ドレッシングにも使える!塩みかんでダイエット!その効果は?

この冬、私自身がみかんを食べる機会が多かったため、みかんネタの記事が多くなります。笑
 
美容にいいイメージが強いビタミンCを豊富に含んでいるフルーツで、こたつといえば!なんてご家庭も多いのではないでしょうか。
 
私の住んでいる地域では、初詣に近所の神社に行くと、その地域の方から必ずと言っていいほどもらいます。    
風邪予防にもつながるので、インフルエンザなどがはやりやすいこの時期には嬉しいですね。
                                                                                         
このブログでは、少し前に酢を使ったものについてご紹介しました。
 
 
 
ビネガードリンクが好きな私はよく酢を使ったものについて書いてきたのですが、活用方法としてもう1つ、おすすめしたいものがあります。
それが今回ご紹介する塩みかんです。
一時期塩レモンがとても話題になりましたよね。
それのこちらバージョンだと思っていただければ分かりやすいと思います。
 
ジャムと似たような感覚で使えるこちらはパンやクラッカーと一緒に食べる方法だけでなく、肉料理にも活用できます。
スポンサーリンク
330×280

塩みかんとは

みかんを塩漬けしておくものです。
 
塩分というと特にダイエット面ではむくみの原因になるなどとして控えめにするという方も多いものですが、実は塩漬けしたものを毎日食べるダイエット法なんかもちょくちょく話題になっています。
 
例えば塩きのこや乳酸キャベツ・上に書いた塩レモンなんかもそうですね。
 
これは通販でも販売されておりどんどん話題になってきています。
酸味と甘みがあり調味料としても活用できるようですね。
 
みかん自体、意外にも肉料理との相性がいいと言われているので、ぜひパンやクラッカーと一緒に食べるだけでなく、肉料理にも活用していきましょう。

塩分の役割

ダイエットや美容に対しての意識が高い方は塩分を摂りすぎないように気をつけている方多いかと思います。
 
一時期塩分をとらないようにする塩抜きダイエットというものも話題になっていたので、より塩はとらない方がいいものというイメージがついているのではないでしょうか。
しかし実は身体にとってはとても大切なものでもあり、実はダイエットでも活用されていたりもします。
有名なのが塩きのこダイエットですね。
塩の役割としては主に
 
・細胞内、細胞外の体液バランスを整える
・神経の働きを正常に保つ
・筋肉の働きを正常に保つ
・栄養その吸収をサポート
・味覚の正常化
 
など、たくさんの働きをしてくれるものです。
ダイエット以前に身体を正常に保つためにはなくてはならないものですね。
 
そのため、質のいい塩分は控え過ぎもよくありません。
も現代社会では塩分を摂り過ぎだとも言われているのでもちろん摂りすぎはよくありませんが、控え過ぎも健康面に悪影響です。
 
特に夏場は熱中症対策としてもしっかり摂ることをおすすめします。
 
余談ですが、私自身も塩分は敵だと数年前まで思っていて、あまりとらないようにしていたのですが、ある時夏場に塩のタブレットをもらってちょこちょこ食べるようにしていたら体の調子の良さが全然違いました。
 
毎年夏バテをしていたのにそれもなく、疲れにくさをすごく実感したのを覚えています。
夏バテした方が痩せるからいいや!なんていうダイエットはやめてくださいね。太りやすい体質に近づきます。
 
外食やコンビニ食などの食事は精製された塩を使っている可能性が高く、身体に良くないと言われています。
なのでぜひそれらを避けて、代わりに美容にいい塩みかんを取り入れてみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク


みかんの栄養

【カロリー】
100gあたり45kcal。
甘さが強いのに反してカロリーは低めです。
 
【ビタミンA】
目や粘膜の健康も保つために必要なビタミンです。
不足すると暗いところで目が見えにくくなるとり目の原因になります。
 
【ビタミンB群】
糖質や脂質などの代謝をサポートします。
疲労回復や肌荒れ・ダイエット面でも大切なビタミンです。
【ビタミンC】
美肌といえばこれですよね。
コラーゲンの生成や肌代謝アップなどの他、高い抗酸化作用があるため、生活習慣病予防や肥満予防もできます。
 
【ビタミンE】
こちらも高い抗酸化作用があり、若返りのビタミンとも呼ばれているほどアンチエイジングに効果的です。
老化は20歳から始まると言われているのでぜひしっかりと補いましょう。
【カリウム】
塩分の排出をしてくれるため、むくみ対策に効果的です。
また、神経や筋肉の働きにも欠かせないミネラルなので、不足しないようフルーツや野菜から補いましょう。
 
【リモネン】
香り成分で、一時期話題になったフィトケミカルです。
柑橘類に含まれている成分で特に皮に多く含まれているこちらはリラックス効果やダイエット効果などをして期待できます。
【ヘスペリジン】
ポリフェノールの1つで、皮や筋などに多く含まれています。
ビタミンPの一つで毛細血管の強化をしてくれます。
【シネフリン】
変換するとすごい漢字になりそうなこの成分ですが。笑
柑橘系に含まれているもので、リパーゼという酵素の働きを活性化してくれます。
【ペクチン】
水溶性の食物繊維です。
便秘の解消にはもちろん、血糖値の急上昇を防ぐなどの健康面で嬉しい効果も期待できます。
 
 
など。

塩みかんの効果

ミネラルを補える

塩を控えすぎることでおこりやすくなってしまうのがミネラル不足です。ミネラルは五大栄養素の1つでもあり、様々な働きをしてくれます。
ビタミンと協力して酵素の働きをサポートすることで補酵素とも言われています。
 
ミネラルの中でもカルシウムや鉄分・亜鉛などは不足しやすいとよく聞きます。鉄分は貧血予防に、カルシウムは骨の強化に・亜鉛は味覚を正常化するために必要だと言われていますが、特にこの3つは不足すると太りやすくなるとも言われています。
 
健康面に加えてダイエット面でもよくないですね。
これは控えすぎることで補酵素の役割が減ってしまうことで代謝が落ちてしまうというのも1つの原因です。
 
ダイエットをしていると代謝の低下は避けたいですよね。
また、低下することで肌荒れの原因にも繋がります。
 
塩分を減らしすぎて不健康な痩せ方をするのではなく、健康を維持しながら痩せるためにぜひ過度な制限は避けましょう。


スポンサーリンク


ダイエット

上で代謝に関与すると書きましたが、実はダイエット面で見ると嬉しい働きはそれだけではありません。
他にも嬉しい効果を得られる栄養素が含まれています。
 
その1つ目はシネフリンという成分です。上で名前があれだと言ったやつです。笑
 
シネフリンはリパーゼという酵素を活性化してくれると言われているのですが、このリパーゼという酵素は脂肪の分解を促進してくれるため、これを活性化することでダイエット効果を得られると言われています。
 
さらにもう1つ、含まれているβ-クリプトキサンチンという抗酸化作用の高い成分が含まれています。
この抗酸化作用によって活性酸素を除去することも肥満を予防することにつながるのです。
 
塩を使うのはダイエットに悪いというイメージを壊してくれそうですね。
※シネフリンのサプリメントでの過剰摂取は控えてください。

美肌

まず、美肌といえばビタミンCですよね。みかんにはビタミンCが豊富に含まれています。
この効果は
 
・コラーゲンの生成を促す
・ターンオーバーを整えて肌代謝を上げる
・シミ対策
・活性酸素の除去
・美白
 
など。
様々な角度から美肌づくりをサポートしてくれます。
しかし、このビタミンはたくさん摂ってもすぐに流れていってしまうというのが特徴です。そのため、毎日しっかり補うことが大切になります。
 
また、塩みかんの美肌効果はそれだけではなく、上に書いたβ-クリプトキサンチンの抗酸化作用によっても肌トラブルを予防し、美肌づくりができます。
さらに、どちらの栄養素の抗酸化作用はアンチエイジングにとても効果的なので、若々しく綺麗にいたい方には特におすすめです。


スポンサーリンク


リラックス

みかんに含まれているリモネンという成分にはリラックス効果があると言われています。これは香り成分で、柑橘系のフルーツによく含まれているものです。
 
さわやかな香りはアロマオイルでもよく使われています。この香りを嗅ぐと能にアルファー波が出ると言われており、それによりリラックスができると言われています。
 
そして、リラックスできることで安眠へと繋がるとも言われているので、寝つきが悪い方にもおすすめです。
 
ストレス社会と言われている現代ではストレスにより交感神経が優位になりすぎてしまう方もいます。
ぜひ夜にはこの香りで頭をスッキリさせてゆっくりと休めるといいですね。
 
ちなみにリモネンは血行促進にも効果的です。

塩みかんの作り方

では作り方です。
 
用意するもの
・みかん ・塩 ・ハチミツ ・耐熱のガラス容器
 
まずはガラス容器を煮沸消毒しておきます。それにより日持ちしやすくなります。
 
1.まず2個にたいして塩を大さじ1用意します。
2.みかんをよく洗って皮ごと切ります。
切り方はみじん切りやくし切り輪切りなどお好みで。
3.切ったら塩を加え、さらにハチミツ大さじ1を加えたらよく混ぜます。
4.冷蔵庫に一晩寝かせたら完成です。
一晩たっても見た目はあまりかわりませんでした。
 
使う塩必ず精製されたものではなく、天然塩を使うようにしてください。
 
ヨーグルトやパンと一緒にジャム感覚で食べたり、肉を柔らかくするのに使えます。
作るのが面倒な方は通常でも販売されているので、それを試してみてもいいですね。
 
作るときは砂糖ではなく美容にいいハチミツを使うことをお勧めします。
 


スポンサーリンク


塩みかんの使い方

フルーツティーに!

紅茶に入れればフルーツティーが簡単にできます。
最近はスーパーの紅茶売り場やペットボトル売り場で、オレンジフレーバーの紅茶をよく見かけます。
 
それを自宅で簡単に作っちゃいましょう。
紅茶に入れるのであれば輪切りにすると入れた時におしゃれになりますね。
 
塩みかんだけでなく、他のフルーツと一緒にいれてフルーツティーとして飲むのもまた普段と違った楽しみ方ができます。
 
家での一息タイムにぜひ。

ヨーグルトに!

私はヨーグルトに入れて食べましたが、これもおすすめです。
塩気が強いので入れる量には気をつけましょう。
甘めのヨーグルトが好きな方はハチミツも一緒にプラスしましょう。
 
腸内環境を整えたい方に特におすすめの食べ方です。
 
ヨーグルト自宅もダイエットや健康面でよくメディアで紹介されています。夕飯前に食べて食欲を落ち着かせたり、ついついしちゃう間食を置き換えるのもおすすめです。

お肉料理に

 
柑橘系のフルーツはお肉を柔らかくしてくれると聞いたこともある方多いのではないでしょうか。
ぜひお肉料理にも活用しちゃいましょう。
 
塩気が強いので下味としても使えます。
ソース作りのタイミングで使うのいいですね。
鶏肉と一緒に使ったら美味しいです。
 
お肉のソースだけでなく、ドレッシングづくりにも活用できます。

過去には塩みかん風呂も話題に!

冬至にはゆず湯に入る習慣がある日本ですが、同じ柑橘系のフルーツをお風呂に入れる塩みかん風呂も過去に少し話題になりました。
 
発汗を促すためにお風呂に塩を入れる方法を試したことがある方もいるかと思いますが、さらにそこに美容にいい成分を含んでいるみかんも入れます。
 
塩みかん風呂の効果としては
 
・発汗を促す
・血行促進
・リラックス効果
・保湿
 
などが期待できます。
特にみかんが出回る冬場は、しっかり温まったつもりでも、お風呂から出たらすぐに身体が冷えてしまうという方もいると思うので、湯冷めしにくくなるのは嬉しいですよね。
みかんを入れるときはそのまま入れてもいいですが、切り込みを入れたり、半分に切って入れる方が香りがたちます。
 
みかんに含まれているリモネンという香り成分にはリラックス効果があるため、よりリラックス効果を得られそうな気がします。
 
半分にした時にお風呂が汚れてしまうのが気になる方はめの細かいネットに入れてそれごとお風呂に入れるといいですね。
 
また、実の部分を入れるのはもったいないと感じる方は皮だけでもぜひ入れてみてください。
スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です