ダイエットにも取り入れたい夏野菜はこれ!夏バテ対策にも!

月の中旬頃から暑くなり、梅雨時期にはまた一気に涼しくなり、気温差に身体がついていけずに体調を崩してしまう方も多いこの季節。
 
台風などの影響もあり、雨が続いた一週間が開け、また一気に気温が高くなりました。
 
気温が高くなると食欲がなくなってしまう方も多いですよね。冷たいドリンクばかりを欲してしまう方も多いはず。
 
しかし、冷えすぎたドリンクは内臓から冷やしてしまい、いくら夏の暑い時期といえど、冷え性の原因になってしまいます。
 
万病の元とも言われている冷えは太りやすくなったりむくみやすくなるだけでなく、体調不良の原因にもなります。
 
そんな時にぜひ食べて欲しいのが夏野菜です。
暑い季節や地域で摂れる野菜やフルーツには体を冷やす効果があると言われていますよね。
 
水分が多く暑い時期でも食べやすいものがいくつもあります。
 
生野菜も冷えにつながると言われていますが、キンキンに冷やしたドリンクや甘いアイスをとるよりは、えいようそもとれるので身体にいいです。
 
ぜひ夏野菜を食べて夏バテを予防しながら賢くダイエットをしていきましょう。
スポンサーリンク
330×280

夏野菜の効果

夏バテ対策

暑い時期や暑い地域でとれる野菜やフルーツには体の熱を内側から冷ましてくれる効果があります。
そして水分も多く含まれているため、水分を失いやすいこの時期にはぴったりなものが多いのです。
 
暑い時期になると食欲がなくなってしまうという方も多いと思いますが、生で食べられるものが多い夏野菜は温めなくてもそのまま食べられるというのが嬉しいところです。
 
冷やして食べればさっぱり食べられますし、アイスクリームのようなものを食べて身体を冷やすよりも栄養素もしっかりとれます。
 
私も夏バテして食欲が落ちた時には、トウモロコシに頼るのですが、少しずつでも栄養がとれるよう、ぜひ家にしっかり常備しておきましょう。

むくみの解消

カリウムを多く含んでいる野菜が多いため、塩分の摂りすぎによるむくみ解消にも効果的です。
 
現代人は塩分過多だと言われています。
食生活の欧米化や外食・コンビニ食などの味の濃いものを頻繁に食べることで摂り過ぎになってしまいます。
 
塩分自体、身体にとっては欠かせない栄養でもあるのですが、摂りすぎてしまうと体内の塩分濃度が高くなってしまい、それを薄めるために多くの水分を蓄えてしまうため、むくみの原因になるのです。
 
また、健康面では高血圧の原因にもなってしまうのですが、その塩分の排出をサポートしてくれるのがカリウムです。
 
塩分を排出することで余分な水分の排出にもつながるためむくみ解消に効果的です。
 
ぜひ外食やコンビニ食が多い方もそれにプラスで夏野菜を加えましょう。

栄養補給

旬の野菜にはその季節に必要な栄養素が含まれていると言われていますよね。ビタミンやミネラルが豊富な夏野菜は汗をかいて栄養を失いやすいこの季節にぴったりです。
 
ビタミンには食事からとった脂質や糖質の代謝をサポートするものや、美肌効果を期待できるもの、アンチエイジングを期待できるもの、ミネラルの吸収をサポートするものなど、それぞれのビタミンにそれぞれの働きがあります。
 
そして六代栄養素のひとつであるミネラルは、骨や歯の健康をサポートしたり、代謝をサポートするもの、神経の伝達に関与するものなどがあります。
 
特にダイエット面で見るとカルシウムや鉄分・亜鉛などは不足すると太りやすくなるとも言われているため、痩せたい方にとってもとても大切な栄養素です。
 
汗から失いやすいこの時期だからこそ、意識して補っていきたいですね。


スポンサーリンク


夏野菜はダイエットの敵?

身体を冷やす効果がある夏野菜ですが、摂り過ぎてしまうと内臓から冷えにつながってしまい、血行が悪くなったり、体調不良を起こしてしまう可能性があります。
 
私自身冷えがひどかった時期には病院で原因がわからないと言われる体調不良を起こすことがよくありました。
 
体調が悪いというところまで行かなくても、便秘やむくみがひどくなる原因につながります。
 
他にも
 
・頭痛
・肩や首のコリ
・肌トラブル
・だるい・疲れやすい
・食欲低下
・免疫力の低下
・便秘や下痢
・生理痛
・不眠
 
などの原因にもなります。
そのため、食べ過ぎには十分注意しましょう。
 
また、朝の涼しい時間帯や夜中クーラーをつけっぱなしの場合は朝に身体が冷えている場合もあるので、ぜひスープにして温かい状態で食べることをおすすめします。
 
他にもスパイスを使っているカレーにトッピングするのもいいですね。
 
冷えはダイエット面でも健康面でもマイナスになるので、身体を触ったり、体調をみながら食事メニューを考えていきましょう。

ダイエット中に取り入れたい夏野菜

トマト

ダイエットにいい野菜といえばこれ!というくらいおすすめされているものですよね。特に有名なリコピンは加熱することで吸収率が上がると言われているため、そのまま食べるだけでなく加熱料理にも使えます。
 
栄養と効果
 
【リコピン】
高い抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去してくれるため、肥満防止やアンチエイジング・美肌づくりに効果的です。
ガンや生活習慣病の予防にもなるので、美容面・健康面のどちらもサポートしてくれる栄養素です。
 
【カリウム】
塩分の排出をサポートしてくれるため、外食や飲み会の次の日のむくみ対策にぴったりです。
外食の時にも一緒に取り入れましょう。
 
【ビタミンC】
高い美肌効果があります。
コラーゲンの生成や活性酸素の除去・シミ予防・肌代謝アップなど、様々な角度から美肌を目指せます。
 
【ビタミンE】
高い抗酸化作用のあるこちらは若返りのビタミンとも呼ばれるほどアンチエイジングに効果的です。
ビタミンCと相乗効果を得られるので、同時に摂れるのは嬉しいですね。
 
【食物繊維】
野菜といえばこれが含まれているイメージありますよね。
便秘の解消に効果的です。
お通じが悪くなってしまうと代謝や免疫力の低下・肌トラブルなどの悪影響があるので気をつけましょう。

オクラ

 
最近テレビでも血糖値を下げる薬味として紹介されていました。茹でて醤油をかけ、かつお節をまぶすだけでもう一品できてしまうので、ぜひ食卓にプラスしましょう。
 
栄養や効果
 
【βカロテン】
体内でビタミンAに変換されます。
目や皮膚の健康をサポートしてくれます。
また、他のビタミンの働きをサポートしてくれるため、ぜひオクラ以外にもビタミンたっぷりの野菜と一緒に食べましょう。
 
【ビタミンC】
トマト同様こちらにも含まれているビタミンです。
殺菌効果によるニキビ対策や美白効果・代謝アップによる毛穴の引き締めなどの効果も期待できます。
【ビオチン】
三大栄養素の代謝をサポートしてくれるこちらの働きにより、疲労回復効果や美肌・美髪効果を得ることができます。
体力をつけたい方にもおすすめの栄養です。
 
【食物繊維】
オクラにはペクチン・アラバン・ガラクタンという食物繊維が含まれています。
便秘の解消というイメージの強い食物繊維ですが、他にも血糖値やコレステロール値を下げる働きをしてくれます。
 
【鉄分】
特に女性は不足しやすいですよね。
不足すると貧血やだるさ、代謝の低下などの原因になります。
あっかんべーをした時に内側が白くなっている方や、氷を食べたくなる方は不足してしている可能性があるのでしっかり補いましょう。
ビタミンCが吸収率をあげてくれます。
 
【カルシウム】
骨の健康に欠かせないこちらですが、不足すると太りやすくなる栄養素とも言われています。
若い頃はカルシウム貯金ができていますが、成人してからは蓄えることができないため、日々の食事で補うことが大切です。
 


スポンサーリンク


きゅうり

野菜で一番栄養がないなんて言われているきゅうりですが、まったく栄養がないわけではありません。
最近ではきゅうりダイエットというものが話題になっており、本も出版されています。
 
栄養と効果
 
【ホスホリパーゼ】
脂肪を分解してくれると言われている酵素です。
酵素は熱に弱いため、加熱せずにも食べられるきゅうりに含まれているのは嬉しいところ。
 
【カリウム】
夏野菜といえばこれ!という感じですね。
と塩分の排出をさぽをサポートしてくれるため、味の濃い食事や食べすぎた時にはより摂りたい栄養です。
お正月太り対策にもとりたい栄養です。
 
【ククルビタシン】
胃液や唾液の分泌を促してくれるため食欲を増進させる効果が期待できます。
夏バテしやすく食欲がなくなりがちなこの季節にぴったりな栄養です。
 
【βカロテン】
皮膚や粘膜の健康維持に欠かせません。
美肌効果を期待できるので、ダイエット目的で食べながらも美肌を目指せますね。
 
【イソクエルシトリン】
老廃部の排出をサポートしてくれるため、デトックスしたい方にもおすすめです。近年デトックス系のダイエットが流行っていましたが、老廃部の排出は様々な効果を得られるのでおすすめです。
 
など。
栄養がないなんていう割には、これだけのものが含まれていて驚きですね。

ゴーヤ

苦味が特に体にいいと言われているゴーヤ。
干すことで栄養栄養価もアップするので、ぜひたくさん摂れるこの時期に長期保存用に干しゴーヤを作っておきましょう。
栄養と効果
 
【モモルデシン】
苦味成分です。
胃腸の調子を整えて、食欲を増進させてくれます。
頭痛の改善や血糖値を下げる働きなど、健康面で様々なサポートをしてくれます。
 
【食物繊維】
便秘の会社に欠かせないこちら。
便秘を解消すると腸内環境が整い、代謝アップや免疫力アップ・美肌効果・老廃物の排出力アップなどの効果につながります。
 
【ビタミンC】
美肌に欠かせないこちら。
ストレスが多い生活やタバコによって失いやすいビタミンなので、日々の食事でしっかり補うことが大切です。
 
【鉄分】
特に女性はしっかりとりたい栄養素ですね。
ヘモグロビンの元になるこちらは不足すると酸素が足りない状態になってしまい代謝の低下につながります。
 
【カルシウム】
骨の健康に欠かせないこちらは牛乳に多いイメージですが、実はゴーヤにはその10倍以上も含まれていると言われています。
1日の摂取目安量が意外と多いので、毎日しっかり補うようにしましょう。
 
など。

トウモロコシ

糖質制限のダイエットが流行ってから糖質量の多いトウモロコシは太りやすいイメージがついてしまっているかもしれませんが、実は取り入れ方によってはプラスになります。
 
甘みが強いため、今まで完食にお菓子を食べていた方はそれをこちらに変えるだけで体に良い気がしますね。
栄養と効果
 
【ビタミンB群】
糖質や脂質・蛋白質の代謝をサポートしてくれます。
糖質の代謝をサポートすることは疲労回復にも繋がります。
美肌や口内炎にも効果的。
 
【ビタミンE】
高い抗酸化作用があり若返りのビタミンとも呼ばれるほどアンチエイジングをサポートしてくれます。
抗酸化作用のもつ活性酸素を除去する働きによって、健康面・美容面・ダイエット面をサポートしてくれます。
 
【カリウム】
塩分の排出をサポートしてくれます。
塩分は摂りすぎると余分な水分を蓄えてしまう原因になるので、濃い味の食事が好きな方はぜひとるようにしましょう。
 
【食物繊維】
便秘の解消のために欠かせない栄養素といえばこちらですよね。食物繊維で内側からの対策をしたらマッサージや運動で外側からの便秘対策も行いましょう。
 
【鉄分】
血液中のヘモグロビンのもととなる鉄分は白米に比べて8倍近くも含まれていると言われています。
貧血防止や代謝の低下を防ぐためにぜひ補いましょう。
スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です