身体がかたいとどうなる?太る原因やほぐす方法ご紹介!

体が硬いと太る どうなる

最近ストレッチ系のダイエット方法をインターネット上でも本屋さんでもよく見かけます。

私自身昔から身体がかたく、開脚をしても90度くらいまでしか開かないし、前かがみになっても床から手が10センチ近く離れてしまうほどなのです。

身体がかたいと太りやすいと昔からよく聞いてはいたものの、それでも私は痩せていたので、ただの迷信かあ!と勝手に安心していました。

しかしここ数年、特にかたい下半身が太り始めてしまったのです

上半身は背中で手が届くしそこまで硬いと思っていなかったのですが、やっぱり問題は下半身でした。
少しつまむとセルライトのようなものがひどかった時期もありました。

これも全て原因になります。
そんなこんなで最近開脚ストレッチというものを始めたのですが、出産前に買ったけど出産してから履けなくなってしまったパンツがすんなり履けるようになったんです。

下半身太りって何しても痩せないイメージでしたが、まさかのストレッチでここまでの結果が出るなんて正直驚きでした。

これなら激しい運動もしなくていいし、食事制限もないので、楽!そしてストレスフリー!
ぜひ身体を柔らかくする大切さを知ってほしいと思い、今回は身体をほぐす大切さをご紹介していきたいと思います。

ダイエットだけでなく不調の改善につながる場合もあるので、ぜひ読んでみてください!

スポンサーリンク
330×280

身体がかたくなる原因

身体をほぐす前にまずはかたくなってしまう原因をご紹介します。

これを改善しなければせっかくほぐす方法を行なっても効果が半減してしまうので、改善できそうなものから変えていきましょう!

・冷え
・お風呂の温度が強すぎる
・運動不足
・動作のパターン化
・姿勢が悪い
・スマホやパソコンを見るときの姿勢や見る時間が長い
・寝返りを打たない
・ストレス

など。
中でも一番の原因は筋肉を使えていないということです。
たまにいつもと違う行動をした次の日に筋肉痛になったりしませんか。

ダイエットでオススメされた運動を行ったときなんかでも、すぐに疲れたり痛くなってしまう部分もそうです。

日常生活で使う筋肉は限られてしまうため、そのせいで使わない筋肉があると、それも原因になります。

ぜひ毎日の生活の中に簡単な運動やストレッチを取り入れましょう。それだけでも変わってきます。

体が硬いとどうなる

では身体が硬いことで起こる症状についてご説明します。

・代謝が下がる
・老廃物が溜まりやすくなる
・腰痛
・便秘
・冷え症
・身体のコリ
・疲れやすくなる
・脂肪がつきやすくなる
・さらに筋肉が使えていなくなる

など。
ダイエット面でいうと、かたい部分は脂肪がつきやすくなったり、代謝が低下してしまうため太りやすい体質を作ってしまう可能性があります。

私の場合下半身がそうなってしまったのですが、同じような方もたくさんいると思います。
身体が硬いことを軽視せず、痩せたい方はぜひこの部分も大切にしていきましょう。

スポンサーリンク


身体が硬いとなぜ太る?

運動量が減る

身体が硬くなってしまうと筋肉が凝り固まってしまいます。

縮んだ状態でいることが増えてしまうことでなかなか伸ばせなくなり、それが原因で動かせる筋肉量が減ってしまい、消費エネルギー量が減ってしまいます。

さらに凝り固まっている部分には脂肪が溜まりやすいので太りやすくなってしまうのです。

しかもこれ、
凝り固まる→運動量が減る→脂肪がつく→さらに凝り固まる→さらに運動量が減る→さらに脂肪がつく
という悪順がを作ってしまうため、太るサイクルを作る一方なんですね。

この記事を読んでくださっている方。ぜひいますぐにこのサイクルを止めましょう。特に下半身太りもこのサイクルが原因の場合も多いです。

身体が硬いけど運動量が多い若いうちは大丈夫かもしれませんが、年をとるにつれて身体に出てきます。
この機会にぜひ変えていきましょう。

代謝の低下

上に書いたように筋肉が凝り固まってしまうと血行が悪くなり、代謝の低下につながります。
血行が悪くなることは老廃物の排出力も悪くなってしまうので、それによっても血行が悪くなり、こちらも悪循環ができてしまいます。

私達の身体は食事からとったエネルギーを、消費しなければ使わなかった分を体内に蓄えてしまいます。
しかし代謝が低いと消費するエネルギー量が少なくなってしまうので、摂取エネルギーを使い切れずに太りやすくなってしまうのです。

代謝というのは活動時だけでなく寝ている時などの安静時にも行われているため、高ければ高いほど痩せやすい体質を目指せます。
身体が固まってしまうと太りやすくなるわかりやすい例ですね。

身体が歪む

骨盤ダイエットというものが長年話題になっているように思えますがご存知でしょうか。
骨盤の歪みは血行を悪くしたり姿勢を悪くして筋肉量を落としてしまったりなど、太りやすい原因を作ってしまうことがあります。

そしてなんと身体が硬いことも骨盤が歪む原因のひとつなのです。

一部の筋肉の歪みは筋肉全体のバランスを悪くさせてしまい、身体全体の動きにも影響してしまいます。
身体が硬いことで骨盤が歪み、その結果姿勢や血行が悪くなって太りやすくなるなんて、悪いことだらけですね。

100パーセント歪みがない人はいないようですが、それでも歪みが少ない方が身体のバランスが良くなり不調から遠ざかることができます。

歪みについても意識しているとさらにダイエット効果を得られそうですね。

スポンサーリンク


身体をほぐす効果

簡単に体をほぐすことで得られる効果もご紹介していきます。

・血行促進
・代謝が上がる
・むくみの改善
・便秘の解消
・疲れにくくなる
・肩や首のコリの改善
・腰痛の改善
・リラックス効果
・自律神経を整える

などなど。
ダイエットだけではなく、美容につながる内容や健康につながる内容も得ることができます。
痩せやすい体質を作ると同時に健康的になれるのでぜひ意識して取り入れるようにしましょう!

身体をほぐす方法

伸び

まずは起きてすぐに行いましょう!寝ている間に凝り固まった筋肉をほぐす習慣からです
お布団の中で寝っ転がった状態で伸びをします。これ気持ちいいですよね。
赤ちゃんでも行うこの動作はとてもたいせつです。

起き上がったら次は手を組んで伸びをし、脇腹を伸ばすように左右に倒して身体をほぐしていきます。
特に朝行うストレッチは代謝を上げるためにも大切なので、ぜひ毎日行いましょう。

身体がまだ硬い状態なのでくれぐれも無理のない範囲でおこなってください。

開脚

下半身痩せに大切なのが股関節のコリほぐしです。
お風呂上がりに通常の股関節を開くストレッチを行なったり、四股を踏むようなスクワットなどもオススメです。

詳しくはこちらをご覧ください。

腰割りダイエットの効果ややり方!スクワットとの違いとは!?
やり方 毎日 スクワット違い ダイエットというと食事と運動の両方が思いつくと思いますが、やっぱり手がつけやすいのは食事...

もう一つ私的に体重の変化につながったのが仰向けになって行う方法です。
仰向けに寝たら足をまっすぐ上に伸ばします。
伸ばした足をいけるところまで開いて戻すというのを1日30回行うのです。

開脚ストレッチダイエットとして話題になったこの方法ですが、私も見事に体重を減らすことができたので、ぜひ取り入れて見てください。

内もも痩せにも効果的です!

優しい力でマッサージ

エステなどのマッサージって力強いイメージありませんか?
もちろん気持ちいいマッサージもあるのですが、自分で自分にやろうとするととても難しいですよね。

しかし、そんなにしっかりやらなくても実は優しい力で行うマッサージでもしっかり効果的なのです。
リンパは実は皮膚に近い部分にあるため、優しい力でもしっかり流すことができます。

さらに筋肉をほぐすためにも力強くなくてもしっかりと効くんです。

次の方法をぜひ取り入れておこなって見てください。

股関節をさする→膝裏をさする→足の指の間→足首から下ひざ下へ向かう→太ももを全体的に

足はこの順番で下から上に向かって行いましょう。


脇の下をさする→手首から肘まで→肘から脇まで
腕は先端から中心に向かって行いましょう。

お腹
股関節をさする→恥骨の少し上→お腹を上下に
この順で行います。

大きなリンパ管のある股関節や脇の下を先にさすっておくことで効果的になります。

ヨガ

私もよくどうがを見ながら行うのですが、普段使っていない筋肉をたくさん使えるヨガはとても効率的な気がします。

激しい運動ではないのですが、見た目よりも筋肉を使っている感じはあるので、筋力をつけたい方や運動不足の方にもいいのではないでしょうか。

一言にヨガといっても気持ちを落ち着かせるものや、逆にしっかりと行うもの、またはホットヨガなんてものもありますよね。

わざわざ教室に通わなくてもスマホで見ることもできるので、子供がいる方にもオススメです。

ちなみに私が一番ほぐしたい股関節の動きをインターネットで検索したらたくさん出てきたので、ぜひ取り入れやすいものを少しずつでも取り入れていきましょう。

身体が硬いと最初はしっかりとポーズをとることごできませんが、毎日続けるとちゃんとできるようになります!
(私がそうでした!)

1日のうちの30分だけでもヨガの時間にしてみたらいかがでしょうか!

歩くときは大股で

ウォーキングで痩せたい方にオススメされるのが大股早歩きですよね。
特にハイヒールなどを履いていたり、子供がいたりすると歩幅が小さくなってしまうのですが、実はこれ、使わない筋肉を増やしてしまうため、下半身のコリに繋がります。

大股を維持して歩いてみると、太ももの付け根全体が使われていたり、内ももが伸びていることを実感できると思います。

通勤や通学の時だけでも意識してみると全然違ってくるので、ぜひ歩くときは大股を意識して見てください。
車移動の方は‥歩く時間を作りましょう!笑

肩甲骨も意識

ダイエット中に特に意識したい部分が何度か出てきている股関節と、今回ご紹介する肩甲骨なのです。

肩甲骨周りには褐色脂肪細胞という体脂肪の燃焼を促す脂肪があるため、このをほぐすことで痩せやすい体質を目指すことができます。
(脂肪が脂肪を燃やすって不思議ですよね。)

なので痩せたい方はぜひ股関節と肩甲骨を意識して動かしましょう。

肩に両手を置いてそのまま肘をぐるぐるする方法や、両手を頭の上で合わせて、肩甲骨を意識しながら、手をゆっくり下げながら手のひらを外側に向けていくストレッチが効果的です。

肩や首のコリも楽になりますので、偏頭痛に悩んでいる方もぜひ試してみてください。

スポンサーリンク


身体をほぐすポイント!

ながら運動やストレッチを取り入れる

あえて何か運動を始めなきゃとか、ヨガ教室に行かなくちゃとか考えてしまうとなかなか面倒になって始められないという方もいると思います。

そんな方はせひ家の中で簡単にできるながら運動やストレッチを取り入れましょう。
ながら運動なら料理中やドライヤー中・歯磨き中など何かをしているときに合わせて行えるものが多いので時間を気にせずできますよね。

ストレッチなら寝ながらできるものもありますし、テレビを見ながらでもできちゃいます。
運動不足も凝り固まる原因になるので、ぜひ少しずつでも動く癖をつけましょう。

お風呂上がりはチャンス!

身体が温まっているお風呂上がりは身体をほぐすチャンスです。怪我予防にもなりますし、身体が冷えているときに比べるとしっかりと筋肉を伸ばすことができます。

私も一時期毎日お風呂あがりに開脚ストレッチをおこなっていたのですが、朝などに行うときよりもやっぱりお風呂上がりの方が効果が出やすかったです。

もちろんシャワーではなく入浴後がオススメです。
シャワーだけで済ませてしまうと冷え対策もできなくなってしまうので、身体が凝り固まる原因にもなってしまいます。

ぜひ時間を見つけて入浴&ストレッチをしましょう。

毎日続ける

継続は力なりといいますが、美容に関しても同じです!
美は1日にしてならず!です。

どのダイエット方法でもそうですが、長期的に続けることでより結果につながりやすくなります。
特に長年かけて凝り固まった身体をたった1週間でほぐせるかと言われたら難しい気がしてしまいますよね。

短期ダイエット向きではないですが、続けることで身体のすっきり感や疲れにくさをはじめ、少しずつ体型の変化なども見えてきます。

ぜひ一時的なダイエットや健康法というより、毎日の習慣にしていくような感覚で行いましょう。

身体を冷やさない

身体がこってしまう原因の1つに冷えがあります。
毎日の中で知らず知らずの内に身体を冷やしてしまう生活をしている方も多いのではないでしょうか。

ぜひ以下の冷やしてしまう原因を参考にしてみてください。

・甘いものがすき
・冷たいドリンクがすき
・運動不足
・お風呂よりシャワー派
・下着のサイズが合っていない
・寒さ対策よりもファッション性重視
・過度なダイエット
・食生活の偏り

など。
私も以前は寒さ対策よりもファッション性重視でしたし、甘いものを食べたり冷たいドリンクを飲む機会が多かったです。

その頃はやっぱり冷えが強く、原因不明の不調になることが多かったです。
そんな時出会ったお医者さんに『胃腸が弱いから人よりも冷え対策はしっかりするべき』だと言われ、それから冷たいドリンクは避けたり入浴をしっかりして、普段はモコモコ靴下を履いたりカイロや湯たんぽで身体を温めるなどの対策をとってきました。

勿論食事にも気を使うようになったら原因不明の不調もなくなり、冷えも減ってきました。

このように改善すればするだけの効果は出てくると思うので、身体を凝り固まらせてしまわないよう、ぜひ少しずつでも改善していきましょう。

スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です