美肌効果抜群のビタミンC!アンチエイジングやダイエットにも!?

 
 
美肌にいいものと聞かれてみなさんは何をイメージするでしょうか。
 
高い化粧品や身体にいい食べ物・腸内環境をよくするなど、様々な方法できれいな肌を目指していけますが、私の中で何となく一番有名なのでは?と思うのがビタミンCです。
とにかく美肌効果を得られるイメージが強いこちらは、エステサロンなどでも機械での導入用美容液としても使われています。
 
ただ、他にもプラセンタやコラーゲンなど美容にいいと言われているものが多く出回っている中で、何となーく影が薄くなっているようなイメージが筆者の中では勝手にあるので。笑
 
今回はこの栄養素がどれだけ素晴らしいかをご説明していきたいと思います。
 
食事から摂れるのはもちろん、サプリメントも比較的安価で購入することができるので日常的に取り入れやすいと思います。
 
美容効果だけでなく、そのほかの嬉しい働きにも注目です!
スポンサーリンク
330×280

ビタミンcの効果

シミ対策

ビタミンCと聞くとシミにいい!というイメージが強い方もいるのではないでしょうか。これは、メラニン色素の生成を抑制する働きがあるからです。
 
まず皮膚は大きく分けて表皮・真皮・皮下組織という3つに分かれます。その一番表面の表皮という層はさらに5つに分かれるのですが、その一番下の基底層という部分にメラノサイトいう細胞があります。
 
このメラノサイトという部分からメラニン色素は生成されるため、それにより私たちの肌の色ができるのですが、紫外線を浴びてしまうとこのメラニン色素が多く分泌されてしまうため、肌の色が濃くなります。
 
通常なら濃くなっても肌の生まれ変わりサイクルによって剥がれ落ちるため、元の肌色に戻れるのですが、老化や何らかの原因で本来剥がれ落ちるはずのものが残ってしまうことで、シミができてしまうこともあります。
 
そのため、メラニン色素の生成を抑制してくれることは、シミの対策としてとても嬉しいものなのです。
 
若い頃はあまり気にしないと思いますが、いざシミができてしまってからでは遅いとも言われています。
ぜひ早めの対策を心がけましょう。
 
 

コラーゲンの生成

このビタミンはコラーゲンの生成をサポートしてくれます。コラーゲンも美肌づくりに必要なイメージが強い方多いのではないでしょうか。
 
肌のハリや弾力のためには欠かせない成分で、これが減ってきてしまうとシミやシワの原因にもなってしまいます。
 
ですが肌だけではありません。
他にも骨や胃腸・血管壁・腱などにも欠かせない成分で、体の形成や機能を正常に保つためにもとても大切な成分なのです。
 
不足してしまうと骨粗鬆症や関節症・髪のトラブルが起きる可能性があるともいわれていたり、病気の回復への影響や老化の原因になるとも言われています。
 
そのため、コラーゲンの生成を促してくれるビタミンCは美容目的だけでなく、健康目的でもぜひ補いたい栄養素とも言えますね。
 


スポンサーリンク


高い抗酸化作用

筆者が一番嬉しいと感じる効果がこちら。
高い抗酸化作用があるため、体内に増えてしまった活性酸素を除去してくれる効果を期待できます。
 
活性酸素はもともと体内にあるもので、これが何らかの原因で増えてしまうと次のような悪影響がでます。
 
・ガン
・生活習慣病
・肥満
・肌トラブル
・老化
 
美容面だけでなく健康面にまで悪影響がでてしまう活性酸素ですが、それを除去してくれるということは、健康目的としても美容目的としてもぜひ取り入れたい効果です。ダイエットをするときにも大切です。
 
ちなみに活性酸素が増える原因は
 
・紫外線
・食品添加物
・大気汚染
・ストレス
・過度の運動
・タバコ
・加齢
 
などです。なかなか避けて通れないものが多いですよね。
だからこそ食事で抗酸化作用のあるものを補いたいのです。
 
美肌づくりはもちろんですが、それ以外の効果も得られるので、ぜひ日常的に意識して取り入れていきましょう。

疲労回復

嬉しい効果はまだまだあります。こちらは、副腎疲労にもいいともいわれているため、疲れやすい方にもぜひおすすめしたい栄養素です。
 
副腎疲労なんて言ってもわかりにくいと思うのですが、例えば
 
・朝起きる時から身体がつらい
・寝ても疲れが取れない、だるい
・イライラしやすい
・カフェインや甘いものをついつい欲してしまう
・気力がない、鬱っぽい
・PMSがひどい
・むくみやすい
などの症状はありませんか。この副腎疲労について勉強したとき、筆者は見事に全部当てはまっていました。笑
なので速攻買いましたよ。サプリメント。
 
血中にあるビタミンCの約80パーセントは副腎で使っているとも言われています。そのため、上記のような症状の回復にざひ取り入れたいですね。
 
ちなみにここに重点を置く場合はぜひ夜に摂取するようにしましょう。
疲れがひどい時はクリニックなどでの点滴で摂取する方法を試してみてもいいかもしれないですね。


スポンサーリンク


風邪予防

 
時期によってはやりやすい風邪をすぐにもらってしまうという方いまさんか。
私の息子も保育園に入った途端、咳や鼻水を頻繁にもらってきます。
 
そんな風邪の予防にも役に立つのがこちらのビタミンです。
鼻や喉などの粘膜を強化してくれるため、風邪のウイルスの侵入対策にとても効果的だと言われています。
 
さらに、血液中の赤血球とも結びつくとも言われており、それによってウイルスを破壊してくれる働きも期待できます。
 
風邪をひいたら補うといいイメージが私の中でも強かったのですが、ひいてからではなく、日常的に補うことで予防にもなるので、ぜひウイルスが流行しやすい時期には積極的に補うようにしましょう。
ビタミンCが含まれている食べ物
では、含有量が多い食べ物をご紹介していきます。
 
・いちご ・みかん ・キウイフルーツ ・スイカ ・りんご
・グレープフルーツ ・アセロラ ・レモン 
・赤ピーマン ・黄ピーマン ・芽キャベツ ・ゴーヤ
 
など。季節ごとにしか食べられないものもありますが、年中スーパーで手に入るものもあるので、ぜひ季節のものと一緒に摂っていきましょう。
 
レモンは話題になったレモン水として飲んでもいいですね。
ちなみにこのビタミンCが豊富に含まれている食べ物の中には、紫外線の吸収をよくしてしまうソラレンという成分が含まれていることが多いのです。
 
柑橘系のフルーツやキウイフルーツ・きゅうりなどは特に含まれているので、それらからビタミンCを補う場合はぜひ夜に食べるようにしましょう。
 
そして朝に補うのであれば、サプリメントを飲むようにしたり、ソラレンが比較的少ないトマトやキャベツ・レタス・スイカ・りんごなどから補うことをおすすめします。
 

ビタミンCが効果なしと言われる原因

様々な効果を書いてきましたが、効果を実感できなかったという方もいるかと思います。
そんな方はぜひ次の内容をチェックしてみてください。
 
摂取量が少なすぎる
 
最近私はお医者さんが書いた本を読んだのですが、その方はビタミンCを1日2g以上は摂取しているようです。
上記で書いたフルーツで、例えばキウイフルーツの場合、一個あたりで摂れる量は約70mg。目的によっても摂取目安量は変わってきますが、明らかに足りない印象ですよね。
 
単純にキウイフルーツだけで2g摂ろうとした場合、1日10個食べても足りません。
このように摂取量が少なすぎると効果を実感しにくいと思います。
 
サプリメントだけに頼るのもよくはないですが、時には食事にプラスして補うこともおすすめです。
摂取頻度
 
もう一つ、摂り方で大切なことがあるのですが、1回でまとめて摂取量をとるのではなく、1日の中で何度かに分けてとることが大切になります。
 
ビタミンCの場合、体内に貯蓄できないため、体内に残る時間が短く、その多くは3時間もすれば排出されてしまうと言われています。
 
せっかくたくさん摂ってもその多くが排出されてしまった
意味がなくなってしまいますよね。
そのためぜひ1日の中でこまめに補うようにしましょう。
 
また寝ている間が一番長く身体に残ると言われているので、寝る前に摂ることも忘れないようにしましょう。

ビタミンCの効果的な摂り方や飲み方

繰り返しになりますが、一度にまとめて目安量を摂取するのではなく、1日の中で何度かに分けて摂るようにしましょう。
 
サプリメントの場合、1日○粒と書かれているのでぜひまとめて摂るのではなく分けて摂ってください。
 
ちなみに私は疲労回復のためによるに飲む場合と、紫外線対策のために朝に飲むこととあります。
特に朝はフルーツから摂取すると上に書いたソラレンの効果を得てしまう可能性もあるのでサプリメントにしています。
 
反対に夜はレモン水やフルーツ・野菜からしっかり摂るといいですね。
 
摂取目安は、性別や年齢によって変わってくるので、各自確認することをおすすめします。
得たい効果によっても目安量があるようなので、そこも調べておくといいですね。
スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です