夜ストレッチで睡眠の質を上げてダイエット効果を高めよう!

 
先日朝に行う体操がダイエット効率を上げるという記事を書きました。体操をするだけで痩せやすい身体を目指せるならとっても簡単ですよね。
 
そんな朝体操に対して今回は夜に行うストレッチについて書いていこうと思います。
 
体操よりも簡単にできちゃうため、あまり痩せる気がしないという方もいるかもしれません。が、最近ではストレッチで痩せる方法が紹介されている本も出版されているほど。
 
特に最近では骨盤周りを柔らかくする事でダイエットを成功させる開脚ストレッチが人気を集めている気がします。
 
わたし自身、骨盤周りをほぐす方法を初めて取り入れた時、すんなりと停滞していた体重の減りを感じられたため、あまり痩せるイメージがなかったストレッチに対しての考え方ががらりと変わりました。
 
また、寝付きが悪く、夜中に何度も目が覚めてしまうわたしは睡眠の質を上げるためにも取り入れたのですが、ゆっくりと行った日と行わない日では寝付きの良さが全然違うなど、嬉しい効果を得ることができました。
 
夜に行うことがなぜいいのかなども含めて今回は夜に行うストレッチについてご紹介していきます。
 
 
スポンサーリンク
330×280

夜ストレッチとは

 
夜、寝る前に行うストレッチです。
 
日中の活動時には自律神経の交感神経が優位になっているのですが、それをリラックスモードの副交感神経に切り替えることができるため、脳や身体をリラックスした状態にでき、睡眠の質を高められる効果があります。
 
また、1日の終わりに行う事で疲れを癒せたり、むくみの解消につながったりと痩せるため以外にもたくさんの嬉しい効果を得ることができます。
 
特に寝る前にテレビを見たりスマホをいじってしまう習慣があるという方はぜひそれらから離れてゆっくりとリラックスできるこの時間をつくることをおすすめします。
 
その日の疲れをしっかりととり、血行を良くする事でダイエット効率を上げたり、美肌効果を得ていきましょう。
 
 

なぜ夜がいい?

 
では簡単に夜に行うことでの効果についてご説明していきます。
 
《リラックスモードになる》
 
先ほども少し書きましたが、自律神経の副交感神経を優位にできるため、リラックスモードに切り替えることができます。
 
自律神経とは活動時に働く交感神経とリラックスモードの副交感神経があり、これが自然と切り替わるといいのですが、ストレスや生活習慣の乱れによってこのバランスが乱れてしまうことがあります。
 
特に交感神経が働きすぎてしまうと、疲れやすくなったり眠りが悪くなるなどの悪影響が出てしまい、ひどくなると自律神経失調症などにもつながってしまいます。
 
そうなってしまうと身体の不調に繋がるので、ぜひ夜はリラックスモードを作れるようにしていきましょう。
夜に行うことでその効果を得ることができます。
 
 
《睡眠の質が上がる》
 
次に睡眠についてです。
 
睡眠ダイエットというのが話題になったほど睡眠とダイエットはとても深く関係しているのですが、副交感神経を優位にしてリラックスモードで寝ることができると睡眠の質を上げられるため、痩せるためにもいい効果を得られるのです。
 
反対に睡眠の質が悪いと食欲につながってしまったり、代謝の低下に繋がるため、太りやすい環境を知らず知らずのうちにつくってしまいます。
 
睡眠は疲れをとるためのものではなく、このようなことにも影響がでてくるので、ぜひ日々の睡眠を大切にしましょう。
そのためにもぜひ寝る前行うストレッチはおすすめです。
 
《疲れた筋肉をほぐせる》
 
疲れによって凝り固まった筋肉をほぐすのにも寝る前に行うこちらがぴったりです。
筋肉が凝り固まってしまうと血行が悪くなってしまい、そこからさまざまな不調につながってしまいます。
 
ダイエット面でいうと代謝が悪くなったり老廃物の排出力の低下・冷えなどに繋がります
 
逆に言えば血行を良くすることで代謝が上がりやすくなりますし、自律神経の乱れの改善に繋がります。
さまざまな不調の原因になる冷えの改善や生活習慣病の予防・美肌効果など、美容面でも健康面でもメリットだらけです。
 
ぜに1日の疲れをとる為にも筋肉をほぐした状態でゆったりと眠れるように寝る前に少しずつでも行うようにしましょう。
 


スポンサーリンク


ストレッチの効果

 

血行促進

 
夜だけでなく、どの時間帯に行なっても共通して得られる効果の1つ目がこちら。血行を良くすることです。
血行を良くすることは病気の予防になるイメージが強い方も多いかもしれませんがそれだけではありません。
 
次のような嬉しい効果を得ることができます。
 
・自律神経を整える
上でもでてきましたが、血行を良くすることも自律神経の乱れを整えることに繋がります。
特にストレスが多いという方はぜひ行いましょう。
 
・代謝アップ
痩せやすい体作りをするためにとても大切なのが代謝を上げることですよね。摂取したエネルギーをしっかり消費できるよう、代謝を上げることはしっかり意識していたいですね。
 
・美肌
血行促進は肌代謝を上げることにも繋がります。
肌代謝が上がると生まれ変わりサイクルであるターンオーバーが整うため、きめ細かな肌を目指すことができます。
 
・老廃物の排出力が上がる
デトックスという言葉が話題になりましたが、体内の老廃物の排出はダイエットや美肌にも繋がります。
便秘の解消にも繋がるので、お通じに悩んでいる方もぜひ取り入れてみましょう。
 
・冷えの改善
万病のもとと言われている冷えですが、わたしも身体の冷えが強かった時期は原因不明の体調不良に悩むことが多かったです。身体の内側から温めていくためにもぜひストレッチを取り入れましょう。
 
・コリの改善
スマホやパソコンを使う方も多い現代では肩や首のコリに悩む方も多いはず。そのコリが改善することで頭痛などの改善やクマやくすみの改善にも繋がります。
 
など。
これほどたくさんの嬉しい効果につながるため、ぜひストレッチやマッサージで血行改善をしていきましょう。
 

疲労回復

 
筋肉のコリや疲れをほぐせるため、肉体的な疲労回復にぴったりです。さらにリラックス効果を得ることができるため、精神的な疲労の回復にも繋がりそうですよね。
 
日常の活動で使われている筋肉は常に緊張状態が保たれています。
 
効率よく動かすためにはとてもいいことなのですが、その反面そのせいで血行が悪くなってしまったり疲労物質がたまりやすくなってしまうというデメリットもあります。
 
毎日の生活の中で頑張ってくれている自分の体を労って上げるためにもぜひ1日の終わりに疲れをほぐしていきたいですね。
 

おすすめの夜ストレッチ

 
・伸び
 
まずはわかりやすい伸びで全身をリラックス!
 
1.頭の上で手を組んだら手のひらは天井に向けてそのままぐーっと上に伸びてキープ。
2.左右にも倒してキープした状態を作り、身体の側面も伸ばしていきましょう。
 
・開脚
小学生の頃、体育の授業のはじめに行った方も多いこちら。
 
1.座った状態で両足をできるだけ開きます。
2.上体を前に倒してキープ
 
股関節を伸ばすことは下半身痩せに繋がります。
 
・ヨガの合せきポーズ
ストレッチというかヨガですね。笑
こちらもおすすめです。
 
1.座った状態で両足の裏を合わせたら、身体にかかとをくっつけます。
2.なるべく膝は床に近い状態をキープして、そのまま上体を前に倒します。
 
こちらも股関節に効きます。
 
・足首まわし
足首のくびれをしっかりつくると美脚に見えます。
特に細い人ほどくびれがないので、ぜひ足首まわしで美ラインを作りましょう。
やり方は足首をくるくるするだけ!
 
意外とふくらはぎに効きます。
 
・手足ぶらぶら
 
疲れがたまると手や足がなんとなく気持ち悪くて寝付けないなんてことはありませんか。
そんな時は寝た状態で手足を上にあげてぶらぶらしましょう。むくみの解消にも繋がります。
 
・寝ながらストレッチ
1.仰向けに寝た状態で上の写真のようなストレッチを行います。
 
写真では2人で行なっていますが、1人でもできるのでぜひベッドの中でても行いましょう。
 
ちなみにこのポーズで右足を曲げている時は右腕を、左足を曲げている時は左手を方から全体をぐるぐる回すと肩や肩甲骨周りがほぐれて気持ちいいです。
 
 


スポンサーリンク


効果的に行うには

 

呼吸法も取り入れる

 
よりリラックス効果を高めるためには呼吸法をとり入れるのが効果的です。呼吸法ダイエットというのもありますが、しっかりと酸素を取り入れながら行うことで、より嬉しい効果を得ることが出来るのです。
 
一言で呼吸方と言っても何種類もありますが、まずはお腹を意識しながら鼻から吸って口から吐く腹式呼吸から取り入れていくようにしましょう。
 
わたし的には呼吸法を取り入れるとより寝付きが良くなるので、ぜひあとは寝るだけという状態の時に行うのがおすすめです。
 

ゆっくりと時間をかけて行う

 
特に夜に行うストレッチの一番の目的は身体や脳がリラックスすることです。
そのため、いそいそと行なってもリラックスできなければ意味がありません。
 
忙しい毎日だと思いますが、ぜひ寝る前の5~10分ほどはゆっくりとマッサージタイムに使えるよう、やることは全部終わらせて他に気が行かないで済むようにしてから行うようにしてください。
 
また、メールなどの返信も終わらせてストレッチ後にスマホをいじるなんてことがなくていいようにしてから行いましょう。
 
 

気持ちいいくらいの感覚で

 
体が硬い方は早く身体を柔らかくしたいからと無理をしてしまう方もいるかもしれませんが、痛いほど行うのは逆効果です。
 
身体の柔軟性を高める為には短期的だとなかなか効果は見えにくいですが、長期的に行うことで目に見えて柔らかくなったのを実感できます。
 
なので、早く柔らかくしたいからと無理をしてしまうのはやめて、体がリラックスできるようにゆっくりと気持ちいいくらいの感覚で行うようにしましょう。
 
 

骨盤周りや肩甲骨を意識する

 
ダイエット目的で行う場合はぜひこの二点を意識して行いましょう。
 
肩甲骨周りにある褐色脂肪細胞は脂肪の燃焼効率を上げてくれるため、ここをほぐすことは痩せやすい体質作りをしていけます。
 
そして、骨盤周りをほぐしておくことは下半身太りの解消に繋がります。女性は下半身痩せしたいという方多いですよね。
逆にこの部分が凝り固まってしまうと下半身太りに繋がるため、太ってしまわない為にもしっかりとほぐしておきたい部分です。
 
全身のストレッチを行なったら次にこの二箇所をほぐせる方法も行うことをおすすめします。
スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です