ジョブチューンで紹介されたオクラの効果とは?ダイエットにも!

この記事を書いているのか6月の終わりなのですが、この時期になると実家の家庭菜園で様々な野菜が採れるようになります。
 
その中でも特に好きで毎年母に作ってもらうのがオクラです。
 
簡単におひたしにするだけで一品完成しますし、なんといっても美味しいですよね。
息子も1歳の頃からよく食べてくれる野菜の1つです。
 
以前このブログでオクラ水についてご紹介しました。
 
飲むだけで簡単に栄養素が摂れるドリンクとしてご紹介したのですが、この記事を書いている今日、テレビで身体にいい薬味として紹介されていたのを見て、改めてオクラについてご紹介したいと思います。
 
オクラ水に関してはぜひこちらの記事をご覧ください。
 
 
 
緑がきれいな野菜なので食卓の彩りにもぴったりです。
簡単に作れるメニューでぜひ食事にプラスしていきましょう。
スポンサーリンク
330×280

オクラの栄養

【βカロテン】
体内でビタミンAに変換される成分です。
目や皮膚の健康をサポートしてくれたり、他のビタミンの働きを良くしてくれます。
【ビタミンC】
美肌にいいビタミンといえばこちら。
シミの予防やコラーゲンの生成・新陳代謝のアップなどの効果を期待できます。
高い抗酸化作用があるため、アンチエイジングにもぴったりです。
 
【鉄】
貧血予防になるこちらは血液中のヘモグロビンのもととなります。不足すると代謝の低下につながり太りやすくなると言われています。
 
【カルシウム】
骨の健康に欠かせないミネラルですね。
こちらも不足すると脂肪を蓄える酵素を分泌してしまうため、太りやすくなると言われています。
 
 
【カリウム】
塩分の排出をサポートしてくれるミネラルです。
飲み会の次の日や食べ過ぎた次の日にはぜひとりたい栄養素です。
 
 
【ビオチン】
オクラはこの栄養素が野菜の中では比較的多く含まれているこちらは三大栄養素の代謝をサポートしてくれます。
疲労回復や美肌など、様々な効果を期待できます。
 
【食物繊維】
ガラクタンやペクチン、アラバンなどが含まれています。
血糖値を下げたり、コレステロール値を下げるなど、健康効果抜群です。
もちろん便秘の改善にも大活躍です。
 
 

オクラの効果

血糖値の急上昇を抑える

オクラといえばネバネバしている食べ物の1つですよね。
このネバネバ成分である、ムチンやペクチンには、血糖値の急上昇を抑える働きがあります。
 
これらには糖を包み込んで吸収されにくい状態にし、体外へ排出される働きがあるため、それが血糖値に効くのです。
 
ダイエットや健康を意識していると血糖値ということばよく聞きますよね。
これは、食事によって急上昇することがあるのですが、急上昇すると体内にはインスリンというホルモンが分泌されます。
 
このホルモン、とても大切なものなのですが、実はエネルギーとして使い切れなかった糖を身体に蓄えるというちょっと厄介な面もあるのです。
 
また、分泌量が減ってしまったり働きが悪くなることで糖尿病にも繋がります。
 
それを防いでくれるのがネバネバ成分というわけですね。
血糖値は急上昇してしまうと眠気につながると言われているので、食後眠くなりやすい方はぜひそれも1つの目安として、食事にプラスしてみてはいかがでしょうか。
 


スポンサーリンク


便秘の改善

 
オクラには食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維といえば便秘の改善にいいイメージですよね。
 
食物繊維には2種類あり、便秘改善にはその2つのバランスもとてもたいせつになります。そのうちの水溶性食物繊維が不足しがちになりやすいと聞いたことがあるのですが、オクラには水溶性食物繊維が豊富に含まれているのです
 
便秘になってしまうと体はだるいし体重も増えたように感じますよね。
 
それだけではなく腸内環境がさらに悪くなり、むくみやすくなったり代謝の低下につながってしまうため、太りやすくなってしまうのです。
 
そのため、ダイエットをするのであれば便秘の解消はとても大切です。
 
毎日出ないという方はぜひ毎日の食事にオクラをプラスしてみましょう。
 

コレステロールを下げる

 
血糖値の急上昇を抑えるのところにも出てきたネバネバ成分であるムチンやペクチンは、コレステロールを下げると言われているため、それによる血液さらさら効果を期待できます。
血液をサラサラにすることは健康やダイエット・美容をサポートしてくれます。
 
ダイエット面でいうと老廃物の排出力が上がるため、むくみの改善につながります。さらに、代謝が上がるため、痩せやすい体質を目指していけるのです。
 
反対にコレステロール値が高いと太りやすくなるだけでなく、動脈硬化や心筋梗塞など恐ろしい病気につながると言われています。
 
病気を避け、きれいな肌やボディラインを目指すためにぜひ取り入れていきたいですね。
 


スポンサーリンク


むくみの解消

便秘の改善やコレステロール値を下げて血行を良くすることも老廃物の排出に繋がるためむくみの改善になるのですが、もう一つオクラには嬉しい栄養素が含まれています。
 
それはカリウムというミネラルです。
 
カリウムは塩分の排出をサポートしてくれるため、とりすぎによるむくみ対策に効果的です。
 
現代人は塩分をとりすぎているとも言われていますが、外食やコンビニ弁当・飲み会の席でのお料理など味の濃いものを食べる機会が多い方もいると思います。
 
それらによって塩分を摂りすぎるとナトリウム濃度を薄めるために水分蓄えるようになるのですが、これがむくむ原因なのです。
 
そのため、カリウムで塩分の排出をすることで水分の排出にも繋がり、むくみの解消につながります。
食べすぎた次の日やお正月太り対策・飲み会の次の日などにはぜひ摂りたい栄養素です。
 
とはいえ塩分も身体にとっては欠かせない栄養素なので、抜きすぎることは控えましょう。

テレビでも紹介

2018.6.30日に放送されたテレビ〝ジョブチューン 夏の不調はこれで乗り切れ。本当に体に良い薬味SP〟でも血糖値を下げる薬味として紹介されていました。
 
毎日食べるようにしているという方の血糖値を番組が紹介していたところ空腹時も食後も、血糖値の基準よりもはるかに下の数値が出ていました。
 
これは、オクラのネバネバ成分による効果であり、血糖値を下げることは、糖尿病の予防だけでなく、ダイエット効果も得ることができます。
 
私たちの体内にはインスリンというホルモンが分泌されているのですが、このホルモンの分泌量が少なかったりうまく働けていないと血糖値が高くなり、それが糖尿病に繋がります。
 
血糖値が高い状態が続いたりストレスが多いとインスリンの分泌量が減りやすくなり、そこから高血糖に繋がってしまいます。
 
そうならないためにもぜひ食事面でカバーしていきましょう。
 


スポンサーリンク


オクラを使ったレシピ

それでは、私がよく食べている簡単すぎる食べ方や、ジョブチューンで紹介されていたオクラを使ったレシピを紹介したいと思います。
 
オクラのおひたし
材料
おくら
醤油
かつお節
 
1.オクラはよく洗い、沸騰したお湯で軽く茹でます。
2.茹でたオクラを適当な大きさに切ったら醤油をかけて鰹節をまぶして完成です。
 
茹でてかけるだけ!すぐできますね。
定番ですが、私的にはこれが一番美味しく食べられます。
 
かつお節には、DHAやEPAが豊富なため、こちらもダイエットや健康面をサポートしてくれます。
調味料もシンプルで余分なカロリーを取らなくていいですね。
 
お好み焼き
 
こちらはテレビで紹介されていた方法です。
 
材料 (4枚分)
 
おくら 20本
キャベツ 1/4
豚バラ 150g
たまご 3個
小麦粉 200g
和風だし
 
1.キャベツとオクラを生のまま千切りにします。
2.たまごは和風だしを混ぜて1に混ぜ、さらに小麦粉を混ぜたら粘りが出るまでしっかり混ぜましょう。
3.フライパンに油を引いて温めたら2を流し入れ、上に豚バラをのせます。
4.焼き目がついたらひっくり返し、両面しっかり焼けたら完成です。
 
お好みでソースやマヨネーズなどをかけます。
 
これ一品で様々な食材をとれますね。
栄養面を考えるととても嬉しい一品です。
 
簡単にボリュームのあるおかずが作れるのでぜひ私も作ってみたいです。
 
 
 
 
他にもオクラの豚バラ巻きやオクラ納豆などでぜひ食事にプラスしていきましょう。
スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です