美容にいい米ぬかオイルはダイエットにも!効能や使い方は!?

米ぬかと聞いた時みなさんはどんな使い方を思い浮かべるでしょうか。
 
わたしはお漬物を作るときに使うぬか漬けを一番に思い浮かべたのですが、実はこれ、お掃除に使ったり、入浴剤や洗顔など美容のために使うなど、様々な使い方ができる優れものなのです。
 
特に最近では米の成分を使った化粧品をたくさん見かけるようになりました。
それだけ今とても美容面で注目されているといってもいいのかもしれません。
 
そんな米ぬかですが、実はオイルがあるんです。
食用のものはもちろんですが、化粧品として使える不純物を取り除いてあるものまであるんです。
 
2018年5月27日に放送された〝シューイチ〟でも、米ぬかオイルが使われていました。
 
少し前まではダイエットをするのなら脂質は控えたほうがいいなんてイメージがあったと思うのですが、最近では良質なものはしっかり摂る方がいいと言われていますよね。
 
そんな米ぬかオイルについて今回はご紹介していきたいと思います。
スポンサーリンク
330×280

米ぬかオイルとは

玄米を精米したときに出る米ぬかから抽出されたものです。
ライスブランオイルなんて呼び方もされています。
 
お米といえば私たち日本人の食卓には欠かせない食べ物ですよね。昔から食べられていることもあり、私達の身体にとてもあっている食べ物です
 
このブログでは過去に、亜麻仁油やココナッツオイル・MTCオイル・サチャインチオイルなど様々な種類を紹介してきました。
 
どれもダイエットや美容にいいと話題になったものなのですが、実は油には酸化しやすいものとしにくいものがあります。
 
酸化してしまうことは劣化してしまうようなものなので、身体にいいと言われているものでも、なるべく避けたいものに変わってしまいます。
 
しかしこの米ぬかオイルは酸化しにくいという特徴があるため、いい状態を持続しやすいという嬉しい面もあります。

脂質の働き

先程も少し書きましたが、脂質は避けた方がいいようなイメージがある方も多いと思います。
しかし最近では身体にいいからとったほうがいいという意見もたくさん聞きますよね。
 
矛盾しているように感じますが、実はこれ、どちらも正解なんです。
脂質には
・身体にいいからぜひとりたい脂質
・身体に悪い避けたい脂質
の2種類があるのです。
 
まず《身体に悪い避けたい脂質》というのは、トランス脂肪酸と酸化した脂質です。
 
トランス脂肪酸はマーガリンやショートニングなどで、食品の成分表を見ると使われているものが意外と多いのですが、これは、
 
・コレステロール値が高くなる
・アレルギー
・肥満
・母乳から子どもへ悪影響がでる
 
などの原因になると言われており、海外では禁止されている国もあるほど避けたいものです。
最近の子供はアレルギーが多すぎるなんて声もよく聞きますが、もしかしたらこれとも関係があるのかもしれないですね。
 
また、酸化した脂質もコレステロール地への影響があり、怖い病気につながる可能性があります。
早ければ油を加熱調理して40分ほどで酸化してしまうと言われているため、出来合いのものよりも自分の家で作りたてのものを食べたいですね。
 
反対に《体にいい摂りたい脂質》とは不飽和脂肪酸です。
αリノレイン酸・オメガ3・リノール酸・オレイン酸などという言葉を聞いたことはないでしょうか。
 
これらか摂りたいと言われている良質な脂質です。
同じ脂質でもこれらはコレステロール値や中性脂肪を下げたり、ダイエットや美容をサポートしてくれるなどと身体に嬉しい働きをしてくれます。
 
そもそも脂質は三大栄養素の1つでもあり、
 
・エネルギーになる
・ホルモンや細胞膜の生成
・ビタミンの吸収をサポート
 
などの、大切な働きがあります。
そして不足することで
 
・疲れやすくなる
・免疫力の低下
・乾燥肌
・便秘
・成長への影響
など、様々な悪影響に繋がります。
避けたいものだというイメージがあった方はそれが身体にとって悪影響になってしまっている可能性もあるので、ぜひ良質な脂質はしっかり補うように食生活を変えていきましょう。


スポンサーリンク


米ぬかオイルの効果・効能

高い抗酸化作用がある

高い抗酸化作用がある米ぬかオイルは美容に気を使う方だけでなか、健康面で嬉しい効果を得ることができます。
 
抗酸化作用とは体内に増えてしまった活性酸素を除去してくれるものです。この活性酸素というのは、もともと体内にあるものですが、増えすぎてしまうことで、ガンや生活習慣病・肥満・肌トラブルなどに繋がります。
 
だったら増えないようにしたいと思われるかもしれませんが、この活性酸素
 
・ストレス
・大気汚染
・紫外線
・食品添加物
・たばこ
・激しい運動
 
などから増えてしまうため、なかなか避けて通れないのです。
そのため、食事から抗酸化作用のあるものを摂ることで除去することがとても大切なのです。
 
抗酸化作用のあるものを食べることで美容・ダイエット・病気の予防ができるので、ぜひ米ぬかオイルからその効果を得たいですね。

美肌・美白

 
含まれているγオリザノールという成分、こちらにも高い抗酸化作用があるのですが、この成分は米ぬかにしか含まれていない特有の成分です。
 
抗酸化作用による美肌・アンチエイジングはもちろん、紫外線の吸収を抑え、メラニンの生成を抑えると言われているため、美白づくりやシミ対策にも嬉しい成分です。
 
さらに、血行を促進する効果もあるため、肌代謝アップにつながります。肌代謝を上げることは肌の生まれ変わりサイクルを整えることにつながるので、ここからも美肌効果を得られますね。
 
とにかく高い美容効果を得られるこのオイル、アンチエイジングやび 美肌づくりにはぜひ活用したいですね。
 


スポンサーリンク


米ぬかオイルはダイエットに使える?

米ぬかオイルの嬉しいところは美容効果が高いことだけではありません。
ダイエット面でも味方になってくれます。
 
まず、効果の最初に書いた活性酸素を除去する効果も肥満防止につながります。
そして、美肌にいいと書いたγオリザノールが悪玉コレステロールを減らし、血行を良くすると言われています。
血行を良くすることは老廃物の排出力アップや代謝アップに繋がります。
 
さらに、含まれているオレイン酸にも悪玉コレステロールを減らしてくれる効果や、満腹中枢を刺激する働きをしてくれます。食べ過ぎの防止にもなりますね。
 
このオイルだけでなく良質なオイルはダイエットの敵となる便秘の解消にも役立ちます。
 
これらをみてみるとダイエット面もサポートしてくれるオイルだと言っても良さそうですね。

米ぬかオイルの使い方

お料理に!
お料理には食用のものを使いましょう。
 
米ぬかオイルは加熱調理にもいいと言われているので、ぜひお料理を作るときの油はこちらを使いましょう。
 
話題になったオイルおにぎりや野菜炒めなどの普段のお料理・揚げ物など、使い道がたくさんありますね。
 
品揃えのいいスーパーでは見つけることができたのですが、普段行くスーパーでは私は見つけられなかったので、見つけられなかったという方はぜひ通販を活用しましょう。
 
 
 
スキンケアに!
 
化粧品として使う場合は不純物が取り除いてあるものがあるのでぜひそちらを使うようにしましょう。
 
・マッサージをするときに使う
・クレンジングとして
・ヘアオイルとして
などの使い方ができます。
こちらはドラッグストアで探してみたのですが、私が行ってみたドラッグストアでは見つけることができなかったので、通販サイトで購入するのが簡単なかと思いました。
 
 
キャリアオイルとして!
 
リラックスタイムや食欲を抑えるためなどに活用できるアロマオイルですが、そのまま使うと肌への刺激が強すぎてしまうため、精油を薄めるためにキャリアオイルを使います。
 
そのときにも米ぬかオイルが活用できます。
お好みの香りや効果によって選んだアロマと一緒にスキンケアに使えば、香りに癒されながら、このオイルの効果も得ることができますね。
スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です