ダイエットにおすすめ!いちご酢の効果・効能・作り方などご紹介!

スイーツとの相性もよく、美味しくて人気の高いいちご。
インスタではいちご狩りの写真をたくさん見ました。
私の住んでいる地域では一年中は売られていないため、スーパーに出回る時期には頻繁に購入しています。
3歳になる息子もすきで、食材の買い出しに行くたびに買ってとせがまれます。
 
少し前に栄養素や効果などを書いた記事をアップしたのですが、美容にいいということを知れば知るほど食べたくなってしまいますよね。
で、書いていて思ったのですが、まだビネガーフルーツとしては紹介していませんでした!
 
このブログでは過去にたくさんのフルーツや野菜を使ったビネガーフードをご紹介してあります。
私自身黒酢ドリンクがすきでよく飲むため、様々なものを試してきたのですが、まだ書いていなかったいちご酢について今回は書いていこうと思います。
 
ちなみにこれは少し前にテレビ「教えてもらう前と後」という番組でも紹介されていたそうです。
見逃してしまったので番組に沿った内容ではご紹介できないのですが、より詳しく書いていけたらと思います。
 
どちらの食材もダイエットや美容面で大活躍の栄養素が含まれているので、ぜひ綺麗になるために取り入れていきましょう。
スポンサーリンク
330×280

いちごの栄養

カロリーや糖質が低め、それに加えて高い抗酸化作用のある栄養素が含まれているため、ダイエット中でも気兼ねなく食べられるフルーツです。
 
【カロリー】
一粒あたり5kcal
 
【ビタミンC】
美肌にいいと有名なこちらですが、肌だけでなく、がん予防や風邪予防・骨粗しょう症予防など、健康面でも大活躍するビタミンです。
 
【カリウム】
余分なナトリウムの排出をしてくれることでむくみ対策にいいと言われています。
さらに、筋肉の機能向上や高血圧予防など体に嬉しい効果がいっぱいです。
 
【カルシウム】
少し意外な気がしますが、骨の健康に欠かせないカルシウムも含まれています。骨粗しょう症予防だけでなく、肥満予防にも欠かせません。
 
【ポリフェノール】
肥満や老化・生活習慣病につながると言われている活性酸素を除去してくれる働きがあります。
これを抗酸化作用というのですが、ビタミンCにも抗酸化作用があるため、2つの効果でよりアンチエイジングや病気予防ができそうですね。
 
【キシリトール】
ガムに含まれているイメージが強いですが、いちごにも天然のキシリトールが含まれています。
虫歯予防にいいので子供のおやつにもぴったりですね。
 
【ペクチン】
水溶性食物繊維で便秘の解消に効果的です。
さらに血糖値の急上昇を抑えたり、コレステロール値を下げる働きをしてくれるため、こちらも健康面でも大活躍です。
 
など。
 

酢の栄養

【有機酸】
疲労回復にいいと言われているクエン酸や、酢の栄養として有名な酢酸もこの有機酸の一種です。これだけではなく、酢には多数の有機酸が含まれています。
 
酸っぱいと感じるのはこの成分によるもので、エネルギーへの変換やミネラルの吸収をサポートしてくれる優秀な栄養素です。
 
【アミノ酸】
酢と一言で言っても種類はたくさんありますよね。
その中で特におすすめしたいのが、アミノ酸を豊富に含んでいる黒酢です。
 
他のものに比べると少しお値段が高めですがダイエットや美容面で大活躍の成分です。
 
体にいいと言われている酢の効果のほとんどは有機酸やアミノ酸によるものです。
 
よく聞くビタミンやミネラルが豊富なわけではありませんが、効果を知るときっと毎日摂りたくなると思います。
 
酢は継続してとることがとても大切で、毎日続けていたものを突然やめてしまうと約1ヶ月後には体が元どおりになってしまうと言われています。
 
毎日少しずつ、料理に活用していけるといいですね。
 


スポンサーリンク


いちご酢の効果・効能

ダイエット

ポリフェノールが内蔵脂肪の蓄積を予防する
 
いろんな食材に含まれているポリフェノールですが、どちらの食材にも含まれています。酢はリンゴ酢に特に多いようですね。
 
内臓脂肪といえばぽっこりお腹の原因になりますよね。
冬場は厚着をして隠せても、夏場の薄着では意外とバレてしまう部分。
皮下脂肪に比べると落としやすいとも言われている部分なのでぜひ、毎日飲んでしっかり落としてしまいましょう。
 

さらに活性酸素を除去

 
ポリフェノールの嬉しい効果はもう一つ。活性酸素を除去してくれるところです。
活性酸素は日常生活のストレスや紫外線・大気汚染・食品添加物などによって増えてしまうと言われており、増えると体を酸化(サビ)させてしまうと言われています。
 
これも肥満の原因になるため、太りにくい身体を作るためには活性酸素にも気をつけたいですね。
しかし、ストレスや食品添加物などはなかなか避けられません。
そこで抗酸化作用の高いポリフェノールで除去していきましょう。
酢酸が糖質の吸収を抑制
 
以前テレビで芸人さんが毎食しっかりと米を食べてもダイエットができるという内容で痩せた時に大活躍だったのが酢です。
 
ご飯の時に小さじ1の酢を毎回使って食事をしていただけという手軽さで見事に体重を減らしていました。
糖質制限ダイエットなどで太りやすいイメージがついてしまった炭水化物。それでも食べたい!という時にはぜひリンゴ酢を活用しましょう。
 
血糖値の急上昇を防ぐ
 
ダイエットをしている方はもう気にしている方が多いと思いますが、この血糖値というもの、急上昇してしまうとエネルギーとして使い切れなかった糖を体に蓄えてしまうインスリンの分泌が増えてしまいます。
 
このホルモンは身体にとってとても大切な働きもしてくれるのですが、この面に関しては痩せたい方にとっては避けたいですよね。
 
その対策になるのが血糖値を上げすぎないことです。
上がるほどインスリンの分泌は増えてしまうので上げないようにすることがとても大切です。
 
酢を食事と一緒にとることでその効果を得ることができるため、ぜひ食事にも活用したいですね。

アンチエイジング・美肌

ポリフェノールの効果について上で2つご説明しました。
ダイエットをサポートしてくれるということをお分かりいただけたと思いますが、実はそれだけではありません。
 
なんと美肌効果やアンチエイジング(抗老化)効果も期待できるのです。
 
活性酸素というものが肥満の原因になるとかきましたが、この活性酸素は肥満だけでなく、肌トラブルや老化・さらにはがんや生活習慣病の原因にもなります。
 
太るだけでなく病気になりやすく老けやすいなんて嫌ですよね。
 
ですが、ポリフェノールを毎日の食事でとるだけで、抗酸化作用が活性酸素を抑制してくれるため、それら全ての予防につながるのです。
 
痩せたい方だけでなく、健康な体を目指している方・綺麗になりたい方にもおすすめな成分です。


スポンサーリンク


便秘

いちごにはペクチンという水溶性食物繊維が含まれています。
食物繊維が便秘の解消に効果的だというのは有名ですよね。
 
ですが意外と食物繊維を摂るようにしただけではお通じがこないという方多いんです。そんな方にはぜひ酢をプラスしたこちらのいちご酢をおすすめします。
 
酢は腸のぜん動運動を高めてくれます。ぜん動運動とは筋肉の収縮などによる動きなのですが、実はこのぜん動運動も便秘の改善にとても効果的なのです。
 
便秘が改善されると腸内環境が整いやすくなり、代謝が上がったり、美肌効果を得られたりといいことだらけです。
 
もちろん便秘が1日で改善されるというわけではないのですが、継続することで効果が出てくる方も多いようです。
お通じが来なくて悩んでいる方、ぜひ試してみてください。

いちご酢の作り方

テレビ「教えてもらう前と後」という番組でも紹介されていたようですね。
そこでは氷砂糖を使っていたようですが、私はフルーツビネガーを使う時、美容にいいハチミツを使う方法が好きなので、私はハチミツを使ったレシピをご紹介します。
 
まずはいちごを洗います。
ヘタを摂るとビタミンが流れてしまうのでヘタをつけた状態で洗うようにしましょう。
 
お好みの大きさにカットし、あらかじめ煮沸消毒をしておいた容器に入れます。
私はプラスチックの容器で作ってますが、日持ちさせたい方は煮沸消毒が必須です。
そのため、耐熱ガラスの容器をご用意ください。
 
 
容器に入れたいちごが浸るくらいの酢を入れます。
 
 
 
 
画像の酢の量少なかったので、もう少し多いほうがいいですね。
そしたらハチミツをお好みで入れて、冷蔵庫で一晩寝かせます。
 
 
 
私はハチミツ一周ほど入れました。
そして一日たったものがこちらです。
写真だとわかりにくいのですが、酢が少し赤くなりました。
一晩寝かせたらそのまま食べてもいですし、料理に活用してもいいですね。
毎日摂れるよう飽きない食べ方を見つけることをお勧めします。


スポンサーリンク


いちご酢ダイエットの方法

作ったいちご酢をぜひ毎日の食事に使ったりドリンクとして飲むようにしましょう。
 
食事前や食事中に飲むことで血糖値の急上昇を防ぐことができます。胃の弱い方は食前は避けて食事中に飲むのがおすすめです。
 
また、使ったいちごも食べられるので、おやつで食べるときはこれを食べるのもおすすめです。
酢の摂取量は一日大さじ一杯までにしてください。
過剰摂取は健康面で悪影響が出てしまう可能性があるので気をつけましょう。
 
ダイエットにいいと話題になっていますが、子を食べているからいいやと油断してしまわず、食事のバランスには日頃から気をつけるようにしましょう。
 
適度な運動も効果をしっかり出すためにはオススメです。
 
酢はとるのをやめてしまうと約1ヶ月後くらいには身体が元の状態に戻ってしまうとも言われているので、ぜひ長期的に続けることをお勧めします。

いちご酢の飲むタイミング

食前・食事中

 
まずおすすめなのが食前や食事中です。料理にかけるだけで簡単に摂れるこの方法。
酢には血糖値の急上昇を防ぐ働きがあります。
 
食べ順ダイエットやGI値を気にしながら食事をするダイエット方法でも注目されているのが血糖値ですよね。
急上昇してしまうと糖を体に蓄えてしまうホルモンの分泌が増えます。
 
そうならないように、食事内容を考慮し、さらに酢もプラスで摂取していきましょう。
 

入浴前

 
私的におすすめなのが入浴前です。
お風呂前によくビネガードリンクを飲むようにしているのですが、飲んだ時と飲まない時では体の温まり方や汗のかき方が全然違います。
 
汗をかくことはデトックスにも繋がりますしなんといっても疲れが取れた感じがすごくあります。
 
痩せたい方だけでなく、疲れをとりたい方にもおすすめのタイミングです。
 

体を動かす前

 
運動前はもちろん、通勤や通学で歩いたり自転車に乗る時間帯。主婦さんだったら家事やパートの前などですね。
代謝を上げる効果があるため、体を動かす前に飲むのも脂肪燃焼効率をあげてくれるのでおすすめです。
 
普段している行動にプラスすればいいだけなので簡単で取り入れやすいですね。


スポンサーリンク


1日に飲む分量は?

このいちご酢だけに限らず、酢を使ったものは1日大さじ1杯までとして、それ以上は摂らないようにしてください。
過剰摂取は貧血につながってしまったり、胃痛の原因になってしまいます。
 
毎日3食食べている方で毎食食事前や食事中に摂りたいという方は1食あたり小さじ1になりますね。
 
あくまで摂取目安なので、胃の弱い方や貧血気味の方は体調を見ながら摂るようにしましょう。
 
以前テレビで芸人さんが毎食小さじ1の酢を料理に使ってダイエットをするという番組では見事に痩せることができていました。
 
早く痩せたい気持ちもあるかもしれませんが、この量でも効果的なので、摂りすぎないように気をつけましょう。

いちご酢の保存方法・期間

まず保存する際は冷蔵庫に入れておきましょう。一晩寝かせるときも必ず冷蔵庫に入れてください。
完成したらいちごを先に取り出しておくことで1ヶ月近く保存することもできます。
 
長く保存をさせたいという方は必ずはじめに容器を煮沸消毒しておきましょう。なのでプラスチック製の容器ではなく、ガラス製の耐熱容器をご用意ください。
 
最近ではおしゃれなものがたくさん売っているので、見た目でも楽しく作れそうですね。
 
また、いちごを取り出さない状態で酢を使った時に、いちごが酢から出てしまっているとそこから腐敗してしまう可能性が高くなります。
 
実を入れたまま保存しておく時は必ずしっかり浸かっている状態で保存しておいてください。

美味しいいちごの選び方

ではここで選び方です。
皆さんは買うとき何を基準に選びますか。
私はまず色です!綺麗な真っ赤なものが多いやつ!
反対に白い部分が多いものは選びません。
 
実はこの赤いものを選ぶというのも美味しいいちご選びのポイントです。
でもそれだけではありません。基準にできるのはまだ他にもあるのです。
 
それが以下のこちらです。
 
・ヘタが反り返っている
・ヘタの緑が濃い
・先っぽが広い
・つや、赤さ
・つぶつぶの間隔が広い
・大きいもの
 
大きさに関しては揃っているものを選んだり、食べやすいものというのを基準で選ぶ方もいるかと思いますが、大きいものは美味しさの基準になるだけでなく、栄養素も豊富だという話も聞いたことがあります。
真っ赤な大きいものを選んで、美味しく楽しくダイエットをしていきましょう。
 


スポンサーリンク


いちご酢の飲み方・食べ方

そのままでも食べられる!

フルーツを使った酢でドリンクを作る方法はもういろんな果物で紹介されていますが、ドリンクとして飲む方法が主流ですよね。
 
使った果物はどうするの?と思われるかもしれませんが、そのまま食べても問題ありません。
いちご自体に酸味があるので、練乳の甘さが欲しくなってしまうのですが。。笑
 
小腹が空いた時にスイーツを食べるよりもこちらを食べた方が美容にいいおやつになります。
無駄なく食べられるというのも嬉しいですね。

ヨーグルトに混ぜて食べる

いちご自体に酸味があるのでそのまま食べると酸っぱすぎるという方はヨーグルトに混ぜて食べましょう。
ハチミツを加えるとより食べやすいですね。
 
乳製品と一緒にとることで栄養素の吸収率が良くなると言われています。
上で練乳について触れましたが、練乳と一緒に食べるのも実は栄養を得やすい食べ方なのです。
 
ただ、便秘の改善を重視したい方はヨーグルトと混ぜるこの方法がおすすめです。

炭酸水で割る

ビネガードリンクを炭酸水で割るのはいちばんベタな方法な気がします。
炭酸水自体もダイエットにいいと一時期とても話題になりました。
 
とくに酢のドリンクも炭酸水も満腹感を得やすいですよね。
そのため、食欲を抑えられなくて困っているという方におすすめです。
 
炭酸水はできるだけ冷えていないものを使うのがおすすめです。冷えているものだと内臓の冷えにつながってしまう可能性があるので気をつけましょう。
 
グラスにいちご酢・炭酸水を入れたら最後にカットしたいちごを入れるとフレンチレストランでよく食前酒として出てくるようなおしゃれなドリンクの完成です。
 
見た目から楽しむのもいいですね。

水で割る

炭酸水が苦手だという方は水でも問題ありません。
私はどちらかというと水で割る方が飲みやすくて好きです。
 
また、地域によってはいちごが出回るのが冬から初夏くらいの涼しい時期だと思うので白湯で割るのもおすすめです。
 
少し酸味が増してしまいますが、体がとても温まります。
 
私はよく白湯で割ったフルーツビネガーをお風呂前に飲んでいたのですが、体がすごく温まりますので、冷えが強い方にぜひおすすめしたいです。

いちご酢の注意点

洗うときはヘタをとらない

まず買ってきて食べる前に洗うという方が多いと思いますが、このとき、ヘタをとる前に洗う方がいいということを覚えておいてください。
 
ヘタを取ってから洗ってしまうとビタミンCが流れてしまい、せっかくの栄養素をとれなくなってしまいます。
 
ビタミンCは高い抗酸化作用や美肌効果があり、美容面わや健康面に嬉しい効果を期待できます。
 
栄養素を無駄にしてしまわないよう、これはしっかり覚えておいてほしい内容です。

食べ過ぎに注意

酢は健康やダイエットにいいと有名な調味料ですよね。
 
とくにダイエットでも人気があるので、早く痩せたいからとたくさん摂りたくなってしまうかもしれませんが、酸が強いため、胃痛を起こしてしまう可能性があります。
 
とくに胃が弱い方は要注意です。
また、摂り過ぎは貧血を起こしてしまう可能性もあると言われています。
 
酢の摂取量は一日大さじ1までにしましょう。
胃が弱い方は少しずつ摂るようにして様子をみてください。
 
空腹時に食べてしまったり、食べ過ぎてしまうと逆に不調を起こしてしまう可能性があるので気をつけましょう。
スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です