しそ酢ジュースはダイエットにもいい!?効果や作り方をご紹介!

暑くなる時期によく思い出すのが小さい頃祖母が作ってくれたきれいな紫蘇ジュースです。
赤い色の綺麗なジュースで、暑さ負け対策になるとよく冷たく冷やした紫蘇ジュースを飲んでいました。
 
祖母が他界してからは飲むことがなくなってしまったのですが、最近このようなダイエット記事を書く上で様々な食材について勉強しているうちに赤紫蘇にはとても嬉しい栄養があるということを知りました。
 
しかも飲んでいたジュースには健康にいいと言われていた酢も使われていたので、子供の頃は知らず知らずのうちに体にいいものを摂っていたんだな。と改めて実感。
 
久しぶりに飲みたくなりました。
 
酢が使われているドリンクといえばスーパーやドラッグストアでは黒酢ドリンクがよく売られていますよね。
 
私のこのブログでも、パイン酢やレモン酢など、フルーツを使って作るビネガードリンクを紹介してきました。
 
そして私自身もよく作って飲んだり、好きなぶどうジュースに黒酢を入れて飲んだりとしています。
一時期ウォーキングをした後の水分補給に飲んでいたのですが、今思えばこの時が一番痩せていたように感じます。
 
そんな酢と赤シソを使ったジュースについて今回はご説明していきたいと思います。
健康のために!美容のために!また、夏の暑さ負け対策に!ぜひ取り入れてみましょう。
 
スポンサーリンク
330×280

しそ酢ジュースとは

赤シソと酢を使って作るドリンクです。
色鮮やかなきれいな赤い色のドリンクなので今話題のインスタ映えにもなるのではないでしょうか。
 
青じそは料理に使われることも多く、スーパーでも必ずといっていいほど置いてありますよね。
それと比べるとなかなか料理に使う機会が少ないく、旬の時期も短いため初夏あたり以外はなかなかスーパーでも出会えません。
 
一年中出会えるものといえばふりかけのゆかりですね。
これは赤紫蘇から作られています。
 
旬の時期は短いのですが出回る時期が初夏から夏なので、夏場の暑さ対策のためにつくることができますね。
スーパーだけでなく、道の駅などでも新鮮なものに出会える場合もあるので、そういう場所もぜひチェックしましょう。
赤しそと酢を使ったものはジュースだけでなくお漬け物を作ることもできるため、食卓や彩にも大活躍です。

赤しその栄養

【アントシアニン】
眼精疲労の改善に効果的だと言われている成分です。
高い抗酸化作用やコラーゲンを安定させる働きもあります。
【シソニン】
高い抗酸化作用があるこちら。
ストレスや食品添加物によって増えてしまった活性酸素を除去し、美容面や健康面をサポートしてくれます。
【ビタミンB1・B2】
脂質や糖質の代謝をサポートします。
皮膚や粘膜の健康もサポートしてくれるため、美肌づくりや口内炎対策にも!
 
【ビタミンC】
高い抗酸化作用による効果やコラーゲンの生成を促す・シミを予防するなどの美肌ケアにぴったりな栄養素です。
 
【ビタミンE】
若返りのビタミンとも呼ばれているほどアンチエイジングに効果的なビタミンです。
こちらも高い抗酸化作用があります。
 
【葉酸】
妊婦さんは特に摂取したいのがこちら。
ビタミンB群の栄養素であるこちらは体内の組織づくりにとで大切です。
【カルシウム】
骨の健康に欠かせないこちら。
不足するとイライラしたり太りやすくなる栄養素だと言われています。
 
【亜鉛】
味覚を正常に保つために必要になる栄養素です。
代謝の維持や免疫力をサポートする働きもあります。
 
【鉄分】
貧血予防に必要だと言われていますよね。
血液中にあるヘモグロビンのもととなる成分で、不足すると酸欠のような状態になり代謝が落ちてしまうため、ダイエットにも必要な成分と言えそうです。
 
【カリウム】
むくみの解消に効果的な栄養素です。
飲み会の次の日や食べすぎた時などにはぜひとるようにしましょう。
 
【α-リノレン酸】
オメガ3系の脂肪酸で、血液をさらさらにしてくれる働きがあります。ダイエットにいいとも注目されている成分ですね。
紫の食事といえばポリフェノールが豊富なイメージがあります。
 
ポリフェノールは美容だけでなく、ダイエットや生活習慣病の予防などによる健康効果も期待できるので、ぜひ、毎日しっかり取り入れたいものです。
 


スポンサーリンク


酢の栄養

【クエン酸】
疲労回復効果のイメージが強いクエン酸はダイエットもサポートしてくれます。
キレート効果があるクエン酸はミネラルの吸収もサポートしてくれます。
【アミノ酸】
特に黒酢に多く含まれているのがアミノ酸です。
脂肪燃焼を活性化してくれるリパーゼを活性化してくれるため、痩せたい方にもいいと言われています。
 
【酢酸】
お酢の酸っぱいと感じるもとになっているのがこの酢酸です。
消化酵素の分泌や唾液の分泌も促すため、食欲抑制にもつながります。
酢は種類によって含まれている成分が変わってきます。
 
特に黒酢にはアミノ酸だけでなく、カルシウムやマグネシウム・カリウムなどのミネラルも豊富に含まれているので、ぜひ使う酢は黒酢がおすすめです。

紫蘇酢の効果・効能

血糖値の急上昇を防ぐ

ダイエットをしているとこの血糖値という言葉よく聞きますよね。
 
血糖値は食事の仕方によって上がり方が変わってくるのですが、急上昇してしまうと脂肪を蓄えてしまうホルモンの分泌に繋がると言われています。
 
さらに、急上昇したあとは急下降しやすく、急下降したときに脳が空腹を感じてしまい、お腹が空いていなくても食欲が出てしまう偽食欲につながるとも言われています。
 
そんな急上昇を防いでくれる働きをしてくれるものが赤紫蘇に含まれているロズマリン酸や酢に含まれている酢酸というものです。
 
特に血糖値が急上昇すると食後の眠気につながると言われているため、食後いつも強い眠気に襲われてしまうという方はぜひ食事の時に飲むことをおすすめします。


スポンサーリンク


活性酸素を除去

まず、あまり聞きなれない活性酸素というものですが、こちらは、もともと体内にあるものなのですが、日常生活の様々なことによって増えすぎてしまうと、私たちの身体にたくさんの悪影響を及ぼします。
 
活性酸素が増える原因
 
・ストレス
・紫外線
・食品添加物
・大気汚染
・タバコ
・加齢
・激しい運動
 
など。
タバコや激しい運動は避けようと思えば避けられますが、それ以外のものってなかなか避けられないですよね。
これらによって増えすぎた活性酸素は身体を酸化させてしまう原因となり、次のような悪影響があります。
 
・ガン
・生活習慣病
・肥満
・肌トラブル
・加齢
 
など。
避けることができない活性酸素ですが、実は除去してくれる働きをしてくれるものがあります。
それは高い抗酸化作用のあるものです。
このドリンクには、アントシアニンやシソニン・ビタミンC・ビタミンEなどの、高い抗酸化作用があるものが何種類も含まれており、体内の活性酸素を除去する働きをしてくれるため、ガンや生活習慣病・肥満を予防し、美肌やアンチエイジングの効果を得られるのです。
 
健康・美容・ダイエットが一気にできる嬉しい栄養素ですね。暑い夏にドリンクからそれが取れるというのも嬉しいところです。
 
ぜひ体の内側から病気や肥満の原因になるものを除去していきましょう。

血行を良くする

赤紫蘇に含まれているαリノレン酸。ダイエットにいいととても話題になっている成分です。
 
悪玉コレステロールを減少させて血液をサラサラにしてくれる働きがあるのですが、血液をさらさらにすると病気の予防だけでなく、様々な嬉しい効果が得られます。
 
まず、ダイエット面でいうと代謝が上がったり、老廃物の排出力が上がりむくみの改善につながることです。どちらも痩せやすい体質作りには欠かせないですよね。
 
また、老廃物を排出したり、代謝が上がることは美肌にもいい影響があります。肌の新陳代謝も促されますね。
 
他にも免疫力が上がったり、疲労回復効果やコリの解消・自律神経を整えるなどがあります。
血液をさらさらにするだけでたくさん嬉しい変化を実感できそうですね。
また、体内に入ったαリノレン酸はDHAやEPAに変換されます。この2つにもそれぞれ嬉しい働きがあるのですが、とくにEPAはダイエット効果が高いので、ぜひ摂りたい栄養素です。


スポンサーリンク


暑さ負け対策に!

赤紫蘇の旬の時期が夏前からなので、暑い夏場の水分補給にもこのドリンクは役に立ちます。
まず、クエン酸が含まれていたり上に書いた血液をサラサラにする効果によって疲労回復効果を得ることができます。
 
暑いだけで体力が消耗してしまうこの時期には疲労回復効果は嬉しいですよね。
また、夏バテといえば食事がとれなくなるという方も多いはず。
 
私も毎年のように夏になると食欲が減ってしまい、常にだるい状態になってしまうのですが、そんなときでもドリンクなら飲みやすいですよね。
 
使ってる酢には食欲を増進する働きがあるため、食欲不振になってしまった時もぜひ飲んで欲しいドリンクです。
ビタミンやミネラルもとれるので、食欲がなくなってしまった時はぜひこのドリンクを作って飲みましょう。

美肌

上に書いた活性酸素を除去することは肌トラブルを防止してくれるため、美肌作りには嬉しい働きです。
 
さらに血液をさらさらにすることで肌トラブルの原因になりやすい老廃物の排出が促せ、肌の生まれ変わりサイクルを整えてくれるため、こちらも美肌に繋がります。
さらにさらに!
赤紫蘇にはビタミンCも含まれています。
美肌にいいイメージが強いこちらのビタミンには
 
・活性酸素を除去
・コラーゲンの生成を促す
・メラニン色素を抑制してシミ対策
・新陳代謝をあげてきめの細かい肌へ
 
などの効果が期待できます。
綺麗な肌は印象がいいだけでなく、若々しく見えますよね。
ぜひ女性らしい肌作りのためにも飲みたいドリンクです。


スポンサーリンク


しそ酢ジュースの作り方

では作り方です。
そのまま飲める作り方!
材料
・赤紫蘇 250g
・黒酢   150~200ml
・水       1ℓ
・はちみつ    お好みで
(ダイエット目的ならいれないことをおすすめします。)
・炭酸水 
 
酢は黒酢ではなくてもいいのですが、ダイエットや美容・健康面で一番おすすめなのが黒酢なので、これで書きます。
1.赤紫蘇は分量外の水でしっかりと洗います。
2.鍋に水を入れて沸騰したら赤紫蘇をいれます。
3.5分ほど火にかけたらざるに上げて水気をよくとりましょう。鍋に細かい赤紫蘇が残っていたらそれも綺麗に取るといいですね。
 
色が出ていなかったらもう少し長く火にかけていてください。
4.鍋に残った煮汁に加えてはちみつと、酢を加えたら完成です。
こちらがよくあるジュースの作り方です!
レモンを加えればさらにさっぱりします。
甘さは控えめで作ると糖質やカロリーを抑えられますね!
 
炭酸割りができる作り方
 
材料
・赤紫蘇 50g
・黒酢 200ml前後
・はちみつ お好みで
 
1.赤紫蘇はよく洗い、水気をしっかりととります。
2.乾いたらあらかじめ煮沸消毒をして起きた保存瓶に入れて、そこに黒酢とはちみつを加えます。
この時、紫蘇が完全に浸るくらいまで酢を注ぎましょう。
 
一晩置いたら完成です。
こちらは割って飲む作り方なので、そのまま飲まずに炭酸水などで割って飲みましょう。
 
 

しそ酢でダイエットはできる?

紫蘇に含まれている栄養素も酢に含まれている栄養素もダイエット向きのものがたくさんあります。
そのため、ダイエット中にもぜひ取り入れたいドリンクです。
 
血糖値の急上昇を防ぐ役割をしてくれるため、食事中や食後に飲むのもいいですよね。
甘いドリンクが欲しくなってしまった時は市販の清涼飲料水ではなく、こちらを飲む方が美容にもダイエットにもいいでしょう。
 
一度にたくさん飲むのではなく、1日に何杯かに分けて飲むといいですね。
 
血行を良くして代謝アップに繋げてくれたり、便秘を解消したり、血糖値の急上昇を防ぐ働きをしてくれ流などの嬉しい効果を得られるため、痩せたい方にもぜひおすすめしたいドリンクです。
ただし、酢を使ってあったり甘味料を使ってあるので、飲み過ぎには気をつけましょう。

しそ酢の保存方法や期間

このドリンクは暑い時期に作ることが多いと思います。
そのため保存は冷蔵庫で行うようにしましょう。
 
また、手作りの場合気になるのが保存できる期間だと思いますが、長いと一年くらい大丈夫という方もいれば、ワンシーズンくらいという声もあります。
 
作るときに使う材料の分量によっても変わってくると思うので一概にこれくらいとは言えないのですが、作ったらなるべく早いうちに飲むことをおすすめします。
 
その方が新鮮ですし、風味も保てそうですよね。
 
大量に作って作り置きをするのではなく、1ヶ月くらいで飲みきれる量で作ると保存に関しても心配しなくて良さそうな気がします。

しそ酢の注意点

飲み過ぎに注意
健康効果やダイエット効果が高いと言われているため、痩せたい方は早く痩せたいと思ってたくさん飲もうとしてしまうかもしれませんが、摂りすぎは禁物です。
 
酸が強いため、胃が弱い方は胃痛を起こしてしまう可能性があります。胃が弱い方や心配な方は空腹時も避けて飲むといいですね。
 
また、歯が溶けやすくなってしまうとも言われています。
酢をとった後は軽く口をゆすぎ、歯磨きは30分以上経ってから行うようにしましょう
健康効果の高いものでも、デメリットがあります。
過剰摂取はせずに、身体と相談しながら摂るといいですね。
スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です