防止や食べ物でも出来る紫外線対策!雨の日は大丈夫?

 
暑くなると気になるよになるものの1つに紫外線もありますよね。
一昔前は日焼けサロンに行って自主的に肌を黒くしている方も多く見かけましたが、最近では、美白対策をしている方が多いように思えます。
 
私自身もそのうちの一人なのですが、つい先日、知人男性から「曇りの日も紫外線は多いんだよ。」なんて話を聞いて驚きました。
 
女性に比べると男性のほうが肌に対して無頓着なイメージでしたが、意外とそうでもないんですね。
それほどケアの必要性が知れ渡っているのかなと思いました。
 
対策として日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶったり、運転中などはアームカバーをするなど、たくさんの対策方法があります。
 
さらに、実は食べ物で体の内側からケアができるというのはご存知でしたでしょうか。
 
肌トラブルだけでなく、肥満や生活習慣病な繋がりかねないため、今回は対策方法について詳しくご紹介していきます。
 
簡単なものを少しずつでもぜひ取り入れていきましょう。
スポンサーリンク
330×280

紫外線の種類

一言でまとめてしまっていますが、実はUV-A・UV-B・UV-Cの3つの種類に分けられます。そしてこれを知っておくことで日焼け止め選びにも役に立ちますので、ぜひここは頭に入れておいてください。
 
UV-A
紫外線の約9割と言われているこちらは雲によっても影響を受けやすいと言われているます。
肌に蓄積しやすくダメージを与えやすいもので、肌の奥の方の真皮層にまで届いてしまいます。
たるみやシミの原因となり、さらに酸化によるダメージも受けやすいです。
 
 
 
 
UV-B
大気層によって吸収される部分とされずに地表まで届いてしまうものがあります。
UV-Aに比べると波長が短いので真皮層まではいきませんが、それよりも表面にある表皮層へのダメージがあります。
 
日焼けをしたときに赤くなるサンバーン(日焼けをしたときの炎症反応)は主にこのBによるものです。赤くなった部分は数日経つと黒くなります。さらにDNAへのダメージまであります。
 
 
UV-C
こちらは大気層で吸収されるため、地表には届かないと言われています。
 
とは言っても環境問題でオゾン層の破壊などが話題となっている現代では、昔に比べると紫外線も強くなっていると言われています。
 
美容目的だけでなく、健康面を考えたときにも大切ですね。


スポンサーリンク


雨の日は紫外線はない?

では天気の悪い日についてご説明します。
上でも書きましたが、曇っているからと言って紫外線がなくなるわけではありません。
 
薄曇りなら晴れの日と比べて80~90%くらいだと言われています。さらに曇っている場合は、60%程だと言われていますが、雲の間から日が差している場合は、晴れている時よりも観測量が増えるとも言われています。
 
曇っている時の方が紫外線が多いと聞くのはこれですね。
特に前途したように、UV-Aは雲によって影響を受けやすくなるので、曇りの日も要注意です。
 
また、雨の日はより雲があつくなりっていることもありますが、それでも約30%はあると言われています。
雨の日や曇りの日はどうしても油断してしまいがちですが、外出時は出来るだけ対策をとって出かけるようにしましょう。

紫外線が体に与える影響

シミ

一番わかりやすいのはこれですよね。
紫外線を浴びると表皮の一番下にある基底層からメラニン色素が生成されます。
それにより肌が小麦色になるのですが、本来なら生まれ変わりサイクルであるこのターンオーバーによって黒なった皮膚は剥がれ落ちます。
 
しかし、ターンオーバーが乱れてしまうことで剥がれずに色素沈着してしまうのがシミです。
 
ターンオーバーは疲労や生活習慣からも起きますので、シミのケアだけでなく生活リズムをしっかり作るのも大切ですね。
 

コラーゲンを壊す

 
サプリメントや化粧品などでよく耳にするコラーゲンとは、繊維状のタンパク質の1つで、ハリや弾力のある肌を保つためには欠かせないものです。
 
これが壊れてしまうとたるみやシワの原因となるため、老けた印象を与える肌になってしまいます。
さらに、減少することで骨粗しょう症などの原因にもなるため、コラーゲンの生成を促すビタミンCは日常的に補いたいですね。
 

活性酸素が増える

私たちの体内には呼吸によって取り込まれた酸素がたくさんあるのですが、日常生活でこの酸素が活性酸素に変わってしまうことがあります。
その原因の1つが紫外線です。
 
活性酸素自体、少量であれば問題ないのですが、増えすぎてしまうことで身体を参加させてしまいます。
 
活性酸素による影響は
 
・肌トラブル
・老化
・肥満
・ガン
・生活習慣病
 
などがあり、美容面だけでなく健康面まで悪影響があります。
活性酸素は紫外線の他にもストレスや食品添加物・大気汚染などによっても増えてしまいます。

バリア機能が弱まる

肌は皮脂と汗からできる皮脂膜と角質によって保護されています。この保護している部分が紫外線を浴びてしまうことで酸化が起きてしまい、バリア機能が弱まってしまいます。
 
低下すると肌の水分が逃げやすくなってしまい乾燥しやすくなってしまったり、かゆみや湿疹の原因となる可能性があります。


スポンサーリンク


紫外線対策はいつから必要?

暑くなり始めてから対策をとるようにしている方も多いと思いますが、できれば一年中対策を取ることをお勧めします。
 
特に肌の露出が少なく寒い冬場は特に何も気にしていないという方が多いかもしれませんが、冬場でも紫外線はあります。
 
もちろん夏場などに比べれば少ないですがケアをしておくに越したことはないでしょう。
 
ちなみに筆者は冬場も洋服から出ている手の甲や首元は日焼け止めを塗っています。
顔に関してはUVカット効果のある化粧下地を使っています。
 
顔や首元は年齢が出やすい部分でもあるので、年中しっかりケアしたいですね。
 
ただ、日光を浴びることは悪いことだらけではなく、実はカルシウムをサポートするビタミンDをつくることに欠かせないんです。
 
なのでそちらもきになるという方は手のひらの日光浴をぜひ行いましょう。
健康法としても紹介されている手のひら日光浴ですが、手のひらは日焼けの原因になるメラニン色素が少ないと言われているため、おすすめされています。
 
お散歩などをしている方はぜひ手のひらを太陽に向けて行いましょう。

紫外線にNGなもの

対策について詳しく書く前にまずは日に当たる前にこれだけはNGという内容について書いていこうと思います。
 
まず、朝食や出かける前の食事に柑橘系のものを取らないようにしましょう。
レモンやオレンジなどの柑橘類にはソラレンという成分が含まれています。
 
こちらは紫外線を吸収しやすい作用があり、シミやソバカスの原因になりやすいのです。
アロマオイルなどでも柑橘系のものは人気があると思いますが、肌についた状態で日光を浴びてしまうとひどい時には火傷のような状態になってしまうとも言われています。
 
美白効果の高いビタミンCが含まれている柑橘類はぜひ朝ではなく夜に食べるようにしましょう。
 
ソラレンが含まれているものはこちら。
 
・レモン
・グレープフルーツ
・オレンジ
・キウイ
・きゅうり
・しそ
・三つ葉
・セロリ
 
など。
特にきゅうりやレモンを使ったレモン水やデトックスウォーターが流行りましたが、それらもできれば夜に飲むことをおすすめします。


スポンサーリンク


紫外線対策 【食べ物】

ビタミンCをしっかり摂る

上でソラレンが含まれている食材は紫外線の吸収率が高くなると書きましたが、これが含まれている食材にはビタミンCが豊富に含まれているものが多いのです。
 
シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制してくれる働きがあるビタミンCは紫外線によるシミ対策に抜群です。
さらに、抗酸化作用もあるため、紫外線によって増えてしまう活性酸素の除去もしてくれるため、アンチエイジングやダイエット・生活習慣病予防になります。
 
他にもビタミンCは
 
・コラーゲンの生成
・肌代謝を促進し、きめ細かい肌へ
・風邪予防
・エネルギーの生産に関与するカルニチンの生成をサポート
・鉄分の吸収をサポート
・糖の代謝をサポート
・アルコールの分解を助ける
などの働きがあります。美肌にいいイメージが強いと思いますが、それだけではなく、これだけたくさんの働きをしてくれるのです。
そのため、ぜひ陽に当たった後や夜の食事でぜひこれらを補いましょう。
 
ビタミンCが豊富な食材は
 
・いちご ・キウイフルーツ ・柿
・ブロッコリー ・キャベツ ・ピーマン(赤や黄色も)
 
などです。
調理方法によっては壊れてしまいやすいとも言われているため、ぜひ生で食べられるものから補いましょう。
 
サプリメントで補う場合は、金額やメーカー名だけでなく、成分表示をみて、含有量が多く、かつ添加物の少ないものを選ぶようにするといいと思います。
 
 

β-カロテン

こちらは体内でビタミンAに変換されて、ビタミンAとしての効果を得ることができます。
 
目や皮膚・粘膜の健康を維持してくれる働きがあり、不足すると夜に目が見えにくくなってしまうとり目の原因になるとも言われています。
 
ビタミンCの1000倍もの抗酸化作用があると言われておりこちらも活性酸素の除去に大活躍です。
ただ、吸収率が悪いため、ビタミンE一緒にとることをおすすめされています。
 
一度の食事でたくさんの品目の食事をすることがなぜ大切なのかがわかりますね。
 
βカロテンとビタミンEを一緒に摂れる食材は
 
・人参 ・ほうれん草 ・かぼちゃ ・ブロッコリー ・モロヘイヤ
 
などがあります。
とくにブロッコリーはビタミンCも含まれています。
茹でる調理法ではなく、蒸す調理をすることで栄養素の損失を少なくすることができるので、ぜひ調理法にも気をつけましょう。
 

ビタミンE

若返りのビタミンだなんて呼び方をされるほどアンチエイジングに効果的な栄養素です。
ビタミンCと同様高い抗酸化作用があるため、増えてしまった活性酸素を除去してくれます。
 
他にもビタミンEは血行を良くしたり、血管を健康に保つ働きもしてくれます。
 
含まれている食材は
 
・アーモンドなどのナッツ類 ・大豆製品
 ・かぼちゃ ・アボカド ・うなぎ 
などがあります。
 
特にナッツ類は持ち運びに便利なので、小腹が空いた時の救世主になりますね。
老化の原因にもなる砂糖たっぷりのお菓子をやめて、ぜひナッツ類で美容効果を得ていきましょう。
 
 
ちなみに、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEはビタミンエース(ACE)とも呼ばれており、この3つは特に紫外線対策にいいと言われています。
 
含まれているものをぜひ日々の食事に取り入れて体の中から対策をしていきましょう。

リコピン

リコピンといえばトマトですよね。美白効果が高いといことをご存知の方多いと思います。
このリコピンはカロテノイドという色素の1つで、上に出てきたβ-カロテンの仲間です。
 
紫外線を浴びると赤くヒリヒリしてしまうという方多いと思いますが、それの抑制効果があると言われている栄養素でもあります。
 
さらに、ビタミンC同様、メラニン色素の生成を抑える働きもしてくれるため、シミ対策にぴったりですね。
 
このリコピンは加熱することをおすすめされているので、トマトスープや焼きトマトなどで食べるといいですね。
ケチャップでも補えると言われています。
 
トマトが苦手な方、スイカやピンクグレープフルーツにも含まれているので、こちらからも補えます。
 
加熱するといいと言われているので、スイカで補う場合はこちらの記事もおすすめです。
 
 
 


スポンサーリンク


紫外線対策 【生活】

日焼け止め

まず一般的なのがこれですよね。肌を露出している場所は夏場だけでなく一年中活用したいものです。
 
日焼け止めとして販売されているものだけでなくても、ファンデーションや化粧下地にUVカット効果のあるものも多く含まれています。
 
メイクと一緒に対策ができればとても楽なので、ぜひそのようなものをチョイスしていきましょう。
また、最近では飲むタイプの日焼け止めもよく見かけるようになってきました。
こちらは内臓の老化対策につながるとも言われています。
 
長時間外に出なければいけない時や汗をかきやすいときにはこちらを活用するのもいいですね。
ただ、日焼け止めは日光によるビタミンDの生成の邪魔をしてしまいます。そのため、上に書いたような手のひら日光浴をしたり、食材でしっかり補うようにしましょう。
 

帽子

熱中症対策とし夏場にかぶる方も多いと思います。
つばが広いものだと顔や首元の紫外線対策にもなりますよね。
 
ただ、それ以上に大きい役割だと感じているのが髪の毛の紫外線によるダメージを防げることです。
 
私自身子供ができて散歩をすることが増えて思うようになったのですが、髪の毛も陽に当たりすぎてしまうとパサパサになってしまいますし、カラーをしていると色が抜けやすい気がします。
 
UVカット効果のあるヘアスプレーを使ってみたこともありますが、物によってはすごく髪がキシキシしてしまってあまり使いたくないなと思ってしまうものもありました。
 
帽子なら熱中症と合わせてできますし、ファッションの一部として楽しむこともできるのでぜひ陽が強い時にはかぶるようにしましょう。
 

マスク

外での運動や作業の時に活躍するのがフェイスマスクです。
よく農家さんたちが使っているのを見かけるのですが、目元以外の首や鼻・口周りをUVカット効果のある布で覆うことができるマスクが通販やホームセンターなどて販売されています。
 
帽子と一体型になっているものもあれば、取り外して個々に使うことができるものもあります。
 
比較的安価で購入ができ、デザインもたくさんの種類があるので、何か外で作業をすることがある時や、運動をしている方などで紫外線対策をしたいという方はぜひ活用しましょう。
 
飲む日焼け止めと合わせて使うとより効果的な気がします。
 
ちなみに私はよく庭の草むしりをしたり、保育園の保護者作業がある時には便利だなと思います。
 
また、帽子やフェイスガードだけでなく服にもUVカット効果のあるものがあるので、特に紫外線の強い日はそれらもいいと思います。
スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメント

  1. さちりん より:

    こんばんは
    ブログランキングからの訪問です。
    曇りでも紫外線があるんですね。
    気を付けないと大変ですね。

さちりん にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です