マッサージだけじゃない!ふくらはぎ痩せのカギは“筋肉”!?


女性にとって下半身痩せをしたいと考える方は多いと思いますが、特にふくらはぎはスカートを履いた時には出る部分でもあるので、痩せたいと思っている方多いのではないでしょうか。

私自身もここ数年で太くなってきたと実感していてダイエットを試みた部分です。
筋力の少ない私はむくみやすく、それによってセルライトがつきやすい状態になっていました。

また、冷えやすい部分でもあるので、それも原因になっているように思えます。

ふくらはぎひ第二の心臓とも呼ばれており、血液を押し返すポンプのような役割をしているため、その役割が弱ってしまうとむくみや血行不良に繋がり、そこから太ってしまうなんてこともあるようです。

しかし!
私的にはお尻周りや太ももに比べるとダイエットの結果が出やすい部分のような気がしたので、ぜひ頑張ってスッキリさせましょう!

私が試して効果がわかりやすかったものを中心にご説明していきたいと思います!

スポンサーリンク
330×280

ふくらはぎが太くなる原因

むくみ

特に女性の多くは悩んでいるのではないでしょうか。
子供の頃はむくみってなに?って感じだったのに、いつのまにか足がパンパンになって痛いなんてことも。

むくみの原因はいくつかあります。

・筋肉の低下
・血行不良
・食生活
・運動不足

などなど。思い当たるものはありますか。

上にも書いたように第二の心臓と言われているこちらは動かすことでポンプの役割ができ、押し返すことができるので、例えば筋肉が凝り固まってしまっていたり、長時間動かないでいることで、それができずにむくんでしまうことにもつながります。

マッサージが一番思いつきやすいかもしれませんが、体に悪い食生活を避けたり、少しだけウォーキングの時間を作ったりすることで変わってきます。

むくみは放置してしまうとセルライトになってしまうこともあります。セルライトになってしまうとセルフケアではなかなか落とせなくなってしまうので、ぜひそうなる前に毎日しっかりケアをしましょう。

筋肉

過去にハードなスポーツをやっていた方などは筋肉が落ちなくてふくらはぎが細くならないという方もいますよね。

筋肉には赤筋と白筋の2種類あり、外側から見てむきむきに見えてしまう筋肉は外側にある白筋の方が鍛えられているからです。

短距離走の選手の体型を思い浮かべてもらうとわかりやすいですね。

もし、筋肉太りで悩んでいる方がいたら瞬発力でつく筋肉ではなく、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動で鍛えられる赤筋を鍛えることをお勧めします。

今でもトレーニングしているけどふくらはぎが気になるという方は是非トレーニングの内容を変えてみるといいですね。

運動をやめたのに筋肉が落ちないという方は骨盤の歪みや歩く時のつま先の位置(ガニ股や内股)が原因になっている可能性もあります

その場合はそちらのケアも行なっていきましょう。

運動不足

これはふくらはぎだけでなく全身にも影響が出ますよね。
運動をすることはエネルギーを消費するため1日の消費エネルギー量が増えて痩せるということだけではありません。

運動によって筋肉を鍛えることができれば基礎代謝が上がりますし、筋肉がつくことで引き締まります。

さらに、ふくらはぎはポンプの役割をするため、この部分に筋肉がしっかりあることで血液を押し返す役割ができ、むくみ対策や冷えの改善にも繋がっていきます。

そのため日頃から歩く量を増やしてここを動かすことはとても大切になりますね。

座り仕事の場合は特に動かなくなると思いますが、貧乏ゆすりや足首を回すだけでも筋肉を使うことにもなります。

簡単なものからぜひ毎日取り入れていきましょう。

塩分の多い食事

飲みに行った次の日や夜にラーメン屋に行った次の日にすごくむくんでしまった!なんて経験ありませんか。
私もラーメンを食べた次の日は決まってむくむのですが、これは塩分に原因がある可能性があります。

塩分を多く取りすぎてしまうとナトリウム濃度が上がってしまい、それを埋めるために多くの水分を蓄えてしまいます。

これがむくみの原因になっている可能性があります。

お酒を飲んだ次の日にむくみやすいのも、アルコールによって味の濃いものを食べたくなってしまい、揚げ物などから塩分をとってしまっている可能性があるからです。

むくみはぜひすぐに解消したいので、マッサージをしたり、カリウムの多く含まれている食べ物をとるなどの対策をしっかり取るようにしましょう。

スポンサーリンク


ふくらはぎ痩せの方法

貧乏ゆすり

以前むくみ解消方法としてテレビでも紹介されていました。

長時間座った姿勢でいることが多い方には特に取り入れやすいかと思います。長時間座っているとふくらはぎの筋肉も使わないですし、血行も悪くなってしまいますよね。

下半身の血行不足はふくらはぎだけでなく、下半身全体が太くなってしまことに繋がります。

かといっても頻繁に立ってストレッチやマッサージをするというのも難しいですよね。
そんな時に簡単にできるのが貧乏ゆすりです。

小刻みに足を動かすことでふくらはぎの筋肉を使えるためむくみに効果的だと説明されていました。
ぜひ気が付いた時に行ってみてください!

足首をくるくる

貧乏ゆすりが恥ずかしいという方はこちらもオススメです。

足首を回すだけでもふくらはぎの筋肉も動かすことができます。運動不足だと意外と筋肉にくるのがこちら。

ふくらはぎだけを細くするよりもくるぶしも一緒にケアをしてしっかりとくびれを作ることで、よりきれいなラインの足を目指せます。

ハイヒールを履いたり骨盤がゆがんでいたり体が硬いと足首も太くなってしまうため、美脚からは遠ざかってしまいます。

あまり気にしない部分かもしれませんが、凝りやすい部分でもあると思うので、ぜひ同時にケアができる足首まわしも行いましょう!

お風呂でやるのもおすすめです。

かかとの上げ下げ

筋肉がなくてむくみやすい方にはこちらがおすすめです。
私も毎日のように行っているのですが、続けることで筋肉がついた引き締まったラインが作れてきているように思えます。

また、こちらも上に書いたようにくるぶしも鍛えることができるので、メリハリのあるラインが目指せます。

行い方は簡単です。
両足を揃えて立ったら、かかとをあげてつま先立ちをし、そのまま下ろすというのを繰り返すだけです。

意外ときついのですが、すぐに慣れるのでぜひ毎日しっかり行いましょう。

両足で楽々できてしまう方はぜひ片足ずつ行ってみてください。
余談ですが、若い頃の私は片足ずつできていたのに、数年この運動をやめてしまったら今は両足でしかできなくなってしまったので、ぜひ継続することをおすすめします。

スポンサーリンク


めん棒マッサージ

ふくらはぎのみならず下半身全体のダイエットに私が一番おすすめしたいのが麺棒ダイエットです。

むくみの解消のためにはマッサージがいいというのはもうみなさんご存知かもしれませんが、そのマッサージを素手ではなくめん棒で行うことで、より効果的になります。

セルフで行うハンドマッサージはどうしても力加減が難しいですよね。
場所によっては力が入りにくい部分もあるので、そんな時こそこちらを試してみてください。

めん棒がない方はラップの芯で同じように行えます。

まずはめん棒を使う前に膝裏と鼠蹊部(足の付け根)を軽くさすっておきます。ここを先に流すことでより効果的になります。

次にめん棒でくるぶしから膝下に向かって流します。
全体的に何度か行ったら次は太ももです。

太ももの裏・内側・外側・表側を膝から股関節に向かって流しましょう。
膝上に乗っかってしまう脂肪にも効果的です。

お風呂上がりに毎日行うことでスッキリしてくるので、ぜひ見た目での変化を楽しんでみてください。

手でマッサージ

手で行うのももちろんおすすめです。
膝裏と鼠蹊部を流してから行うといいと思います。

手で行う方法はたくさんあります。

・雑巾絞りのように脂肪を絞りながら行う
・手で脂肪をつまんでつぶしながら行う
・リンパに沿って流す
・グーにした手の第二関節の後ろでゴリゴリする

などがあります。
特に2個目と4個目は私的にはすごくおすすめなのでぜひ行って欲しいですね。
それらを行った後は必ずリンパに沿って流すようにマッサージをしましょう。

冷え取り

筋肉を動かすことも冷えの解消には効果的ですが、それだけではない方法もたくさんあります。

まずは食事面で体の内側から温めることです。こちらはふくらはぎだけでなく全身の冷え解消に効果的です。
体を温めるものや血行をよくする食材を毎日の食事に取り入れましょう。

薬味やスパイスは簡単に使えておすすめです。
反対に体を冷やしてしまう砂糖の入った食べ物や冷たいドリンク・アイスクリームなどはなるべく避けるようにしましょう。

そして外側からのケアでは、湯たんぽやモコモコの靴下などを活用しましょう。
サイズの合っていたい下着も血行を悪くして冷えを起こしてしまうので要注意です。

また、シャワーではなく入浴をすることをおすすめします。

冷えの改善は全身痩せに効果的なので、ぜひ日頃から意識して行ってください。

短期間で痩せられる?

私的には太ももやヒップ・お腹周りに比べると比較的短期間で結果がみえてくるのがわかりやすいと思います。

短期ダイエットというと3日から1週間ほどで痩せるイメージの方が多いと思いますが、毎日しっかりとケアをすれば1週間で結果が出やすい部分ではあると思うのでぜひ頑張りましょう。

といっても個人差はありますし、ふくらはぎが痩せたら体重も減るというわけではないので、あくまでふくらはぎに関しての個人的な意見です。

しかし、むくみが改善されるだけても気がつく人には細くなったといってもらえるので、ぜひ頑張りましょう!

スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です