自宅でもできる!話題のボクササイズはダイエットに効果あり!?

ボクシングといえば男性の方が多く行っているイメージありませんか?
みんな引き締まった身体をしていますが、そのぶんとてもハードなスポーツな気がします。

しかし最近ではダイエットやボディメイキングのために行う女性が多いようですね。多くのモデルさんがテレビでやっている映像を見たことがあります。

このモデルさんたちが行っているのが今回ご紹介するボクササイズです。これはボクシングの動きを取り入れたものです。

相手がいて戦う試合とは違い、運動目的で行うイメージになります。
しかも音楽を流しながらでも楽しめるそうです。
これなら楽しく毎日行うことができそうですね。

今回はそんなボクササイズについてご紹介します。
効果や方法などしっかり読んでキレイなスタイルを目指しましょう。

スポンサーリンク
330×280

ボクササイズダイエットとは

ボクシングの動きを取り入れたエクササイズかボクササイズと呼ばれており、それを用いたダイエット方法がボクササイズダイエットです。

ボクシングといえば2人で戦うものですが、エクササイズの場合は1人でもできるので自宅でも簡単にできるんです!

テレビモデルさん達がこれをジムで行っている映像を何度か見たことがありますが、それらではジムのトレーナーさんがミットを持って相手をしてくれていました。

疲れてもうだめだってなった時に声をかけてくれるトレーナーさんがいるというのもジムの魅力ですね。
もちろん1人音楽をかけながら自宅で楽しく行うこともできるので、始めやすい方法だと思います。

ストレス発散になるという声が多いので、ストレスがたまっている方もぜひ始めてみましょう。

ボクササイズダイエットの消費カロリー

消費カロリーは10分で約100kcalです。
こちらは体重が約60kgの方の目安で体重によっても多少変化します。

同じ60kgくらいの方が10分間歩いた時の消費カロリーは約37kcalなので、この数字だけを見るととても消費量は多く見られますね。

エネルギーを消費することも痩せる理由の1つですが、この方法でダイエットができるのにはもう一つ、筋肉が鍛えられるということもあります。

筋肉は脂肪よりも体積が小さいため、同じ重さでも筋肉量が多い方が引き締まって見えます。
そのため、この方法はエネルギー消費をしやがら筋肉を鍛えて引き締めるという2つの方向から痩せ体型を目指せるので、しっかりと続ければ結果に繋がりやすいのです。

ただ消費エネルギーが多いからといってその分食べてしまっていたら意味がないので、食事量は今まで通りか、今までよりもバランスの良いものを心がけるようにしましょう。

スポンサーリンク


ボクササイズダイエットの効果

脂肪燃焼

なんと言っても嬉しいのがこれですよね。
このボクササイズは有酸素運動です。見た目が激しいので私的に無酸素運動のような気がしていましたが、ダイエットにいいと言われている有酸素運動だったのです。

この2つ、酸素を取り入れながら行うかどうかという違いと、もう一つ、鍛えられる筋肉が違ってきます。

有酸素運動の場合、内側の赤筋という部分が鍛えられるのですが、実はこの筋肉を鍛えると脂肪燃焼効果や血行促進に繋がるのです。

無酸素運動の短距離走の選手はムキムキなのに比べて、有酸素運動であるマラソンを行う選手はほっそりしていますよね。
それを思い浮かべて貰えばイメージがつきやすいかと思います。

私達の身体安静時でも代謝が行われているのですが、この筋肉がしっかりとついていると安静時のエネルギー消費量も多くなるので、より痩せやすい体質を目指すことができます。

以前テレビでマラソン選手が夜から朝にかけて2kg減ると言っていました。ここまで鍛えるのは大変ですが、これに近い状態を作れれば多少食べ過ぎたって太りにくそうですよね。

そんな痩せ体型を目指すためにもぜひ有酸素運動であるこちらを取り入れてみましょう!

引き締め

このエクササイズでは筋肉を鍛えることができるため、それによる引き締め効果を実感できます。
体重の変化が出る前でもこの引き締め効果から実感できる場合があるので、ぜひ始める前のサイズを測って置いたり、比較できるよう写真を撮っておいてみましょう!

なぜ筋肉がつくと引き締め効果を得られるかというと、筋肉は脂肪よりも体積が小さいため、同じ重さでもコンパクトになるのです。

同じ体重でも筋肉がしっかりついている人とそうでない人、比較して見ると体型は全然違ってくるので、筋肉量が多い方が痩せて見えるのです。

よく体重ばかりにとらわれてしまいますが、体重が少ない痩せ体型の方は筋肉量が少ない可能性があるので、将来的に太りやすいリスクもあります。

しかもそのタイプは一度太ってしまったらなかなか痩せにくいというデメリットも。(私がこれで今とても苦労しています。笑)

そうなってしまう前にしっかりと筋肉量を増やして太りにくく痩せやすい体質を目指していきましょう。

スポンサーリンク


体幹が鍛えられる

最近、体感リセットダイエットというものがすごく話題になりました。体幹を鍛えることは単にむきむきな体を作りたい方だけでなく、モデルさん達のようなすらっとした体型を作るためにもとても役に立ちます。

体幹とは単にお腹周りだけでなく広い意味ではヒップやバストも含まれてきます。特に女性にとって気になる部分も含まれているので、取り入れない手はないですよね。

このボクササイズでも体幹を鍛えることができるのです。

ここを鍛えることは単に引き締め効果を得られるだけではありません。
他にも

・代謝アップ
・姿勢が良くなる
・疲れにくい身体を目指せる
・運動の効率アップ
・内臓の働きを活性化

など。
引き締め効果を得られてさらに代謝が上がるのならダイエットにぜひ取り入れたいですね。

ストレスの発散

ストレス社会と言われている現代ですが、ストレスがたまって暴飲暴食をしてしまったなんて経験ありませんか。
甘いものを欲してしまうという方も多いかと思いますが、ストレスがダイエットの敵だと言われる理由はこれだけではありません。

ストレスが溜まると体内に活性酸素というものが発生してしまいます。
この活性酸素が体内を錆びさせてしまうことで太りやすくなり、太ることでさらに活性酸素が発生しやすくなるため、太りやすい悪循環を作ってしまうのです。

しかも活性酸素は太りやすくなるだけでなく、肌トラブルや老化など美容の大敵でもありますし、ガンや生活習慣病の原因になるなど、健康面でも悪影響があります。

そんな活性酸素を発生させてしまうストレスはすぐに発散したいですよね。

そんな時こそこのボクササイズです。
ストレス発散にもぴったりと言われているため、体を鍛えながらスッキリできるのです。

ダイエット自体もストレスになりやすいのですが、発散しながらであればたのしんで続けられそうですね。

スポンサーリンク


ボクササイズダイエットのやり方

詳しくこちらでご説明したいところですが、ぜひジムなどで正しい方法や構えを習ってから行うことをお勧めします。

ヨガなどもそうですが、実際に自分だけで行うよりも一回指導して貰った方が細かい部分を知ることができるため、より効率が良くなるのです。

一度教えてもらったらぜひ毎日10分だけでも自宅で行うようにしましょう。
やり方さえわかれば家でもどこでてもできるというのがこのダイエット方法のメリットですね。

ジムに通えない方はぜひ動画サイトにあるものを参考にしてみましょう。

この方法は食事よりも運動で痩せる目的のものですが、食事を気にしなさすぎるとダイエットがうまくいきません。
なのでバランスのいい食事や、ゆっくり噛んで食べることなど、なるべく食事面でも意識していくことをお勧めします。

ボクササイズダイエットの期間

消費カロリーは多いですが短期ダイエット向きのものではないのでできれば一ヶ月は続けることをオススメします。

ジムに通って行う場合は、週一ペースという方も多いと思うので、自宅でもすこし行って毎日行うことでより結果に繋がりやすいと思います。

私がみた口コミの中では早いと1週間くらいで体重に変化があったという方もいましたが、一ヶ月くらいで◯kgという口コミが多かったように思えます。

1ヶ月間、体重の減りが緩やかだとモチベーションが下がってしまって続けるのが嫌になってしまう可能性があるかもしれませんが、ダイエットの目的は体重だけでなく見た目の変化も大切だと思います。

なので体重だけに惑わされずに気になる部分が引き締まっていないかぜひ見た目のチェックも行ってみてください。
変化がわかればモチベーションも維持しやすくなります。

ボクササイズで痩せないのはなぜ?

結果を早く求めてしまっている

どのダイエット方法でもそうですが、数日行っても痩せないと思ってしまう方多いと思いますが、短期ダイエット向きのもの以外、ある程度の日数は必要になります

早く痩せたい気持ちもあるかと思いますが、継続することが結果に繋がりやすいので、1週間程度ではなく、できれば一ヶ月は最低でも続けましょう。

また、体重だけみて痩せないと思ってしまう方結構いますが、実は引き締められてきて見た目の変化が出ているのに気がついていないなんて場合もあります。

そのため、ダイエットを始める前に体重だけでなく見た目のチェックも行いましょう。
少しでも変化が出てくればモチベーションが上がるので続けやすくなると思います。

食生活

運動をしているとついつい動いているから少しくらい食べてもいいやという気持ちになってしまうと思いますが、実は食べた分を運動だけで消費するのってものすごく大変なことなのです。

そのため、運動しているから食べてもいいやという気持ちは痩せないばかりかかえって太る原因になってしまう可能性もあるので気をつけましょう。

ダイエット中は野菜やたんぱく質がしっかりまとれるバランスのいい食事をしっかり心がけてください。
甘いものはたまーにのご褒美にしましょう。

運動後の水分補給はしっかりと行ってください。

ボクササイズだけに頼らずに身体の中からもキレイを心がけることがより結果に繋がります。

スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です