さらさらにも繋がるので、ぜひそれらを頭に入れておきましょう。

血行が悪くなる生活習慣

血行を良くする前にまずわるくなってしまう原因からご紹介します。こちらを先に改善しなければせっかく良くしようと頑張っても効果が出にくくなってしまうので気をつけましょう。

・暴飲暴食
・過度なダイエット(食事制限をしすぎ)
・睡眠不足
・冷たいドリンクやアイスを良く摂る
・砂糖の多いものが好き
・運動不足
・タイトな衣服やサイズの合っていない下着
・長時間同じ姿勢でいることが多い
・ストレス

など。
長時間同じ姿勢でいることやストレスなんかは仕事によるものもあるかもしれないので避けにくいと思いますが、それ以外の食事や運動に関しては少しずつでも改善していきやすいと思います。

ぜひできそうなものから少しずつ変えていきましょう。

スポンサーリンク


血行が悪くなることでおこる症状

上で生活習慣のチェックができると思いますが、当てはまるものが多い方はこちらもチェックしてみてください。

・手足の冷え
・むくみ
・疲れやすい
・だるい
・肩や首のコリ
・便秘または下痢
・不眠
・肌のくすみや目の下のクマ、肌トラブル
・生理痛
・食欲不振
・頭痛

など。
謎の体調不良を起こしていた時はクマが特にひどく、よく上司から指摘されていたのを覚えています。
それに比べると血行促進や冷え改善を意識してから数年たった今では昔ほどクマが目立たなくなり、くすみやすい夕方の顔色も前ほどひどくないように感じます。

体調不良だけでなく、美容やダイエット面でもいいことびかりなので、ぜひ不調を感じている方も今日から改善していきましょう。

血行を良くすると得られる効果とは

冷えの改善

まずわかりやすいのはこれではないかと思います。
特に現代女性は痩せている方が多いため、体温を守る皮下脂肪が少ないせいで冷えてしまっているという可能性もあります。

冷えといえば手足の先端の冷えを実感している方が多いですが、それだけではありません。
ヒップや太ももが冷えやすい方・肩や肩甲骨周りが冷えやすい方・内臓が冷えている方など様々です。
(私はひどい時は手足・太もも・ヒップ・内臓・背中が冷えていました。)

私のように何か所もという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
身体を触って冷たい部分がある方はぜひ血行を良くすることや血を増やすことを意識して生活しましょう。

スポンサーリンク


代謝アップ

血行を良くすることは代謝を上げることにもつながります。
ダイエットをしていれば良く聞くこちらの言葉。
代謝が低いと食事からとったエネルギーを消費しきれなくなってしまい、体内に蓄積されてしまうため、太りやすくなってしまいます

しかし高ければエネルギーをしっかりと消費できるため、食べても痩せやすい体質を作ることができるのです。

また、私達の身体は寝ている時などの安静時にも代謝が行われているのですが、高ければこの寝ている時の消費エネルギーも増えるので、わざわざ運動しなきゃ!と思わなくていいんです!
(でも筋力を保つために運動はしてくださいね。笑)

痩せやすく太りにくい体を作るにはまずこの代謝を上げることがとても大切になります。
痩せやすい体質を作りたい方もぜひ後半の食事内容を参考にしてみてください。

美肌・アンチエイジング

ダイエットだけでなく美容にもうれしい効果が期待できます。
まず、血行が良くなると老廃物の排出力があがります

老廃物がたまってしまうと血液によって送られてしまい、毛細血管を通って肌に届いてしまうとこれが肌トラブルの原因になります。

そのため、老廃物の排出力が上がることは肌トラブルを防ぐことができます。

さらに、代謝アップについて上でご説明しましたがらこれは肌代謝を上げることにもつながります。
肌代謝とは生まれ変わりサイクルのターンオーバーのことであり、このサイクルは約28日と言われています。

このサイクルが乱れてしまうと肌トラブルや老けた印象を与える肌になってしまうのですが、代謝を上げることで整えることができるため、キメの細かい肌を目指すことができるのです。

他にも血色が良くなったりクマの改善ができるなどで、印象がだいぶ変わります。
綺麗になりたい方にもオススメですね。

スポンサーリンク


自律神経を整える

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあります。

主に興奮状態の時に働くのが交感神経、リラックス状態で働くのが副交感神経なのですが、ストレスや冷え・生活リズムの乱れによってこのバランスが乱れてしまうと、次のような症状が出てしまいます。

・頭痛
・だるさ
・吐き気
・動悸
・食欲不振
・疲れやすい
・生理痛や生理前の症状がひどい
・いらいら
・憂鬱
・めまい
・息苦しさ
・便秘または下痢
・お腹が張る
・集中力が落ちる

などなど。まだまだたくさんの症状があります。
謎の体調不良があった時はこの中ないくつもが同時にあったので、私も自律神経が乱れていたのかもしれません。

その時は仕事だけでなく出かけることでさえ億劫でとても大変だったのを覚えています。
そうなってしまう前に血行を良くして予防していきましょう。
自律神経のバランスを整えるだけでたくさんの症状が改善します。私のように病院へ行ってもどこも悪くないと言われるのに調子の悪い方、ぜひ試してみてください!
(もちろん他の病院へ行くなどもしてみましょう。)

など。

血行を良くする食べ物や飲み物

赤身の肉

まず、はじめにやりたいのは血を作るということ!血を作るといえば思いつくのは鉄分ではないでしょうか。ほうれん草やひじきに豊富なイメージですが、実は野菜に含まれている鉄分は吸収率があまり良くありません。

では、何がいいかというとこの赤身のお肉なのです。
赤身の肉に含まれているヘム鉄は吸収率がいいため、野菜からとるよりも効率的なのです。

理想は手のひらサイズのお肉を毎日摂ることです!
さらにビタミンCと一緒にとることで吸収率をアップできるので、野菜やフルーツもしっかりとりましょう。

コーヒーと一緒にとってしまうと吸収率を悪くしてしまうので気をつけてくださいね。なぜかコーヒーを欲してしまう方は鉄分が不足している可能性があるので参考にしてみてください。

生姜

血行促進といえばこれ!と思う方もいるのではないでしょうか。
特に干し生姜や蒸し生姜にすると身体を芯からも末端からも温めてくれる栄養素が作られるため身体を温める効果が抜群なのです。

パウダータイプのものも販売さていて使いやすいので、ぜひ毎日のお料理にぷらして摂ることをオススメします。
体温の低い朝ごはんに特にプラスするといいと思います。

納豆

健康にいい食べ物のイメージが強い納豆。
特に日本の朝食のイメージが強いと思うのですが、血行促進をする場合はぜひ夜ご飯のときに食べて欲しいんです。

夜は血行がとどころりやすいと言われています。
その時間に血液サラサラ効果のあるナットウキナーゼを摂ることが血行を良くするポイントなんだそうです。

この効果は10時間ほど続くと言われているのでぜひ夜ご飯にプラスしましょう。

スパイス

多くのスパイスには血行を良くする成分が含まれているため、こちらも積極的にとってほしいです。
ドリンクに入れて飲むのが私的には簡単なのでオススメです。

白湯に入れて飲むスパイス白湯や、紅茶に入れてチャイ風に!
ココアに入れて飲むのも意外と美味しいんです。

女性が大好きなフレンチトーストやパンケーキを食べるときにシナモンをプラスするだけでも簡単にとれますね。

玉ねぎ

血液サラサラというとこちらも有名ですよね。
これは玉ねぎに含まれているケルセチンとイソアリインという成分によるものです。

生で食べるとより効果的だと言われています。
スライスしてから15分ほど置いてから食べるようにしましょう
最近話題の玉ねぎヨーグルトにしてドレッシング代わりに食べると食べやすいと思います。

玉ねぎヨーグルトについてはこちらをご覧ください。

ドレッシングにも!玉ねぎヨーグルトの作り方や効果をご紹介!
ドレッシング の作り方  効果 ダイエット  さて!本日は玉ねぎヨーグルトについて。 最近タバコをやめた主人。お通じが不調...

青魚

ダイエットにいいイメージが強い青魚も血液サラサラ効果のある成分が含まれています。
有名なのはDHAやEPAですよね。
これらは血液中のコレステロール値の低下をサポートしてくれるため、血液内を綺麗にしたい方にぴったりなのです!

ついでにダイエット効果も得られるので嬉しいですね。

スポンサーリンク


食べ物以外での方法

空腹時間もつくる

普段からあまり食事量が多いわけではない私は血を作る必要があると知った時、たくさん食べなきゃいけないのか、と真っ先に思いました。
しかし、ただ食べればいいというわけではありません。

空腹時間を作らずに食べ続けてしまうと胃腸が休まらずに疲れてしまい、そのせいでせっかく食べたものから栄養を吸収できなくなってしまいます
これでは食べても血が作れません。

また、空腹時間を作ることは痩せホルモンの分泌も促すため、ダイエットにもメリットがあります。

食事の時間とそうでない時間、しっかりとわけてメリハリのある生活リズムを作りましょう。

外側からも身体を温める工夫をする

上で空腹時間を作ることは胃腸を休ませることに繋がると書きました。これにより栄養素の吸収率が良くなります。

しかし、内臓が冷えてしまっていると消化器官の機能が低下してしまうため、せっかく胃腸を休ませてもまだ万全ではありません。

そんな時は体の外側から温めて改善を目指しましょう。
おへその下あたりを温めることが内臓の冷えを改善するのに効果的だと言われています。

湯たんぽやホッカイロを使って効率よく温めていきめしょう。

睡眠を大切に!

質のいい睡眠といえば最近ではダイエット効果があるととても話題になっています。
疲れをとるためにも頭をスッキリさせるためにもとても大切ですよね。

さらに、血を作るためにもとても大切なのです。
特に漢方では夜の1時から3時は血を作る時間だと言われています
なのでこの時間には深い睡眠についている必要があります。

寝る前のスマホやテレビはやめて身体を温めて寝具にはいり、リラックスした状態で早めの睡眠を心がけましょう。

太りやすい下半身の血行促進方法

特に血行が悪くなりやすい下半身。下半身太りに悩んでいる女性多いと思いますが、下半身の血行を良くすることで下半身痩せを目指せます。

それに効果的なのが開脚ストレッチです。
最近開脚をするダイエットが話題になりました。
私も毎晩行なっているのですが、太ももの隙間が広くなったのでおススメです。

まずはお風呂あがりに普通の開脚ストレッチを行い、その後に仰向けの状態で足を開いたり閉じたりする運動を行います。

私はこれだけでしたが、しっかりと行う方は体重の変化も出るようです。ぜひ日常生活に取り入れましょう。

スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です