ダイエット中でも罪悪感なし!食欲の秋におすすめの食べ物は?

 
 
暑い夏が終わり一気に涼しくなると突然バテていた体も回復し、食欲が旺盛になる経験をした方も多いのではないでしょうか。
 
私自身、毎年夏は食欲がなくなってしまい、体重が落ちるのですが、9月に入り一気に食欲が出てきて落ちていた体重が毎回この季節にすぐ戻ります。
 
夏場に食べられなかった反動なのかなぜかとても美味しく感じられるんですよね。
 
私の友人でも少し前に見てわかるくらい痩せてしまっていた方がいたのですが、最近戻ったと言う話を聞き、その時にも「やっぱり食欲の秋だからかなー。食べちゃうんだよ。」と言っていました。
 
食事が美味しく感じられるのは幸せだ。と思う反面、やっぱりダイエットをしている方々にとっては大変な部分でもありますよね。
 
そこで今回は食欲が増えてしまう原因と、この時期だからこそ美味しく食べられる身体にいい食材を私のダイエット体験談も含めてご紹介していきたいと思います。
スポンサーリンク
330×280

食欲の秋の由来

味覚の秋とも言われていること季節には旬の美味しい食材がたくさんありますよね。
他にも読書の秋やスポーツの秋など、なぜかこの季節だけいろいろありますが、まずは、食べることに関して。
 
まず、この時期に食欲がでてくるのは、冬に向けて脂肪を蓄えるため。という動物の本能が人間にも残っているからだという説があります。
 
冬眠する動物だけに関係するものかと思いましたが、意外と人間にも当てはまるみたいですね。
 
また、上に書いたような夏バテが解消されることや、美味しい旬の食べ物がたくさんあるということも関係しているのではないかと言われています。
 
ことわざで、天高く馬肥ゆる秋なんてものもありますが、馬だけでなく人間も肥える時期なんですね。笑
 
ちなみに、読書の秋に関しては、気候が涼しく、特にこの時期の18度くらいの気温が、集中するのに適している気温だからだそうです。
空気もカラッとしているので余計に心地よく集中しやすいのかもしれないですね。
 
また、スポーツの秋の由来として、東京オリンピックによる影響や、運動をしやすい気温だというところからきているようです。
 
何をするのにも気持ちよく快適に行えるこの季節、食べてしっかり運動をすれば、きれいな体型づくりもしていけそうです。

なぜ秋は食欲が出る?

幸せホルモンによる影響

私たちの身体は幸せホルモンと呼ばれている神経伝達物質のセロトニンが分泌されています。
セロトニンは精神の安定やストレスを軽減させてくれると言われており、これは、日光を浴びたり、分泌を促す食べ物によって分泌量が増えると言われています。
 
また、ハグや赤ちゃんとのふれあいなんかも効果的だと言われています。
 
このセロトニンを増やすには日光を浴びることが効果的だと書きましたが、秋は夏に比べると日照時間が短くなりますよね。
 
この日照時間が短くなることがセロトニンを減らしてしまう原因となると言われており、身体はそれを補うために、セロトニンのもとになるアミノ酸を食事から補おうとします。
これが、秋に食欲増える1つの原因だと言われています。
 
身体がそうなってしまうなら仕方ないかと思ってしまうかもしれませんが、積極的に日光を浴びるようにしたり、運動をすることで増やすことができます。
 
食べ物に含まれているトリプトファンという成分を朝食時に補うのも効果的です。
 
ストレスの発散ができ、それにより食欲を抑えられる日光浴や運動、ぜひこの涼しい季節に取り入れてみてはいかがでしょうか。
 
 

身体がエネルギーを補おうとする

気温が涼しくなると今度は身体が体温を維持するために基礎代謝をあげようとします。
 
基礎代謝を上げると痩せやすくなるなんて話を聞いたことがある方も多いと思いますが、基礎代謝が上がることで消費エネルギー量が増えるとそれを補うために食欲が増えてしまうのではないかというのも1つの理由なんだそうです。
 
また、夏場になかなか食べられなかった反動で栄養素を補おうとしている可能性もあります。
 
消費エネルギー量が増えているのに食べる量も増えてしまっていたら、ダイエットにはなかなか繋がりませんよね。
 
代謝が高いというのはうまくとれば痩せやすくなるということです。それをうまく活用してぜひダイエットを成功させていきましょう。
 
食べたくなったら、ダイエットにいい低カロリーのものや高タンパクのものを補い、積極的に身体を動かしていきましょう。
 
運動を一緒に行うことで引き締まったきれいなボディラインを目指していけます。
上にも書いたセロトニンの分泌にも関与するのてー一石二鳥です。
 
他にも調べてみると、食べ物がとれなくなる冬に向けて蓄えておくためなど、たくさんの説があります。
調べて知っておくだけでも、食事管理がしやすくなりそうですね。


スポンサーリンク


秋の食べ物でダイエットにいいものは?

では、秋だからこそ食べられる食材で、ダイエットや美容にいいと言われているものを紹介していきたいと思います。
 

りんご

一時期リンゴダイエットというものがとても流行りましたよね。朝食を置き換えるというものでしたが、置き換えではなくても健康にいいとされており、1日一個のりんごは医者を遠ざけるとも言われています。
 
私自身、太りやすいと言われている妊娠中は毎日食べていましたが、間食に食べていたことで必要以上に体重が増加してしまうこともなく、妊娠中になりやすい便秘にもなることなく過ごすことができました。
 
りんごにはポリフェノールが多く含まれており、ポリフェノールは肥満防止だけでなく、美肌づくりやアンチエイジング・生活習慣病予防など、様々な嬉しい効果を得ることができます。
 
また、食物繊維が豊富でお通じの改善にも効果的。
 
皮ごと食べることでより栄養素を摂取できると言われているので、ぜひ皮付きのりんごを食後や間食に取り入れましょう。

わたし的にはりんごよりも継続して食べやすいと思うのが同じ秋に採れる梨です。
そして、お通じの改善にも私はこちらの方が効果的でした。(これは個人差があると思います。)
みずみずしく甘みが強いので、ダイエット中に甘いものが食べたくなってしまった時にありがたい存在です。
カロリーも低いので罪悪感なく食べられます。
 
カリウムが豊富で、むくみの解消に効果的。食物繊維は上に書いたように便秘の改善に役立ちます。
疲労回復効果のあるアミノ酸も含まれているので、痩せたい方だけでなく、健康のためにもオススメです。
 
そのまま食べるのはもちろん、スムージーにして飲むのも美味しいですね。

きのこ

こちらも低カロリーで食物繊維が豊富な食材で、健康雑誌や番組でもなんども紹介されていますよね。
 
特に、含まれているキノコキトサンには内脂肪を燃焼させてくれたり、脂肪を体外に排出してくれるというとても嬉しい効果が期待できます。
 
種類によっても得られる効果が変わってくるので、自分の得たい効果のあるものを選ぶといいですね。
ちなみに私の中でダイエットといえば舞茸!というイメージがとても強いです。
 
数種類のキノコをまとめて塩きのこを作っておけば、そのまま食べるのはもちろん、サラダのトッピングやパスタなどに使えて便利です。
 
塩きのこに関してはぜひこちらをご覧ください。
 
 

さつまいも

ダイエット中のおやつとして人気があるのがさつまいもですよね。
 
干し芋やさつまいもチップスなど、さまざまなおやつがありますが、最近では、冷やし焼き芋なんていうものもダイエットにオススメされています。
 
冷やし焼き芋についてはこちらをご覧ください。
 
 
さつまいもダイエットの方法としては、主食を置き換える方法などもご紹介されていますが、私はやっぱりおやつで砂糖の含まれているものをやめて、それを置き換えるのが一番いいと思います。
 
甘いものが欲しい。でも砂糖は我慢しなくちゃ!
というストレス発散にも役立ちますね。
 
ちなみに私はキャベツや玉ねぎなどのたくさんの野菜と一緒に入れたコンソメスープがとても好きです。


スポンサーリンク


ごぼう

こちらもダイエット中の食材としてよくおすすめされている気がします。
 
含まれているイヌリンという食物繊維の一種はお通じの改善に効果的です。
お通じに関しては他の食材でも書いていますが、便秘はそれだけで身体が重くなる気がしますが、それによって腸内環境が悪くなってしまうと代謝の低下やむくみ・肌トラブルにつながるので、ぜひ改善していきたいことの1つです。
 
さらにこのイヌリンは、血糖値の上昇を抑えてくれる働きもします
血糖値は急激に上がることも痩せたい方にとってはNGになるので、こちらを意識した食事をすることも大切になります。
 

サバ

ダイエットにいいものといえばこちらを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
主婦の私は生臭さがあって調理するのが面倒だなんて思っていましたが、缶詰めや干物などもあるため、最近では食卓にとても出しやすい食材と認識するようになりました。
 
少し前にテレビで朝食にサバのお刺身を食べると血液サラサラ効果があると紹介していました。
ほかにも、糖の吸収を抑制する・食欲を抑える・コレステロール値を下げる・美肌効果など嬉しい効果がたくさん得られます。
 
コンビニでも調理済みのものや缶詰めは販売されているので、普段料理をしないという方も手軽に取り入れられる食材ですね。
 

秋刀魚

この時期美味しい食材といえば秋刀魚もそうですね。
魚は特に青魚がオススメされていてその中でも一番オススメされているのがサバというイメージですが、秋刀魚にもEPAやDHAがしっかりと含まれています。
 
これらが特にダイエットや健康面、また、記憶力アップなどにいいと言われている栄養素なのですが、体内で作ることができないため、しっかりと食事で補いたい成分です。
 
さらに、美肌づくりや脂質の代謝をサポートするビタミンB2も豊富に含まれています。
 
また、一緒に食べる大根おろしも痩せるのをサポートしてくれる効果があります。
大根おろしはすりおろしてから15分以内に食べることをオススメされているので、そこだけぜひ気をつけてみてください。
 
美味しい食材が美容や健康にいいのはとても嬉しいですね。

幸せホルモン分泌を促すトリプトファンとは!

上でも触れましたが、日照時間が短くなることもまたセロトニンが不足して食べ過ぎにつながると書きました。
そのセロトニンを増やす食材としてオススメされているのがトリプトファンという成分です。
 
このトリプトファンは、朝食に食べることで睡眠の質が上がりやすくなり、睡眠の質が上がることでダイエットにも効果的だと話題になっているアミノ酸の一種です。
 
アミノ酸を補おうとするこの季節にもぴったりなので、ぜひ意識して摂り入れるようにしましょう。
 
含まれている食材は以下の通りです。
 
・豆腐、納豆、味噌などの大豆製品
・チーズやヨーグルトなどの乳製品
・卵 ・肉類 ・魚類
・バナナ ・穀類 ・ピーナッツ など。
 
ちなみにこちらはビタミンB6と一緒にとるとより良いと言われています。
 
ビタミンB6が含まれているもの。
 
・鶏肉 ・鮭 ・サバ ・バナナ ・さつまいも ・パプリカ
など。
 
どちらにもタンパク質が豊富に補える肉類や魚類がありますが、朝食でタンパク質をしっかり摂るとその日いちにちの摂取カロリーを減らせると言われており、そちらの面でもダイエットに効果的です。
 
ぜひ朝ごはんのバランスを見直し、きれいに健康的にダイエットをしていきましょう。
スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です