運動と食事には痩せる時間があった!?

この時間が起床から5~6時間だと脂肪をつくる細胞の働きが鈍くなります。ダイエット中に控えたいものでも少しなら摂っても大丈夫です。我慢ばかりしてしまうとストレスとなり余計太りやすくなってしまうのでこの時間をうまく活用しましょう。だからと言って食べ過ぎはNGです。

高カロリーなパスタや丼ものなどを食べる時は、主食を食べる前にサラダを食べるようにしてください。それだけで血糖値の上昇を防ぐことができ、脂肪の蓄積を防ぐことができる他、午後の眠気対策にもなります。

ダイエットポイント

高カロリーな食事をする前には必ずサラダを食べましょう!血糖値の急上昇を防いで脂肪をためにくくします。午後の眠気対策にもなります。

よく噛んで食べましょう。

噛むことで体内で行われる消化の負担を減らすことができます。消化の負担を減らすことは代謝アップにもつながるのでダイエット効果あり!
さらにゆっくり食べれば満腹感も得られるので食べ過ぎ防止になります。

スポンサーリンク
330×280

3時のおやつ

この時間は1日の中で一番食べても太りにくい時間と言われています。

理由は

・脂肪を蓄積するBMAL1というたんぱく質が1日の中で最も少ない時間

・血糖値をさげるインスリンというホルモンの働きが1日の中で最も多くなる時間

だからです。

血糖値は高ければ高いほど脂肪を蓄積してしまうので、血糖値が下がりやすいこの時間が一番太りにくいのだそうです。

甘いものが食べたくなったらこの時間に食べるようにしましょう。

4時の運動

この時間から午後5時くらいまでは、運動をすることでさらに痩せやすくなる時間帯です。1日の中で最も体温が高くなっているため、活動消費量がupします。

おやつタイムのあとは運動の効果が出やすい時間。食べたあとに運動をすることでさらに脂肪の吸収を抑えることができるので、おやつを食べて少ししたら軽くウォーキングするといいですね。

ちなみに、ウォーキングははじめの20分は食べた物をエネルギー消費し、20分以降は体脂肪を燃やしはじめます!なのでできれば30分くらいは歩きたいですね。

余談ですが、ハイハイを始めた赤ちゃんがスリムになっていくのは、食べたあとすぐに動き始めるからだそうです。栄養士さんの話では、食べて1時間くらいゆっくりしていれば体重が増えていきますよ、と。裏を返せば1時間以内に動けば身にならないということなので、この点はダイエットに活用できそうですね!

運動後に牛乳やヨーグルトなどの乳製品を食べると筋肉が鍛えられやすくなります!

6時の夕飯

スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です