運動と食事には痩せる時間があった!?

痩せる時間 食事 運動

image

仕事や家事、子育てによって決まってくる食事の時間。忙しくてなかなか時間をとれないという方も多そうですね。

実はそんな食事の時間を変えるだけでもダイエットに効果があるのです。毎食この時間にするというのは大変かもしれませんが、1日一食変えるだけでも変化があるのではないでしょうか。

だらだら食べてしまっている(子育て中の私です。笑)という方も、少しメリハリをつけるだけでダイエットができそうなこの内容。

きつい食事制限に比べたら簡単にできそうです!

スポンサーリンク
330×280

ダイエットのカギは規則正しい生活

ダイエット中の食事は規則正しくとることが大切です。1日が24時間に対して人間の体内時計は25時間になっています。よって、規則正しい生活をするためには、意識していかなくてはなりません。

痩せるためには朝食をしっかり摂ることが大切だと言われています。朝食を食べないでいると体が飢餓状態と勘違いして次に食事をとったときに必要以上に栄養素を蓄えてしまい肥満につながります。

そして、夜更かしをして睡眠時間が短くなってしまうと〝グレリン〟という脂肪を増やす働きをする物質が過剰に分泌されます。

規則正しい生活がダイエットや健康にいいのは、このように体内の仕組みと関係があるからです。

しかし、勘違いしないでほしいのは、お腹が空いていなくても時間になったら食べなくてはいけないと思ってしまうことです。

お腹が空いていないということはその前の食事での摂取量が多かった可能性があります。そこにさらに食事をしっかり摂ってしまうとカロリーオーバーになってしまい肥満につながります。

食事量は腹八分目に抑え、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

朝食は7時

朝食をとる時間は7時が一番いいと言われています。さらにそれが、起きてから30分以内だと脂肪の吸収を抑えてくれる効果があります。

朝ごはんをしっかり食べると1日の代謝が上がるため食事でとったものをしっかりとエネルギーに変えてくれるため脂肪を蓄積しにくくなります。

img_5995-1.jpg

また、朝食でしっかりとたんぱく質を摂取すると、1日の消費カロリーを抑えることができます。

おすすめメニュー

具沢山のお味噌汁

おすすめは玉ねぎ・わかめ・ほうれん草・お豆腐が入ったお味噌汁。

腸内の環境を整える作用のある食材で体内からしっかりデトックス!味噌の塩分が気になるのでほうれん草を入れて塩分排出を!

タンパク質や栄養素が豊富なたまごを入れてもおすすめです!

バナナ

酵素やカリウムが豊富なバナナはデトックスタイムの朝にピッタリです!寝ている間に体内で消化された不要な栄養素の排出を促します。
寝ている間に汗から失われたブドウ糖やビタミン・ミネラルの補給もできます。

12時の昼食

スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です