レンジで簡単!ダイエットや美容にいいホットワインの作り方!

作り方 レンジ 簡単 スパイス 

 
突然ですが、最近私がはまっているのが赤ワインです。

と言っても甘めのお酒が好きな私は、デザートワインや度数が低く、他のフルーツもブレンドされているタイプのものを飲むことが多いのですが、ワイン好きの方は香りだや味だけで銘柄を当ててしまう方もいらっしゃいますよね!

お酒というと太るったりむくんだりするイメージが強い方も多くいらっしゃるかと思いますが、実はワインはお酒の中でも美容をサポートしてくれたり、ダイエット中でもいいなんて言われているほど栄養素が注目されているんです。

特に注目されているのがポリフェノールですが、パッケージに“ポリフェノール○mg”なんて書かれてあるものも見かけます!

そんなワインで今回ご紹介したいのがホットワインです。
温めることで香りが立ったり、冬場の寒い時期は体を温めめてくれたりもするホットワインですが、さらにスパイスやフルーツを加えておしゃれに楽しむ方も増えてきていますよね。

ディズニーシーでも販売されていました!

今回はそんなワインの魅力やホットにするメリットなどご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
330×280

ホットワインとは

ワインを温めた飲み物です。そのままですね。笑
スパイスを加えた飲み方が主流なのでしょうか!そのようなレシピを多く見かけます。
温めるときは沸騰させずに作るためアルコールはしっかり残ります
火にかけたから大丈夫だと思ってお子さんに与えてしまわないように気をつけましょう。

主にホットワインに使われるのは赤の方です。白ワインは冷やして飲んだ方が美味しいなんていう声も良く聞きますね。
お店では白ワインは冷やして提供する場所が多いように思えます。
が!もちろん白でも作ることができますので、白の方が飲みやすい方はそちらで作ってしまいましょう!

お砂糖を加えて飲みやすくするレシピなんかもありますが、美容や冷え対策・ダイエット目的で飲む場合は砂糖は加えずに飲むことをおすすめします。

赤ワインと白ワインの違い

そもそもこの2つ、何が違うのかというと大きく分けて二つあります。

一つ目は使っているぶどうの種類
もう一つは皮を一緒に使っているか使われていないか。

です。
赤ワインの方が黒っぽい色のぶどうを使っているのに対し、白ワインは白ワインが使われています。
そして赤ワインには皮の部分も一緒に使われているという違いがあります。

一般的には白ワインの方が飲みやすいという声が多く聞かれます。以前甘いお酒が好きだった私も飲み始めはやっぱり白ワインの方が飲みやすかったです。

ただ、最近では赤ワインでも度数の低めのものや、甘いデザートワインも売っているので(この辺は私もだいすきです。)
初めての方はこの辺りを探してみるといいですね。

デザートワインは甘口辛口のところが(極甘)と書かれているものもあってわかりやすいです。

ちなみにもう一つ、ロゼというのもあるのですが、これは赤と白を混ぜて作られるものや途中までは赤のように皮を一緒に発酵させ、途中で取り除くなど、様々な作り方をされています。

スポンサーリンク


美容の味方!ワインの効果!

肥満防止

ワインにはポリフェノールが多く含まれていると有名ですが、含まれている種類も豊富なのです。

・アントシアニン
・タンニン
・フラボノイド
・カテキン
・リスベラトール
・プロアントシアニジン

などがあります。聞いたことがあるものもあるのではないでしょうか。それぞれにそれぞれの働きがあるのですが、共通して言えるのが抗酸化作用の高さです。

抗酸化作用というのは体内に増え過ぎてしまった活性酸素を除去してくれる働きです。

活性酸素というのはもともと体内に少しはあるものなのですが、日常生活の中で増え過ぎてしまうことでさまざまな悪影響をもたらします。

増える原因

・タバコ
・大気汚染
・ストレス
・食品添加物
・紫外線
・激しい運動
・肥満
・加齢

 

など。

増えてしまったことで細胞を酸化させてしまい、それが肥満の原因になると言われているのですが、太ったことでさらに活性酸素が増えやすくなってしまうため、太る悪循環を作ってしまいます。

また、年齢を重ねるごとにも増えやすくなってしまうため、昔は痩せていたのに…。という状況になってしまう可能性があります。

そうなってしまう前にぜひ毎日の食事で対策をとり、活性酸素による影響を減らしていきましょう。
特にストレスが多い方はぜひ食事面でのケアを行なっていきたいですね。

美肌・アンチエイジング

上で活性酸素について説明しましたが、活性酸素が厄介なのはダイエット面だけではありません!
なんと、美容面にも悪影響があるのです。

増え過ぎた活性酸素が細胞を酸化させてしまうことは肌トラブルや老化に繋がります。
肌トラブルがあるだけでも老けて見えますし、老化が進むことで肌が綺麗に見えないなどお互いにマイナスに働いてしまいますよね。

しかし!逆に言えばここのケアがしっかりできていれば美容面でもダイエット面でもいい影響があるということです。
さらに言えば、ガンや生活習慣病の原因にもなるので、ケアができることは健康面でもいい働きをしてくれます!

そのケアというの高い抗酸化作用をとることです!
お酒を飲みながらそれができるなんてとても嬉しいですよね!

ちなみにポリフェノールは白ワインよりも赤ワインに豊富に含まれているのでこの効果を得たい方はぜひ赤をチョイスしましょう!

また、ワインにはポリフェノールだけでなく、ビタミンCやビタミンEも含まれています。
美肌といえばビタミンCのイメージ強いですよね。

この二つにも高い抗酸化作用があるのですが、さらにビタミンCは還元作用や殺菌作用などによってさらに美肌へと導いてくれます。

綺麗になりたいならぜひワインをチョイスしたいですね。

スポンサーリンク


血糖値の急上昇を防ぐ

ポリフェノールの一種、アントシアニンには血糖値の急上昇を防ぐ働きがあるため、それによるダイエット効果や糖尿病予防にも効果的なドリンクです。

血糖値は食事の仕方によって上がり方が変わってくるのですが、これが急上昇してしまうとインスリンというホルモンの分泌量が増えます。

このホルモン身体にとって大切な働きをしているのですが、使わなかった糖を身体に蓄えるというちょっと厄介な面もあるため、ダイエット面ではマイナスになってしまうのです。

さらに急上昇した血糖値は急下降しやすいのですが、この時空腹でなくても空腹になったと脳が勘違いしてしまう偽食欲が出てしまうため食べ過ぎの原因にもなります。

また、急上昇することは食後の眠気の原因でもあるため、ここを気にしているとわかりやすいかもしれないですね。

肥満や糖尿病予防にも繋がるありがたい効果もあります。

目の健康に!

CMや通販番組でアントシアニンという栄養素を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
サプリメントにも使われているこのポリフェノールは上でも紹介しましたが、もう一つ嬉しい効果が目の健康をサポートしてくれるということです。

私の中ではテレビの影響でブルーベリーに含まれているイメージが強かったのですが、赤ワインにもしっかりと含まれていました!

特に眼精疲労に効果的なアントシアニン。
現代社会ではスマホやパソコンの影響で疲れ目の方多いと思います。

目が疲れていると頭痛や吐き気に繋がってしまいますよね。
そんな方々もぜひワインでアントシアニンを摂取しましょう。
不調として現れる前にぜひ対処したいですね。

スポンサーリンク


むくみ対策

むくみといえば女性の悩みの一つでもあると思います。
一言で言っても原因は様々なのですが、その中の一つ、塩分によるむくみ対策になるのです。

これはワインに含まれているカリウムのおかげです。
塩分を摂りすぎると余分な水分を身体に蓄えてしまうため、それが原因でむくんでしまいます。

夜にラーメンを食べたり飲み会の次の日はむくみやすいなどの経験をした方も多いのではないでしょうか!
そんなときに助けてくれるのがカリウムです。

塩分を排出する働きがあるため、塩分によるむくみ対策にはぴったりなのです。

特に飲み会の時のお料理って塩分多めのことが多いですよね。ぜひ飲み顔の時こそワインをチョイスしましょう!

色別効果

赤ワイン

ワインといえばポリフェノールのイメージが強い方多いと思いますがポリフェノールに関しては赤ワインの方が豊富に含まれています。

もともとぶどうは実よりも皮の方に多くポリフェノールが含まれているのですが、赤ワインはそんな皮も一緒に使われるため含有量が多くなるのです。

もちろん白ワインにも含まれているのですが、含まれている量を比べると赤の方が多くなるのでポリフェノールの効果を得たい方はぜひ赤ワインがおすすめです。

また、白に比べるとむくみ対策に効果的なカリウムも豊富に含まれているため、塩分を摂りやすい飲み会の時にもおすすめです。

白ワイン

アルコールというと殺菌作用があり消毒にも使われているのはご存知だと思います。

そんなアルコールの消毒効果をパワーアップさせるのが白ワインに含まれている有機酸です。
実際にサルモネラ菌なんかの腸内菌を短時間でほぼ殺菌したなんていう実験結果も出ているようです!
食中毒対策になりそうですね!

美容には赤ワインがいいイメージが強いかもしれませんが、白ワインだって便秘の解消にも効果的ですし、血行促進や代謝アップに効果的な有機酸が豊富に含まれています。

甘いお酒が好きな方は白ワインの方が飲みやすいと思います!ぜひ飲みやすいほうで効果を得ましょう!

スポンサーリンク


ホットワインにするメリット

体を温める

ホットワインを作るときに使うシナモンやクローブなどのスパイスには血行促進効果があるため、体を温めてくれます。

さらに、冷たい飲み物を飲むよりも温かい飲み物を飲んだ方が当然内臓からの冷えを避けることができます。
特に寒い時期なんかは温かい飲み物を飲みたくなると思うのでそんなときにも楽しめるお酒ですね。

アレンジを楽しめる

ワイン自体カクテルとしても楽しめるお酒ですが、ホットにすることで違った楽しみ方ができます。

ホットにしない時はなかなかスパイスは加えないと思いますが(加える方もいるかもしれませんが)、ホットにする時はスパイスを加えるのがスタンダードな作り方のようです。

このように違った楽しみ方ができるというのもメリットの一つですね。

ホットワインの簡単な作り方!

まずは鍋で温める場合です。

材料
赤ワイン・シナモン・輪切りレモン

1.赤ワインとシナモン・輪切りレモン鍋に入れてひにかけ、沸騰直前で火を止めます
2.マグカップに入れたら完成です!

簡単ですよね!

まずはスタンダードのレシピを書きました!砂糖を加えるレシピが多いのですが、ダイエットブログなので無しで書きます!

赤ワインは安いもので大丈夫です。砂糖を使わないので甘口のものを選ぶと飲みやすいです。
甘さを加えたい場合ははちみつを使うことをおすすめします。

次は電子レンジで作る方法です。

1.赤ワインを耐熱のコップに入れます。
2.電子レンジで加熱したら完成なのですが、一度に温めるとぼん!てなる可能性があるので少しずつ温めることをおすすめします。

トータル1~1分半くらいで大丈夫です。
温め過ぎないように気をつけましょう。

自分が飲む分だけなら電子レンジで作るのが簡単かもしれないですね。
たくさん飲める方や大人数で飲む方は鍋でたくさん作る方が手間もなく、お洒落な雰囲気も楽しめそうな気がします!

スポンサーリンク


ホットワインダイエットの方法

ダイエット中でもおすすめしたいホットワインですが、アルコールは分解するときにビタミンをたくさん使います。
そのため、ビタミンが不足しやすくなり肌トラブルが起きてしまったり、糖や脂質の代謝に使う分が足りなくなってしまう可能性があります。

なので飲むときやそのあとはぜひビタミンをしっかり摂ることを心がけてください。

レモンにも含まれていますが、一緒に加熱することで壊れてしまう可能性があるので、後からプラスするか、他の食材で補うことをおすすめします。

特にビタミンB群はダイエットをサポートしてくれるので、これを減らしてしまわないよう、野菜やフルーツからもしっかりと補いましょう!

また、いくら美容にいいからといっても飲み過ぎてしまうことがないように気をつけましょう。
お酒を飲むときはいつもよりも食べてしまうという方も気をつけてくださいね!

ホットワインのアレンジ

スパイス

まずスタンダードなのがスパイスですね!
使いやすいのは馴染みのあるシナモンや生姜・クローブなどだと思います。

血行促進効果や高い抗酸化作用があるため、美容やダイエットにぴったりの食材です!
特に抗酸化作用は綺麗になるためには嬉しい働きをしてくれるのでワインのポリフェノールに加えてさらにとりたいですね。

といっても使い過ぎには気をつけましょう。
スパイスは一振りふた振りくらいで十分です!
シナモンだったらスティックで香り付けしてもいいですね。
寒い夜にはぜひプラスしましょう。

フルーツをプラス!

フルーツや100パーセントのジュースもおすすめです!
ホットワイン+オレンジジュース+オレンジの果肉を耐熱のグラスに注いでもお洒落だと思います。

もちろんオレンジでなくても、カットしたイチゴやレモンなどでもオシャレでいいですね
ワインだけで作るよりもジュースを加えた方が飲みやすくなるので、カクテルが好きな方には特におすすめです!

フルーツからしっかりビタミンを摂取しましょう!

紅茶で割って!

もう一つ飲みやすくするのが紅茶で割る方法です!
チャイや生姜紅茶などが人気になった時期もありましたが、紅茶自体もスパイスやフルーツとの相性もいいので、紅茶で割って飲むこともおすすめです。

お酒に弱い方はこのようにした方が読みやすそうですね。

ホットワインの注意点!

寝酒のくせをつけない

お酒を飲むとよく眠れるという声をよく聞きますし、不眠がひどかった私もこの気持ちすごくわかるのですが、アルコールによる睡眠は寝つきは良くなっても睡眠の質が落ちてしまいます。

近年睡眠ダイエットというものがとても話題になりましたが、痩せるためには睡眠の質がとても大切になります。

しかしお酒による睡眠は質が悪く眠りが浅くなってしまうためダイエットや美容面、また健康面にもいいとは言えません。

そのため、眠れるからといって寝酒を癖にしてしまわないように気をつけましょう。

水分をしっかり取りましょう

お酒も水分じゃん!と思う方もいるかもしれませんが、実は利尿作用があるため、水分を体内から出してしまうということがあります。

そのため、お酒を飲んだ時はしっかりと水分補給をしましょう。この時の水分補給は水やカフェインのないお茶(麦茶など)がおすすめです。

喉が渇いてなくても少しずつ補給していきましょう

スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です