シナモンダイエットで痩せた!?効果・効能・副作用などご紹介!

寒くなってくる季節、暖かい飲み物を飲む機会が増えますよね。なかには、身体のことを考えて一年中あたたかい飲み物を飲んでいる方もいると思います。
冷たいドリンクは内臓を冷やしてしまい、それが冷え性の原因にもなってしまうのですが、冷えは太りやすくなるだけでなく、身体に様々な不調が起こります。
そのため、ダイエットにかかわらず美肌のためにも健康のためにもぜひ暖かいドリンクを飲んで欲しいのですが、そのときにぜひプラスして欲しいものがあります。
それがシナモンです。

ドリンクにプラスするよりもお菓子づくりに活用するイメージが強い方も多いかもしれませんが、もちろんドリンクにも合います。
私はよくコーヒーや紅茶に合わせるのですが、白湯に入れる方法やココアに入れる方法など、寒くなる時期には雑誌などでもいろんな方法が紹介されているんです。
血行促進やシミ対策・頭痛対策にも嬉しい効果をたくさん得られるシナモン。ぜひおうちに1つ用意して日々のティータイムに活用してみませんか。
スポンサーリンク
330×280

シナモンとは

数ある肉桂(にっけい)属の樹木皮から作られるスパイスの1つです。スパイスは身体にいいイメージが強いので、日々使っている方も多いのではないでしょうか。
その香りの高さからスパイスの王様とも呼ばれているんだとか。甘いものに使われるイメージがありますが、意外とそんなことはなく、私の母が一度餃子の臭みとりに使ったのですが、意外と美味しく食べられました。
パウダータイプとスティックタイプがあり、スティックタイプはよくクリスマスリースなどにも使われています。
ドリンクの香りづけにはスティックタイプでも活用できますが、健康目的であればぜひパウダータイプのものを選びましょう。
パウダータイプのものには砂糖と合わせてあるものもあるので、選ぶときは砂糖のないものをおすすめします。

シナモンの栄養

【カロリー】
100gあたり360kcal。
小さじ1 約10kcal。

【ビタミンB1】
糖質の代謝をサポートします。
疲労回復効果も期待できます。

【ビタミンB2】
脂質の代謝をサポートします。
皮膚や粘膜の機能を正常に保つため、肌荒れや口内炎対策にも効果的です。

【カリウム】
塩分の排出をしてくれるミネラルです。
食べ過ぎた次の日や飲み会の後のむくみ対策にも効果的です。

【鉄分】
血液中のヘモグロビンをつくるもとになります。
不足すると貧血の原因になるだけでなく、太りやすくなるとも言われています。

【亜鉛】
味覚を正常に保つために欠かせない栄養素です。
不足すると太りやすくなるといわれているのでダイエットにも欠かせません。

【マグネシウム】
歯や骨の形成に欠かせないミネラルです。
ストレスの緩和にも効果的だと言われています。


スポンサーリンク


シナモンの効果・効能

血液の流れを良くする

血管の健康を保ってくれるシナモン。毛細血管にまで効果があると言われています。

また、血管を拡張する効果もあるので、血行の改善にも繋がり、酸素や栄養素などをしっかり運べるようになるため、美肌などの効果も得られるのです。
血行が良くなると

・冷えの改善
・代謝アップ
・老廃物の排出を促す
・美肌、美髪
・疲労回復
 
など、たくさんの嬉しい効果を得られます。
ダイエット面で言えば、むくみの解消はセルライト予防になりますし、代謝を上げれば痩せやすい体質を目指せますよね。
さらに、脂肪が冷えていると痩せにくいとも言われているので、そのを改善するのもダイエット効率を上げられるのです。

血行を改善するだけでこれだけの効果を得られるので、ぜひシナモンだけでなく、様々な方法を取り入れていきたいところです。

血糖値を安定させる

血糖値を安定させてくれる効果もあるため、こちらも健康面だけでなく痩せたい方にも嬉しいですよね。

血糖値は食事の方法や食べるものによって上昇の仕方が変わってくるのですが、急上昇をしてしまうとそれを下げるためにインスリンというホルモンがたくさん分泌されます。
このホルモン、エネルギーとして使い切れなかった糖を身体に蓄えてしまうというちょっと厄介な面もあるので、痩せたい方はぜひ血糖値をにも気をつけましょう。
シナモンには、その効果を期待できるプロアントシアニジンという成分が含まれています。
そのためぜひ食事と一緒にこれを使ったドリンクを飲むといいですね。

食後に眠くなりやすい方は血糖値が上がっている場合が多いので、ぜひそれも目安にしてみてください。


スポンサーリンク


抗酸化作用による効果

これらスパイスには高い抗酸化作用があるため、体内の活性酸素というものを除去してくれる働きがあります。
そのため、
・美肌
・アンチエイジング
・肥満防止
・ガン
・生活習慣病
などの予防になるのです。

そもそも活性酸素というものは体内に少しはあるものなのですが、これはタバコや大気汚染・ストレス・食品添加物・紫外線などによって増えます。
増えてしまうことで細胞を酸化させてしまい、それが肥満や生活習慣病・肌トラブルや老化の原因になるのです。
とは言っても紫外線や大気汚染・ストレス・食品添加物などはなかなか避けて通れないですよね。
そのため、除去することがとても大切になります。
抗酸化作用簡単にとれるものをぜひ取り入れていくといいですね。

便秘の改善

腸の働きを整えてくれる効果があるので、腸内環境を整えたい方や便秘の方にもおすすめです。
腸内環境を整える腸活というものも話題になりましたが、腸内環境を整えるだけで様々な嬉しい効果を期待できます。
特に免疫細胞の7割があると言われているため免疫力を上げたい方にもおすすめです。

他にも
・代謝が上がる
・美肌
・口臭や体臭の改善
・アレルギー症状の緩和
・ストレスの軽減
・自律神経を整える
などが期待できます。

毎日のお通じが来ていない方だけでなく、すっきり感のないという方や、1日一回しかでないという方もぜひ取り入れてみるといいですね。


スポンサーリンク


リラックス効果

アロマテラピーでも用いられているこちらの香りはリラックスしたいときにもおすすめです。
飲むときに一振りしただけで香りが漂いますよね。
この香りには心の疲れを癒してくれる効果があると言われているので、肉体的な疲労ではなく、精神的に疲れている方におすすめです。
飲まなくても香りで効果を得られるのは嬉しいですよね。

また、この香りには記憶力や集中力を高めてくれると言われているので、勉強の合間に疲れてしまったときなどにも良いですね。
ホッと一息つきたいときにはぜひおすすめです。

シナモンダイエットの方法

シナモン 入りのドリンクをぜひ毎日の食事やティータイムに取り入れましょう。
摂取量の目安は一日小さじ一杯ちょっと以下なので、大量摂取にならないように気をつけてください。
そして暖かいドリンクで飲むように心がけ、体の内側から冷えも改善していきましょう。

少しプラスするだけなので劇的に痩せるということは期待できません。短期ダイエット向きでもないです。
そのため、シナモン をとっているから大丈夫!と思ってしまわずに、普段から食事のバランスに気をつけたり、腹八分目ですませるなどの基本的なこともしっかりと意識していきましょう。
そして適度な運動もぜひ行ってください。

冷えによる悪影響

血行促進効果を期待でき、さらに温かいドリンクと合わせやすいスパイスなので、冷え対策にもぜひ取り入れたいですね。
身体が冷えてしまうと以下のような不調の原因になります。
・頭痛
・腰痛
・むくみ
・生理不順や生理痛
・トイレが近くなる
・肌トラブル
・不眠
・だるさや疲労
・便秘または下痢
・風邪をひきやすくなる
など。

ここに書いたのはごく一部ですが、冷えを解消することでこれらの解消に繋がるのならぜひ行いたいですよね。
温活なんて言葉もここ数年、すごく話題になっています。
冷えは万病のもとともいわれるほど身体に良くないので、ぜひ改善していきましょう。


スポンサーリンク


シナモンを使ったおすすめドリンク

シナモン紅茶

一番抵抗なく飲める組み合わせはこれではないでしょうか。
私はフルーツティーにもよくシナモン をプラスしています。
アップルティーなんて最高の組み合わせだと思っているくらい。笑
一時期生姜紅茶が身体にいいと話題になりましたが、そこにプラスしたらさらに身体を温めてくれる効果が上がりそうですね。

シナモンコーヒー

毎日飲む方も多いコーヒー。
カフェインが強いコーヒーは特に運動前に飲むとダイエット効率をあげると言われています。
コーヒー自体もここ数年、健康にいいととても話題になっています。
甘いコーヒーが好きな方は毎日飲むのはあまりおすすめではないですが、ブラックや甘くないカフェラテなどが飲める方はぜひそこにもプラスして飲んでみましょう。

スパイス白湯

朝一に白湯や水を飲む健康法、話題になりましたよね。
デトックスやダイエット、美肌にいいと言われているので毎日飲んでいる方も多いはず。
そこにシナモンやクローブなどのスパイスを入れたものをスパイス白湯といいます。
特に寒い時期は冷えている身体を温めるのにもぴったり。
なおかつカロリーを気にせず飲めますよね。
朝の体温が低い時間帯にぜひ飲みましょう。

ホットワイン

ワインといえば美容にいいアルコール飲料です。
常温や冷やして飲むことが多いと思いますが、ぜひホットワインにしてみてはいかがでしょうか。
私が初めて飲んだときはすごく身体が温まってびっくりしました。酔いも早くなる気がします。
ホットワインにするときはオレンジジュースを混ぜて温めたら、レモンやシナモンなどのスパイスを入れるといいですね。

スパイスココア

生姜ココアが数年前にとても話題になりました。
ぜひそこにもプラスしちゃいましょう。
ココアは市販のミルクココアが美味しく飲めますが、それだと砂糖が多く入っているのでダイエット向きではありません。
ピュアココアを買って牛乳とハチミツで作ることをおすすめします。

摂取量と副作用

どれだけ身体にいいといわれているものでも、過剰に摂取すると逆に不調に繋がってしまったり、副作用が出てしまう場合もあります。
そのため摂取量は必ず守るようにしてください。
その摂取量ですが、1日3グラムまでといわれています。

小さじ一杯ちょっとくらいだそうですので、軽くふりかけるくらいであれば問題なさそうですね。
過剰摂取してしまうと、シナモンの香り成分であるクマリンという成分によって肝障害が起こってしまうんだそうです。
かわいい名前なのに恐ろしいですね。←

早く痩せるためにたくさん摂りたい気持ちにもなってしまいますが、過剰摂取をしてしまわないようにだけ気をつけましょう。
また、シナモンの効果は持続しにくいといわれているので、一度にたくさん摂るのではなく、何度かに分けて摂るといいですね。

妊娠中は控えよう

1日の摂取量を書きましたが、妊娠中はまた別になります。
結構促進は体に良いと書きましたが、妊娠中の場合それが子宮の収縮にも繋がってしまう可能性があると言われています。
シナモンだけでなく、スパイスは控えたほうがいいと言われているものばかりなので、妊婦さんはとらないように心がけましょう。

シナモン を買うときに気をつけたいところ


シナモンにはスティックタイプとパウダータイプがありますが、お料理に使う場合はパウダータイプを用いることが多いと思います。
そのパウダータイプを選ぶときに気をつけたいことが砂糖入りではないことです。

シナモンはシナモンのみのタイプが売られているものと、シナモンシュガーとして砂糖と合わさったものが売られています。
砂糖が合わさっている方がサラサラになっていて少し使いやすく美味しいのですが、ダイエットや美容・健康のことを考えると砂糖は出来るだけとりたくないですよね。
なので、砂糖の入っていないものを選ぶことをおすすめします。

紅茶などで甘みが欲しい場合は、砂糖ではなく、ハチミツやオリゴ糖などの体に良いものを選んで使うようにしましょう。
最近ではダイエットや健康のために砂糖断ちをする方が増えているようです。痩せた!という声だけでなく、疲れにくくなったりむくみにくくなったりなどの体の変化を感じられるので、シナモンシュガーだけでなく、砂糖全般の摂取量も見直せると良いですね。
スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です