1日2食ダイエットの効果とやり方!ブログで痩せた報告続出!?

・大幅にカロリーを減らすことができる
・自分のライフスタイルに合わせて行える
・1食分の食費が減る
・忙しい方は1食の時間を他のことに回せる
・体がすっきりするため活動力がでる
・疲労回復ができる
・体内の機能が回復する
・美肌・アンチエイジング
・勘が冴える!?

suto

スポンサーリンク
330×280

1日2食ダイエットのデメリット

・頭が働かずにぼーっとしてしまう可能性がある
・空腹に耐えなければならない
・食べられないことをストレスに感じてしまう可能性がある
・家族団欒の時間に家族と一緒に食事ができない
・間違ったやり方をやってしまうと太ってしまう
・筋肉量が減ってしまう可能性がある

1日2食ダイエットの効果を上げる方法

レコーディングダイエットも合わせて行う

img_6403

レコーディングダイエットとは食べたものを書き出して把握することで食べ過ぎを防ぎダイエットができるというものです。

1日2食にするはいいものの、3食の時と同じくらい食べてしまっていたらこのダイエットの意味がありません。
そのため、食べたものを把握するのもとで大切です。

このダイエットを試したけどなかなか痩せなかったという方はぜひ食べたものを見直してみてください。

朝食ではタンパク質をしっかり摂る

img_5989.jpg

このダイエットで朝食以外を抜く方法を取る方はぜひ朝食でタンパク質をしっかり摂ることを心がけてください。

朝食でタンパク質を摂るとその日1日の摂取カロリーが減らせるといいます。

私自身これを知ってから試してみたのですが、朝食でタンパク質をしっかり食べた日と食べない日では、その後の食欲にはっきりと違いがありました。

しっかり食べた日はお腹が空くまで時間がかかるのと、『お腹が空いているわけではないのに何か食べたい』と思うことが明らかに減っていました。

しかし、タンパク質を摂らなかった日は、どうしても何か食べたいという気持ちが強く出てしまい、間食が増えていました。

しかも、食べたくなるものは甘いものばかり。
せっかく一食やめても甘いものばかり食べていたら痩せられないですよね。

食欲に負けてしまったらこのダイエットは成功しにくいと思うので、こちらもぜひ試してみてください。

1日2食ダイエットの辛いときの乗り越え方

・ウォーキングで気分転換

img_6299

ウォーキングで気分転換ができればストレスによる過食を防ぐことができます。そして、空腹ではないのに何かを食べたくなってしまうニセ食欲の誘惑にものらずに済むため、余分なカロリー摂取をせずに済みます。

私は産後の食欲ひどい時にこの方法をとっていました。ダイエットに必要な有酸素運動もできるので一石二鳥です。

・水分補給をする

img_5988.jpg

これも私の中で効果があった方法です。
この方法もまた、ニセ食欲の時に試すと意外と乗り切れます!

さらに、水分量が少ないと脳が空腹と勘違いしてしまい食欲増加の原因にもなります。お腹が空いた時だけではなく、それ以外のときもしっかりと水分補給しましょう。

1日2食ダイエットの落とし穴

油断するとカロリーオーバーに

img_6750

どのダイエットにも当てはまるのですが、『一食抜いてるからちょっとくらいなら多く食べても大丈夫だよね』とか『運動してるから食べても大丈夫だろう』と思ってしまうことがあると思います。

しかし、しのつもりがそのままやめられなくなって食べ過ぎてしまったり、少しだと思っていたけど実は意外と多く食べてしまっていたなんてことも

せっかく我慢して一食抜いていても意味がなくなってしまいます。

食べる量はできるだけ把握するようにしたほうが成功しやすいかもしれません。食べた物をメモしておくレコーディングなどもおすすめです。

ダイエットをやめた後にリバウンドしやすい

s

このダイエットで充分痩せられてもその後が大事になります。痩せられたからいいやと思って元の食事に戻してしまうとあっという間に体重も元どおりです。

さらに、食事制限をするダイエットは代謝が落ちやすいので少し食事を戻しただけでもリバウンドしてしまう可能性があります

そうならないために!
1日2食ダイエットを実行している間、できるだけ運動をして筋肉量を維持し、代謝が落ちないようにしましょう。

そして、1日3食に戻すときは、1日のトータルのカロリーが増えてしまわないことを意識して食べるようにしましょう。

1日2食ダイエットをやってはいけない人

・妊娠中の方
・持病がある方は医師に相談する
・成長期の子供

これらに当てはまる方は、しっかりと栄養を摂取する必要がありますので、このダイエットは行わないようにしましょう。

スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です