味覚をリセットしてダイエットをスムーズに!控えたい飲み物は?

 
今回は味覚とダイエットについて書いていきたいと思うのですが、その前に軽く私の話をさせてください。
 
数年前、結婚をしてから食事を作るのは私の仕事となりました。
 
料理が得意なわけではありませんでしたが、レシピ本など見て使ったものは味見をしてから主人に出すようにしていたのですが、毎日のように主人からは「味が薄い」と言われていました。
 
私の育った家は周りに農家さんが多く野菜中心でヘルシーな食生活が基本で、結婚する前はインスタント食品だけでなく、外食やファストフードなどのものを食べる機会がほとんどありませんでした。
 
そのため、あまり味の濃い食事に慣れておらず、主人に合わせて作る料理は私にとっては味が濃くあまりたべませんでした。
 
もともと美容の仕事をしていた私はそんな主人に合わせることにも抵抗があったので、自分が思うよりも少しだけ濃い味で、しかし主人が好きな味よりも薄味で作るようにしました。
 
食材も主人は肉!肉!肉!という感じが好きだったようですが、野菜の量を増やした食事に変えていった結果(しょっちゅう文句を言われていましたが。笑)今では自ら野菜を食べるようになり、味付けに関してもいろいろ言われることがほとんどなくなりました。
 
そんな食事を続け早数年、結婚前は毎年決まった時期に高熱を出し、頻繁に風邪をひいていた主人は高熱を出すこともなくなりり、去年1年間は全く風邪をひきませんでした。
 
また、結婚して半年ほどだった時、周りの人から引き締まったと言われていた主人を見て、健康やダイエットのための食事がどれだけ大切かを改めて知りました。
 
味覚に関してははじめは抵抗があっても慣れてしまえば薄味でも美味しく感じられます。
身体のためにぜひ食事の味付けを変えていきましょう。
 
では次から本題に入ります。
 
スポンサーリンク
330×280

味覚リセットとは

味覚を改善し正常に整えていこうというものです。
味付けの濃さは健康面に影響が出るというのはわかりやすいところだと思いますが、実はダイエットにもとても影響があります。
 
私の友人で痩せたいと思ったときにまず取り入れたのが体組成計で有名な会社が出版しているというダイエット料理本だったらしいのですが、料理を作って見て味付けの薄さにとてもびっくりしたそうです。
 
健康的な理由もわかる。と思った反面薄味すぎて続けられるかな。と最初は思ったそうですが、結婚前だったということもありその方は頑張ってそのメニューを続けたそうです。
 
1ヶ月もした頃には味覚はだいぶ薄味に慣れ、ファストフードがとても濃い味に感じるようになると言っていました。
 
なれるまでにかかる時間には個人差があると思いますが、食べられないダイエットよりも好きな食材を薄味で続ける方が頑張れる気がしませんか?
 
そう思えたらぜひ頑張っていきましょう。
もちろん薄味にする以外の方法もあるので、まずは悪習慣の改善から行っていきましょう。
 
 

味覚の基本

 
まず味覚ですが、
 
・旨味
・甘味
・塩味
・苦味
・酸味
 
の5味があります。そして、私たちの舌の付け根には〝味蕾〟という部分があるのですが、ここで感じとったものが脳へ行き味として判断されます。
 
そしてこれをダイエット面で見るのなら、まず控えたいのは甘味と塩味ですよね。
もちろん一言で甘いといっても砂糖を使った甘さと自然な甘さがあるのですが、もちろん砂糖を使ったものです。
 
そして塩味に関してですが、塩は身体に必要なものなのですが、現代人はとりすぎすぎ傾向と言われています。
過剰摂取は避けたいものですね。
 
このように一言でこれは避けろとは言えないのですが、過剰摂取を避けることがとても大切になります。
 
反対に旨味は脳を満足させてくれると言われているので、何か物足りないと思って食べすぎてしまう方にはぜひ感じて欲しい部分です。
 

味覚が鈍くなる原因

 
・栄養素の不足
 味覚に関与する亜鉛が不足すると影響が出てしまいます。
栄養バランスの整った食事を心がけてください。
 
・ストレス
なにに対しても良くないと言われているストレス。
精神的な疲労や睡眠不足は味覚障害へ繋がります。
 
・タバコやアルコール
味覚を正常に保つ栄養素が壊されてしまいます。
飲み会の席で揚げ物などの塩気の強いものを欲してしまうのはそのせいですね。
 
・普段から味付けの濃いものを好む
味付けの濃いものを好んでしまっている時点で味覚が変わってしまっている可能性があります。
 
・辛い食べ物をよく食べる
舌の付け根には、味を感じ取る味蕾という部分があるのですが、辛いものや食べ過ぎはこの部分を壊してしまいます。
辛いものが好きな方でも食べ過ぎには気をつけましょう。
 
・甘いものが好き
砂糖はなるべく控えたいものです
また、甘いものとしょっぱいものを同時に食べられる方は食べ過ぎの原因と味覚への影響が出やすいので気をつけましょう。
 
・外食が多い
特にファストフードやコンビニ弁当には味覚に必要な栄養素を壊してしまう成分が含まれていると言われてたり、味覚障害へとつながってしまいます。
 
など。
 
見ていただいてわるように、味覚に関しては生活習慣がとても大きく影響します。
ストレスのようにじぶんではどうにでもできないものもありますが、それ以外は頑張り次第で改善していけるものです。
 
ぜひ身体のためにも生活習慣を改善していきましょう。
 


スポンサーリンク


味覚リセット方法

 

亜鉛を不足させない

 
ミネラルの1つ〝亜鉛〟は味覚を正常に保つために必要な栄養素であるため、不足することは味覚障害へと繋がる可能性があります。
 
味覚障害は生活習慣なども影響しますが、この栄養もとても大切になるのでぜひ日頃から意識してとりましょう。
 
また、アルコールによって失ってしまうので、お酒は控えめにするのがいいですね。
 
含まれている食べ物は
 
・牡蠣・するめ・タラバガニ・納豆・高野豆腐
・レバー・牛肉・チーズ・赤身の肉
・卵・アーモンド・小麦ふすま
 
などです。
おやつにナッツやチーズを食べたり、毎日の食事にこれらを取り入れる工夫をして行きましょう。
 
ちなみに亜鉛は味覚以外にも
 
・代謝を上げる
・抗酸化作用による活性酸素の除去
・二日酔い対策
・精神安定
・皮膚や粘膜の健康維持
 
などの効果があるので、ぜひ日頃から意識してとりたいでね。
不足すると太りやすい栄養素とも言われていますので、ダイエット中にもぜひ!
 

薄味に慣れる

 
濃い味付けの方が美味しく感じるという方もいるかもしれませんが、身体のためにはぜひ、薄味に慣れるようにしましょう。
また、ケチャップやマヨネーズなどの調味料を控え、塩コショウなどのシンプルな味付けに変えていくことも大切です。
 
素材そのものの味が楽しめるようにぜひ自炊を心がけ、薄味で作るようにしていきましょう。
 
わたしの周りでももともと濃い味付けが好きだった方で薄味を心がけるようになった方が何人かいるのですか、やっぱり最初は美味しくないと言っていて続けるのが大変そうでした。
 
しかし、慣れたら薄味でも美味しいと感じるようになったと言っていたので、その段階になるまでぜひ頑張ってください。
 
 

コンビニ弁当やファストフードを避ける

 
忙しい毎日で自炊をするのが大変だったりサボりたい時もある気持ちはわたしも良くあるのですが。笑
これらは味覚にとっては悪影響になってしまいます。
 
簡単に食べられて美味しい反面、身体に良くないこともあるということをしっかり頭に入れておきましょう。
 
また、自炊することは身体にとってだけでなくお財布にも優しいので、その面でもおすすめです。
 
これらを頻繁に食べている方はぜひ食べる頻度を少しずつ減らし、月に1・2回目程度まで減らせるといいですね。
 

アルコールは控える

 
なんども書きましたが、アルコールは味覚に関する栄養素である亜鉛を壊してしまいます。
 
飲み会の席で濃い味付けのものを食べたくなるという方もいると思いますが、その原因が上記の理由です。
 
毎日の楽しみの1つとしてお酒を飲むという方もいるかと思いますが、飲まない日を作ったり、一回で飲む量を減らすなどして行きましょう。
 
お酒を飲んだ次の日は亜鉛が含まれているもの食べるのもおすすめです。
 

ストレスの発散を心がける

 
これは一番難しいところかもしれませんが、ストレス社会と言われている現代ではストレスを感じていない方のほうが少ない気がします。
 
忙しくてあっという間に終わってしまう毎日ですが、少しでも発散できる何かを見つけるといいですね。
 
ちなみにわたしは最近、寝る前にヒーリングミュージックをかけて呼吸法を行なっています。子育てでゆっくりする時間がほとんどとれないのですが、これなら10分ほどでも落ち着けるのでおススメです。
 
ぜひ自分なりの方法を見つけましょう。
スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です