ヨガダイエットで効果のあるポーズは?マットの選び方も!

ダイエットにいい有酸素運動ができる

ヨガは深い呼吸法を使うため、多くの酸素を体内に取り入れることができます。

有酸素運動でつく筋肉は内側にある赤筋という筋肉で、この筋肉は脂肪を燃焼する効果がとても高い筋肉です。
マラソン選手と短距離走の選手の筋肉のつき方は一目瞭然ですよね。有酸素運動ではマラソン選手のような筋肉をつけてくれるため、すらっとした体型を目指すことができます。

有酸素運動は20分を超えてから脂肪を燃やし始めるので、少なくとも30分くらいは行いたいですね。まとめて30分でなくても、1日のトータルが30分でも大丈夫です。

img_5758.jpg

体が柔らかくなり代謝があがる

初めの頃は体が固くてできないポーズも続けることにより体が柔らかくなりできるようになります。
このように、体が柔らかくなると血液がの流れが良くなり代謝が上がります。代謝が上がると使うとエネルギー量が増えるため痩せやすい体へと近づくことができます。

さらに、体が柔らかくなると使う筋肉量も増えるため、さらに代謝が良くなり、ダイエット効果が出やすなります。

体が柔らかいと痩せやすいとよく聞きますよね。
ヨガはこれを叶えてくれるので、継続するといいでしょう!

骨盤を矯正させる

骨盤がずれていると太りやすくなるだけでなく、体に様々な不調が出やすなります。とくに女性に多い下半身太りの原因もこの骨盤の歪みです。

ヨガは正しい姿勢をとることで腰回りの筋肉がついてきます。骨を支えているのは筋肉をなので、その筋肉を鍛えることで骨盤を正しい位置で支えてくれます。

image

冷え性の改善

冷え性は女性に多い悩みですよね。なぜ、女性に多いかというと、男性に比べると女性は筋肉量が少ないからです。筋肉量が少ないと血液を押し出すポンプの役目がうまくできなくなってしまうためおこります。

これは冷え性だけでなく、むくみにも当てはまります。

ヨガでの動きは、普段なかなか使うことのない筋肉を使い筋肉を鍛えていきます。そして、筋肉のコリもほぐすため、使う筋肉が増えます。このように筋肉を動かすことでしっかりとポンプの役割をはたしてくれるため、冷え性改善に繋がるのです。

スポンサーリンク
330×280

ダイエット以外の効果

ストレス解消になる
不眠の解消になりぐっすり眠れる
アンチエイジング
肩こり解消

ひどい時は睡眠剤が手離せなったくらい眠るのが下手な私でも、夜ヨガを始めたら自分でもびっくりするくらい寝つきが良くなりました!

さらに、夜中に起きる回数も減ったため、次の日の活動への影響も減り、嬉しいことだらけです!

ヨガダイエットのポーズ別効果

スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です