話題のチアシードとは?痩せた方の食べ方・効果・副作用など!

チアシードの副作用とよく聞くかもしれませんが、じつはチアシード自体に副作用を起こす原因のものがあるわけではなく、食べ方や管理方法が原因になる場合が多いようです。

摂取量を必ず守る

チアシードの摂取量は1日大さじ1です。

チアシードは水分を吸収すると膨張します。さらに、お腹のなかに入っても膨らみます。これにより強い腹痛を感じてしまう場合があり、お腹を壊してしまうかもしれません。

また、アメリカでは食道で膨張するしすぎたチアシードによる窒息なども方向されているそうです。

摂取量を必ず守る守るようにしましょう。

img_6233

高温多湿を避ける

日本に輸入されたチアシードから毒カビが発生したと和田になりました。この毒カビは〝アフラトキシン〟といい発ガン性がある強い毒性があるそうです。

毒性と聞くとすごく怖いですよね。

しかしこれは、気候の違いから起きてしまったようです。
チアシードの原産国は日本より感想している地域です。これが運ばれてくるときの湿気によりカビが発生してしまったようです。

現在では管理体制が強化されたようなので、安心してよさそうです。

水に浸してから食べる

テレビ番組ではそのままの状態のレシピなども紹介されていたので、どこまで危険なのかがイマイチわからないのですが。

チアシードには発芽毒というものがあるようです。これは、種子が外敵から身を守るための成分なのですが、人体には毒になってしまう可能性があるそうです。

チアシードを水に浸して膨張させてから食べることによりこの発芽毒の心配はなくなるそうなので、膨張させてから食べたほうがより安全ですね。
副作用というものはないようですが、これらを見てみると、チアシードは吸水させてからのほうが安全そうですね。吸水させたほうがダイエット効果も上がるので、ぜひ、水に浸してから食べるようにしましょう!

スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です