ダイエットにもおすすめ!ほうじ茶の効果とは!カフェインはある?

最近カフェやお店でほうじ茶を使ったスイーツやラテを販売しているのを目にします。
スタバやコンビニ・無印良品など全国的にあるお店でもよく見かけるようになりました。
 
数年前にもためしてガッテンというテレビでリラックス効果がなるなどと紹介されていたのも覚えています。
 
ラテと言えばコーヒーや紅茶・抹茶のイメージしかなかった私は、友人がほうじ茶ラテを作ってくれた時に美味しいのか半信半疑で飲みました。笑
 
友人が作ってくれたものは甘さもあり、初めて飲んだ私も美味しくてしばらくはまっていました。
 
そこで今回は最近人気のほうじ茶について、気になるカフェインや栄養素・効果など詳しくご説明していきます。
この記事を見てくださっている方の多くはダイエットに興味がある方だと思うので、市販の甘さが強いものはなるべく避け、家で砂糖なしのものを楽しみましょう。
スポンサーリンク
330×280

ほうじ茶とは

緑茶の一種です。淹れてみると色はウーロン茶や紅茶のような茶色をしているのですが、種類としては緑茶の一種なんです。
 
茶葉のつみ残りなどから作る規格外の番茶というものがあるのですが、これを炒って(焙じて)淹れたものがほうじ茶です。
 
この炒る家庭があることでカフェインが少なくなるため、飲み過ぎをそこまで心配する必要がないというところも嬉しいですね。
香りが良く、リラックス効果があるとも言われているため、仕事の合間や家事の合間にホッと一息つくときにおすすめです。
 
スーパーではペットボトルタイプから茶葉・ティーパックのものなど、様々な形で売られているので、日常生活に取り入れやすいですね。
 
コンビニなんかでは寒い時期にホッとで売られているので、ぜひ冷え対策のためにも温かいほうじ茶を飲みましょう。

ほうじ茶の栄養

【カテキン】
ポリフェノールの一種で高い抗酸化作用があります。
緑茶やワインなどにも含まれている成分です。
抗酸化作用は活性酸素の働きを抑制してくれるため、それによる美容効果や健康効果を期待できます。
 
 
【ビタミンE】
若返りのビタミンとも呼ばれているこちらにも高い抗酸化作用があるため、アンチエイジングや肥満予防にもぴったりです。ビタミンCと一緒にとることで相乗効果が期待できます。
 
 
【クロロフィル】
消臭効果があるため、体臭や口臭予防にぴったりです。
出がらしを乾かしておけば消臭剤としても活用できます。
【テアニン】
アミノ酸の一種であるこちらにはリラックス効果があります。
ストレス社会と言われている現代ではとても嬉しい効果ですね。さらに集中力アップにも役立ちます。
 
 
【カフェイン】
こちらは多少ですが含まれていることが多いです。
カフェインには脂肪の燃焼効率を上げたり、覚醒作用があるため眠気覚ましにいいですが、睡眠の妨げになってしまうこともあるので、摂取する時間に気をつけたいですね。
【タンニン】
紅茶などに含まれているタンニンも多少ですが含まれています。鉄分の吸収を阻害してしまうため、摂りすぎは貧血につながる可能性があるため、摂取量には気をつけたい成分です。


スポンサーリンク


カフェインの含有量は?

お茶といえば気になるのはカフェインですよね。
寝る前や子供のドリンクとして、または妊娠中のドリンクとして飲めるかどうか気にする方も多いと思います。
まず、ほうじ茶には少しですが含まれています。
ですが、コーヒーなんかに比べれば少なめですね。
 
100mlあたりのカフェイン
 
・コーヒー 約60mg(種類によって変わります)
・抹茶 約60mg
 
・紅茶 約30mg
・ウーロン茶 約20mg
・ほうじ茶20ml
 
・ルイボスティー 0mg
・麦茶 0mg
・黒豆茶 0mg
 
です。
少なめとはいっても小さなお子さんや妊娠中は控えることをおすすめします。
 
妊娠中に関してはよく大丈夫という声も聞きますが、体質は人それぞれです。鵜呑みにしてしまわずに、できることなら赤ちゃんのために控えてあげましょう。
反対に、カフェインは覚醒作用による眠気対策や、脂肪の燃焼効率を上げてくれるといわれているため、運動前や朝に摂取するのはオススメです。

ほうじ茶の効果・効能

ダイエット

ほうじ茶に含まれているカテキンにはダイエットに役立つ嬉しい効果がいくつか得られます。
 
まず、血糖値穏やかにしてくれます。
ダイエットや健康飲料などでよく書かれている血糖値というものですが、これが急上昇するとインスリンというホルモンが多く分泌されます。
 
大切な役割をしてくれる一方で、使いきれなかった糖を体に蓄えてしまうというちょっと厄介な面もあるため、痩せたい方にとってはなるべくこの分泌量を減らしたいですよね。
 
そんな時には血糖値が急上昇してしまわないようにすることが大切です。カテキンはその手助けをしてくれるんですね。
 
さらに、中性脂肪を減少させる効果もあると言われています。
 
脂肪というくらいなので、太っているとこれが多くなるというイメージを持つかもしれません。しかしそれだけではなく、中性脂肪が高いままでい続けることで血管への悪影響が出てしまい、これが心疾患や動脈硬化などの恐ろしい病気につながってしまう可能性もおります。
 
その予防ができるのがカテキンなんですね。
 
健康面でもダイエット面でも嬉しい効果を発揮してくれます。


スポンサーリンク


活性酸素を抑制する

上に書いたカテキンにはもう一つ嬉しい効果があります。
それは高い抗酸化作用があるということです。
カテキンはポリフェノールの一種ですが、ポリフェノールといえば抗酸化作用ですよね。
 
さらにほうじ茶にはビタミンEも含まれており、こちらにも高い抗酸化作用があります。
 
抗酸化作用は活性酸素の働きを抑制してくれると言われており、活性酸素のせいで起こりやすいと言われている
・がん
・生活習慣病
・肥満
・肌トラブル
・老化
 
などの予防ができます。
特に抗酸化作用にはアンチエイジング効果が高いと言われており、美容面でもとても注目されています。
 
活性酸素はたばこや紫外線・ストレス・食品添加物・激しい運動・大気汚染などによって増えると言われています。
増えることを避けるのは難しい気がしますが、ほうじ茶を飲むだけで抑制できるのであればぜひ飲みたいですね。
 
 

殺菌作用

風邪予防には紅茶や緑茶がいいというのを聞いたことがある方も多いと思いますが、ぜひこちらのお茶も飲んでみてはいかがでしょうか。
 
このお茶にも抗菌作用や殺菌作用があり、最近やウイルスをやっつけてくれます。
これも何度か出てきているカテキンによるものです。
 
この殺菌作用は風邪予防やインフルエンザだけでなく、口の中でも効果を発揮してくれるため、虫歯予防にもなります。
 
冬場や季節の変わり目は風邪やインフルエンザが流行しますよね。ぜひ予防のために日頃からお茶での予防も取り入れていきましょう。
 
飲むだけならとても簡単にできますね。
 


スポンサーリンク


消臭効果

ほうじ茶に含まれているカテキンやフラボノイドなどのポリフェノールには消臭効果があるといわれています。これはこのお茶だけでなく、緑茶水全部に当てはまります。
 
ポリフェノールの消臭効果はペット用品などにも使われているようですね。
 
また、ほうじ茶にはクロロフィルという成分も含まれており、こちらにも消臭効果を期待できるんです。
 
この働きは飲むことで体臭や口臭予防になるのですが、出がらしを使えば部屋の消臭剤としても使うことができます。
この出がらしは乾燥させて、かわいい便瓶や袋などに入れておけばエコな消臭剤の出来上がりです。
 
最近話題になっているナチュラルな暮らしにも取り入れられますし、ペットや赤ちゃんがいるお家でも安心して使えそうです。

リラックス作用

ストレスが溜まったとき、疲れが溜まったときなどホッと一息つく時にどんなものを欲しますか?
私は決まってコーヒーとチョコレート。私的にイライラした気分が落ち着いく組み合わせです。
 
こんな風に自分の好きなものを毎日飲む方もいるかと思いますが、ホッと一息つきたい時にぜひおすすなのがほうじ茶です。
 
含まれている香り成分であるテアニンやピラジンが脳をリラックスさせる働きをしてくれます。それだけでなく、血行促進もしてくれるんです。
 
ほうじ茶のリラックス作用は以前にテレビためしてガッテンでも紹介されていたので、知っている方も多いのではないでしょうか。
テアニンは緑茶の方が多く含まれているのですが、ピラジンは焙煎するからこそ生まれるので、このお茶ならではですね。
 
リラックスしたい時のドリンクとしてぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

ほうじ茶をダイエットに取り入れる方法

ぜひ毎日の食事中や水分補給に取り入れましょう。
ダイエットとして取り入れる場合はぜひ温かいものを飲むようにして内臓から冷え対策をしていきましょう。
 
冷えとりは代謝アップに繋がります。
 
普段からジュースや清涼飲料水・砂糖入りの紅茶やコーヒーを飲むことが多い方はそれをほうじ茶に置き換えるだけでも、カロリーや糖質の摂取量を減らせます。
 
意外とドリンクでの砂糖の摂りすぎは見落としやすいところなのでぜひここも気をつけてください。
 
また、カフェインが入っているものは寝る前にはとらないことをおすすめします。
覚醒作用があるため、睡眠の質を下げてしまう可能性があります。
 
睡眠ダイエットというものが話題にもなりましたが、痩せるためには質の高い睡眠が欠かせません。
その邪魔をしないようにしましょう。


スポンサーリンク


ほうじ茶ラテの作り方

最近様々な場所で見かけるラテの作り方です。
ダイエットのことを考えたら砂糖は抜きがいいですね。
 
ただ、甘いものがどうしても欲しいくなることもあります。
そんな時は食後に飲むことがおすすめです。
その場合でも1日の砂糖の摂取量に気をつけて飲みましょう。
 
砂糖ではなくオリゴ糖で甘さをつければ体に優しいですね。
香りのいいほうじ茶と砂糖の甘さでストレス発散になりますね。
 
1.ミルクパン(小さい鍋)にほうじ茶の茶葉ティースプーン山盛り二杯と牛乳約200mlを入れて一緒に火にかけます。
2.沸騰する直前に火を止めて色が出たら完成です。
 
砂糖やオリゴ糖で甘さをつけたらさらに美味しくなります。
ほうじ茶と牛乳の割合はぜひお好みで調節してください。
 
私はだいたいこんな感じです。笑

ほうじ茶ダイエットの注意点

砂糖の摂りすぎに気をつける

ほうじ茶といえば最近はラテで売られているのをよく見かけますよね。
家で作るよりも買って飲んだ方が美味しいからついつい買ってしまうという方もいるかと思いますが、 市販のものやカフェなどで売られているものは砂糖を多く使っている可能性があります。
 
普段の食事で栄養バランスやヘルシーさに気をつけていても、ドリンクで多めの砂糖を摂取していたら、せっかく気を使っていても意味がなくなってしまう気がしますよね。
 
そのため、甘さが強いほうじ茶ラテはダイエットをしている時はなるべく避けることをおすすめします。
ストレス発散に甘いもの!という時にはぜひ罪悪感なく美味しくいただきましょう。
くれぐれも毎日になってしまわないように気をつけてください。

妊娠中・授乳中は控える

カフェインは赤ちゃんへの悪影響があると言われているため、妊娠中や授乳中は控える方がいいと言われています。
 
毎日コーヒー飲んでいても大丈夫だったよ!とか
最近はこのくらいまでなら大丈夫!
という言葉をよく耳にしますが、母体や赤ちゃんの体質は人それぞれ。
周りが大丈夫でも自分もそうだとは限りません。
 
そのため、なるべく妊娠中・授乳中は控えるようにしましょう。

寝る前は控えるかデカフェのものを

ほうじ茶にはカフェインが含まれています。
覚醒作用のがあるため、眠気覚ましに仕事前や仕事中に飲む方も多いですよね。
 
その作用がマイナスになってしまう時間帯があります。
それが寝る前です。
睡眠の質を下げてしまう可能性があるため、寝る前にとるのはオススメできません。
睡眠は痩せるためにも健康のためにも大切だと最近特に言われていますが、これはただ単に寝る時間を確保すればいいという話ではなく、質の高い睡眠をすることをおすすめされているのです。
 
カフェインの作用は5~6時間ほどだといわれているので、寝る前6時間以内にはできればとらないようにしましょう。
ほうじ茶はカフェインレスのものも販売されているので、夜はそちらがおすすめです。

水での水分補給もしっかり!

ダイエットでは水分をしっかりとることがおすすめされていますよね。それは水分ではなんでもいいわけではなく、水をしっかりとることをおすすめされているんです。
 
特にほうじ茶のようにカフェインを含んでいる飲み物は利尿作用があるため、普段以上に水分が排出されやすくなります。
 
それを避けるためにぜひほうじ茶だけでなく、水での水分補給も行いましょう。
 
食事の時間はほうじ茶、その他の水分補給はミネラルウォーター。など、決めておいてもいいかもしれないですね。
また、朝一はしっかりと白湯か常温のお水で体を潤わせましょう。
健康のため美容のため、食事だけでなくドリンクに気を使うこともとても大切ですね。
最後までお付き合い頂きありがとうございました!
スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です