2018年!私的に効果のあったダイエット!おすすめランキング!

2018年も残り3ヶ月をきりました。
毎年毎年新しいダイエット方法が次々とでてきますが、自分に合う方法は見つかりましたでしょうか。
 
肌の露出度が高かったり、プールや海などでのイベントがある夏に向けてはダイエットのモチベーションも上がりやすいと思いますが、秋から冬にかけては食欲が出やすい時期でもありますよね。
 
ハロウィンやクリスマス・年末年始などのイベントによって食べ過ぎてしまうこともあるので、なかなかスムーズに進まないなんて方も多いはず。
 
そこで今回はわたしが過去に行ったダイエット方法で特に効果があった方法を紹介していきたいと思います。
 
私のブログでは主に食事に取り入れられるものを紹介してきましたが、わたし自身が試した結果、やっぱり続けられるもの・続けられないものがありますし、続いたとしても体重や体型の変化には繋がらないものもありました。
 
わたしがうまくいったものでももちろん人によっては合わない場合もあるとは思いますが、ぜひ参考にしていただけたらと思います。
スポンサーリンク
330×280

第5位!温活

冷えは万病の元とも言われていますが、その冷えを改善し、体を温める方法として温活というものが話題になりました。
 
わたし自身20代前半の頃は冷えがとてもひどく、手足だけでなく、太ももやヒップ・お腹周りなどどこを触っても一年中冷えた状態。
 
冷えが原因で起こるのは肥満やセルライトができてしまうことだけでなく、体調不良にもつながります。
 
体調を崩すことも多かったわたしですが、温活をはじめてからは全くといっていいほどかかなかった汗をかくようになったり、体調を崩すことも減りました。
むくみにくくもなり、身体が常にスッキリしている感覚です。
 
方法
 
とにかく身体を冷やさない生活を心がけます。わたしが主に行っていたのはこちら。
 
・朝食はスープや温かいドリンクを飲む
・蒸し生姜パウダーを毎日の食事に取り入れる
・冷たいドリンクは飲まずに常温か温めたもののみ
・スパイスを取り入れる
 
・適度な運動
・モコモコの靴下やパンツを活用
(寝るときの靴下はNG)
・冬場はルームウェアもモコモコ
・家でまったりしているときは湯たんぽを活用
(お腹や股の部分を温める)
・ホットマスクで首や目を温める
・ふくらはぎを鍛える(血行促進のため)
・質の高い睡眠を心がける
・下着のサイズはしっかり測って体に合ったものにする
 
 
など。
全てを一気に始めなくても一つづつ取り入れていきましょう。身体を冷やす原因になる冷たいドリンク・カフェイン・アイスクリーム・砂糖たっぷりのお菓子などは控えめに。
 
ファッションを重視すると冷えやすい格好になってしまうこともあると思いますが、そんなときはぜひ家に帰ってからしっかりと身体を温めることを意識してください。
 
わたしは外ではファッション重視でも、家に帰ったらすぐに暖かいモコモコの洋服を着たり、ブランケットを活用するようにしています。
 
冷えを改善することで代謝が上がりやすくなり、痩せやすい体質になるだけでなく、美容面や健康面もサポートしてくれます。
 
筋力の少ない女性は冷えやすいのでぜひ改善していきましょう。

第4位!夜納豆ダイエット

日本人の食卓に欠かせないイメージが強い納豆。
最近では発酵食品がとても人気を集めているため、意識して食事に取り入れている方も多いのではないでしょうか。
 
安いのに栄養価が高くダイエットや美容にも効果的でいいとこだらけですよね。
朝食で食べるイメージが強い納豆ですが、実は夜に食べるのも身体にとってはとてもいいんです。
 
ちなみにわたしは大根おろしやキムチなどと一緒に食べるようにしていました。
 
 
方法
 
夕飯の時に納豆を取り入れるようにします
置き換えダイエットではないので、食事はバランスよくしっかりとたべましょう。
 
こういうダイエットだと毎日しっかり食べるという方法がよくありますが、納豆の場合、イソフラボンの取り過ぎは身体に良くありません。
 
そのため毎日ではなくても大丈夫です。
週の半分以上は納豆を取り入れることをおすすめします。
 
その他の大豆製品をとるときは過剰摂取にならないよう気をつけましょう。
 
効果
 
・ナットウキナーゼによる血液さらさら効果
・食物繊維による便秘の解消
・発酵食品のため酵素をとることができる
・女性ホルモンをサポートする
・美肌やアンチエイジング
・ダイエットに必要なタンパク質を補える
(朝食でしっかりタンパク質を補うとその日1日の摂取カロリーを抑えられると言われています。)
 
夜に食べる効果
日本の朝食でてるイメージの強い納豆ですが、実は夜に食べるとより効果的だと言われています。
それな血液をサラサラにしてくれるナットウキナーゼの効果によるものです。
 
夜といえば寝ている時間帯なので、日中に比べると水分を摂らなくなりますよね。運動もしないため、この時間帯は血液がドロドロになりやすいと言われています。
 
そのため、血液さらさら効果のあるナットウキナーゼを夜にとることでそれを防ぎ、より効果的になるのです。
血液がサラサラになると代謝が上がったり、美肌効果や、老廃物の排出力が上がるなどたくさんの嬉しい効果を得ることができます。
 
ナットウキナーゼは10~12時間ほど働いてくれると言われているため、寝ている間中頑張ってくれそうですね。
また、食べるときは熱々のご飯ではなく、少し冷めたご飯にかけると栄養素を損なわなくなります。


スポンサーリンク


第3位!ウォーキングダイエット

ダイエットといえば有酸素運動!有酸素運動といえばウォーキングやジョギングですよね。
どちらも効果的だと思いますが、体力のない私にとって続けやすいのはウォーキングでした。
 
外の気持ちいい日差しや空気の中でのウォーキングは気持ちもすっきりとしストレスの発散にもなります。
 
毎日のようにウォーキングをしていた時期が私が過去に一番痩せていた時期なので、歩くことはとてもオススメです。
産後も8kgくらいになった息子を抱っこ紐でお散歩がてら1時間近く歩いていたときは一週間たたずに−2kgという結果でした。
 
ストレスの溜まりやすいダイエット中の気分転換にぜひ外に出て歩くようにしましょう。
 
効果
 
では気になる効果です。
・脂肪の燃焼を促す筋肉を鍛えられる
・引き締め効果
・血行促進とそれによる効果を得られる
・美肌
・むくみの解消
・肩凝りの解消
・ストレス解消
・全身運動になるので全体的に痩せたい時には特におすすめ
などなど。
 
全身の筋肉を鍛えられるため、バランスよく痩せたい時にはぴったりですね。
運動をするだけでもカロリー消費ができるのですが、それによって筋肉量を増やすことができれば代謝も上がりますし、引き締め効果も得られます。
 
ダイエットというと体重にとらわれがちですが、体重がかわっていなくてもあ見た目での変化を実感できるので、ぜひボディチェックも毎日行いましょう。
 
ここが太いからダメだとネガティブに考えるのではなく、ここがこうなるともっとキレイになれる!と前向きに楽しく行っていきましょう。
 
方法
 
なるべく毎日ウォーキングの時間を確保しましょう。
 
ウォーキングダイエットは20分以上やらないと効果がないと言われていましたが、ここ数年では1日のトータルの時間で20分を超えればいいと言われるようになりました。
 
20分を超えてから脂肪が燃えやすくなるので、ぜひ1日のトータルが30分以上になるように行いましょう。
とは言ってもいきなり行うのは嫌になってしまうかもしれないので、最初は10分だけ!とか続けやすくなる気がなくならないような時間から始めるといいですね!
 
たった10分でも普段サボっている筋肉を動かすことに繋がり、血行促進や代謝アップにつながっていきます。
 


スポンサーリンク


第2位!足パカダイエット

簡単なのに効果をはっきり実感できたのがこれ。足パカダイエットです。
こちらも産後ダイエットで大活躍でしたが、むくみの改善や、太ももの隙間の変化・体重の変化を私は一週間で実感できました。
 
そしてこのダイエット、なにが嬉しいかというと家の中で簡単にできるということです。
食べ物系のダイエットだとその食べ物を買いに行かなくてはならないし、ウォーキングやジョギングは家を出なければできないですよね。
 
ですが、これは思い立ったらすぐに行動できるのです。
2歳の活発な息子がいても私は毎日できています!(時々邪魔されますが。笑)
 
ぜひ隙間時間を活用しましょう。
 
効果
・下半身痩せ
・ウエストを引き締める
・血行を促進する
(冷え性やむくみの改善に繋がります。)
・骨盤の歪み改善にもつながる
・太ももの大きい筋肉が鍛えられ代謝アップにつながる
 
など。
 
特に女性は下半身痩せしたいと思っている方が多いように思えるので、下半身を重点的に鍛えられるダイエット方法は嬉しいですね。
 
方法
ではやり方です。
 
まず横バージョンです。
 
1.仰向けに寝た状態で足をまっすぐ上にあげます。
(足が床に対して垂直になるように。)
2.ゆっくり足を左右に開きます。この時膝が曲がらないように気をつけます。
3.開いたら元に戻します。これを繰り返します。
開いた状態で5秒ほどキープするとより足に負荷がかかって効果的です。
 
足は開ききらないように途中で止めましょう。
30回くらいを目安に行えるといいのですが、やり始めは無理をせず、できる範囲でおこないましょう。
 
次に縦バージョンです。
 
1.仰向けに寝転がります。足は伸ばしてください。
2.まず右足を床から30センチほどゆっくり持ち上げ、そのままゆっくりおろします。
3.10回ほど行ったら反対の足も行いましょう。
 
こちらも持ち上げた時5秒ほどキープするとより負荷がかかります。
 
次は横向きです。
 
1.横向きに寝転がり、下になっている腕は肘をついて頭を支えます。(テレビを見ているお父さんの姿と言って伝わるでしょうか。笑)
2.上になっている足をぐーっと持ち上げます。30°くらい持ち上げたらおろします。
これを10回ほど繰り返したら反対の足も行いましょう。
 
 
これらを毎日繰り返すことで、ウエストや下半身痩せに繋がります。

第1位!亜麻仁油ダイエット

食べるだけでいいこちらのダイエットは運動嫌いさんにぴったりです。
 
私は具沢山のお味噌汁が大好きなのですが、毎朝そこにプラスして食べていただけで何をやっても減らなかった体重が一週間で1キロ以上減らすことができました。
 
お通じもよくなるので便秘になりやすい方にオススメです。
 
効果
 
・血行促進
・美肌
・アレルギー症状の緩和
・便秘の解消
・ダイエット効果
・コレステロール値の改善
・脳の活性化
など。
 
油はダイエット面だと控えたくなるイメージが強い方も多いと思いますが、実は私たちの体のためには欠かせないものです。
 
控えすぎてしまうと肌の乾燥や便秘などさまざまな不調に繋がります。
 
揚げ物やトランス脂肪酸などの体に良くない油は控えるべきですが、亜麻仁油やオリーブオイルのような質の良い資質はしっかりと摂るようにしましょう。
 
方法
 
毎日の食事で料理にかけて使いましょう。
私はお味噌汁や豚汁にかけて使いましたが、ドレッシングなどにも活用できます。
 
味が嫌だという声も聞くので、そういう方は私のようにお味噌汁やカレーなどの味の濃いものに使うといいですね。
 
使う量は1日で小さじ1までにしてください。
早く痩せたくても摂りすぎは禁物です。
これだけはしっかりと守るようにしましょう。
 
また、熱には弱いので、加熱調理には使用せず、出来上がったお料理にかけて使うようにしましょう。
スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です