簡単に痩せる水ダイエット!効果的な期間ややり方は?

水ダイエット 効果 期間 効果なし 効果的

image
ダイエット中は水分をしっかり摂るようにとよく耳にしますよね。その量は1日1.5ℓから2ℓと言われています。
意識しないとなかなか摂れない量ですが、ダイエット中の水分摂取はすごく大切でした!

よく水を飲みすぎるとむくむと思っている方も多いですが、これは水が原因ではなく塩分や糖分が原因ですので、安心してたくさんの水分を摂ってください。

特に水分と言っても、高いダイエットドリンクを買う必要も無く、常に身近にある水でいいんです!

味の好き嫌いも無く、手軽に摂れる水で簡単にダイエットしていきましょう!

スポンサーリンク
330×280

水ダイエットとは

image

水ダイエットとは、水をたくさん飲むことによって代謝が上がり、痩せやすくなるというものです。

水は血液をサラサラにするためにも、老廃物を排出するためにも必要なものです。水分が足りないとドロドロな血液や老廃物を作ってしまい、老廃物をしっかり排出することができなくなってしまいます。

水分ならなんでもいいの?と思われるかもしれませんが、このダイエットは水を摂ることでできるダイエット方法です。体内の水分に近い状態の水を摂ることで吸収されやすいため、効果がでやすくなります。

水の種類は特に指定はありません。硬水や軟水、炭酸水などたくさんの種類がありますが、自分が飲みやすいもの選ぶようにしましょう。

一度にたくさんの水を摂るのは意外と大変なので、こまめに摂ることを意識しましょう。

水ダイエットの効果

代謝が上がる

suto

水を飲むことで、血液やリンパの流れがよくなり、老廃物をしっかりと排出できるようになります。血液がサラサラになると質のいい栄養素を身体中の細胞に送ることができ、栄養素をもらった細胞は活発に働き始めます。このときに多くのエネルギーを使うのですが、エネルギーを使うということは代謝をしているということに繋がるため、水を飲むと代謝が上がるのです。

また、水によって冷えた体を元の状態に戻すときにもエネルギーが必要になります。

このようにエネルギー消費量が増えることで代謝アップに繋がるのです。

デトックス

img_5766-2.jpg

デトックスとは体内の老廃物や毒素を排出することです。老廃物や毒素は汗や尿として排出されます。水をたくさん摂ることで血液やリンパの流れが良くなり、体内の循環が良くなります。それにより汗や尿をより排出しやすくなるため、デトックスがしっかりとできるのです。

血液やリンパの流れの話をしましたが、水のデトックス効果はそれだけではなく、腸内のデトックスもできるため、さらに代謝が上がり痩せやすい体を作ることができます。

むくみがとれる

img_6296
よく水分を摂りすぎるとむくむと思っている方もいますが、実は水を摂りすぎることではなく、水不足が原因の場合がほとんどです。
水分が足りないと体内の老廃物や血液がドロドロ状態になってしまい、体内の循環がうまくできなくなり老廃物の排出ができず、逆にむくみの原因になります。

むくみは、塩分や糖分と水が合わさることで起こるので、控えるのは水分ではなく、塩分や糖分にしましょう。

便秘解消

image

水を朝起きてすぐに飲むことで、眠っていた内臓を起こすことができ、胃や腸の働きを促すため、朝の排便に効果があります。

それだけではありません!
水分が足りないと便は固くなってしまいます。便秘になるのは大抵固い便ですよね。毎日排便をするためには柔らかい便にする必要があるため、水をしっかり飲むことが大切になります。

食物繊維が便秘にはいいとよく聞きますが、食物繊維を摂る時にも水を一緒に摂らなくては効果が薄くなってしまうほど、水は大切になります。

摂取カロリーを抑える

image

この水ダイエットでは食事の前に水を飲むやり方もあるのですが、食事前に水を飲むことで普段よりも多くて90kcal近く減らせるという効果があります。

90kcalと聞くとそんなに多くない気がしてしまいますが、このカロリーをウォーキングで消費しようとすると30分以上歩かなければいけません。そう考えると水を飲むだけのほうが簡単な気がしますよね。

多少ではありますが、水ダイエットは消費カロリーも抑えることができます。

食欲を抑えられる

img_6030.jpg

ダイエット中に大敵なのがニセ食欲です。お腹ぎ空いているわけではないのに、何かを食べたくなってしまうことをニセ食欲と言うのですが、実はこれも水不足が原因になることが多いようです。

水分が足りていないと脳がお腹が空いていると勘違いしたしまい、何かを食べたくなってしまい、結果カロリーオーバーで太ってしまいます。

これは水分を摂ることで解決できるので、普段からしっかり水を飲むようにしましょう。特に授乳中の方は普段よりも多く飲む必要があります。

お腹が空いていないのに何か食べたくなってしまったらまず水を飲むようにしましょう。私はこれで食べ過ぎを防ぐことができました。

冷え性を改善できる

img_6441

水ダイエットでは血液をさらさらにし、血行がよくなる効果があるため、冷え性の改善にも効果があります。

冷え性は冷え方で太り方が違うというのをご存じですか。

冷え性のタイプ
〝末端冷え性〟→手足が冷たい
〝深部体温低下〟→腰から下が冷たい
〝血管拡張冷え〟→首・肩周辺が冷たい
〝隠れ冷え〟→冷えている自覚がない・深部が冷えている

このうち末端冷え症は下半身につきやすく、それ以外のタイプはお腹まわりにつきやすくなります。

それぞれの解決法もありますが、血行を良くすることは、全てのタイプに効果があるため、上のタイプで2つ以上当てはまるという方も一度に対策がとれます。

それぞれの方法を試すよりも水ダイエットで解決できるなら、それが一番簡単そうですね。

美肌効果

image

水を飲むことはダイエットにいいだけでなく、なんと美肌にも効果があるのです。食事から摂った栄養素は腸から吸収され、血液を通り全身に送られます。もちろん肌へも毛細血管を通って送られます。

水をしっかりと摂るとサラサラな血液が作れ、質のいい栄養素をしっかりと肌に送ることができるため、美肌効果もあるのです!

また、便秘の解消をして腸内のデトックスをすることも美肌に繋がります。

ダイエットと美肌に効果があるなんて女性にはとても嬉しいですね!

疲労回復

image

水をしっかり飲むと血液がサラサラになり、流れが良くなると何度か書きましたが、実はこれが疲労回復にも効果的なのです。血液は栄養素だけでなく酸素も運びます。この酸素や栄養素をしっかりと運べることが疲労回復に繋がるのです。

さらに、体内の循環が良くなると疲労物質も排出できるようになります。

水ダイエットのやり方

体重の4%の水を飲む

s

このダイエットでは1日に体重の4%の水を飲むように心がけます。例えば体重50kgの人の場合、50×0.04=2となるので1日2ℓの水を飲むことになります。

2ℓ前後となると意外と大変なので、こまめに摂ることを心がけましょう!少しずつであれば無理なく飲むことができます。

ちなみに、喉が渇いたと思う頃には体はすでに水不足になっているため、喉が渇いたと思わなくてもこまめに飲むようにしましょう。

常温か温めたものを飲む

img_6553

冷たいものは内臓を冷やしてしまい、肥満やむくみの原因になります。また、冷えは栄養素の吸収率が悪くなってしまいます。吸収されないのなら逆にダイエットができるのではないか?、とテレビで質問した方がいましたが、これはダイエットどころか健康面にも悪影響がでてしまいます。

逆に温めた物を飲むようにすると体の内側から温まり、代謝も上がるため痩せやすい体を作ることができます!

水ダイエットで効果的に痩せるタイミングは?

朝起きてすぐ

img_5987.jpg

これはもう試しているダイエッターさんが多いと思います!

朝一で水を飲むことはデトックス効果が高いと言われています。寝ている間に消化活動によってでた老廃物を、朝一の水分補給で、しっかりと排出できると言われています。

また、寝ている内臓を起こす効果もあるため、朝のお通じのためにも効果的です。

体を冷やさないために、白湯にして飲むようにしましょう。体が温まり代謝も上がります。

食事前

img_5995-1.jpg

食事の30分前に約200ml飲むようにします。

食事前に水分を摂ると、食事の摂取カロリーが減らせるという研究結果があるそうです。その効果はなんと、多いと90kcal近くも減るんだとか!

もちろん個人差はあると思いますが、90kcalというと、だいたいウォーキングを25分ほどしないと消費できないのですが、水を飲むだけでその分をカットできるのです!すごく簡単ですよね。

ぜひ食事前に水分をしっかり摂るようにしましょう。

ちなみに食事中は、胃液を薄めてしまい、消化が弱くなってしまうので控えめにしましょう。

また、カロリーを減らせるからと言って食事前に水分を摂りすぎてしまうと胃を大きくしてしまう原因になるので気をつけましょう。

入浴の前後

img_6558

お風呂に入ることでたくさんの汗をかきます。そのため水分を補給しなければ体が水不足になってしまい血液をさらさらな状態で保つことができません。

お風呂に入る前に水を飲むことで、汗をかきやすくなりデトックスができます。そして入浴後、失った水分を補給するために
最低でもコップ一杯の水を飲むようにしましょう。

水ダイエットの期間は?

img_6403

特に期間は決まっていないこのダイエットですが、だいたい、2週間くらいで効果が出る方が多いようです。

中には一週間で大幅に痩せたという方もいらっしゃるようです。しかし、一週間で体重を落とす場合は断食ダイエットとして水を飲む必要があります。断食ダイエットとは固形物をを一切取らずに行いダイエット方法です。それをミネラルや塩分など、最低限の栄養素がない水で行うことはとても危険です。

時間はかかってしまいますが、長い目で見て行うようにしましょう。

水ダイエットは特に食事制限などもないので、ダイエットしているときだけでなく習慣化するのがいいと思います。

特に、寝ている間にたくさんの汗をかくため、ダイエットだけでなく水分補給という意味でも、朝一の水分補給は習慣化したいものです!

水ダイエットが効果なしと言われるのはなぜ?

塩分を摂り過ぎている

img_6411

塩分は細胞内に入ると塩分濃度を薄くするめに水分を保持してしまうため、細胞内に余分な水分がたまりむくみの原因になってしまいます。
むくみはセルライトの原因でもあり、血液やリンパの流れを悪くします。

せっかく血液やリンパの流れをよくする水ダイエットをしても、塩分を摂り過ぎてしまうことで効果がなくなってしまい、太りやすい体を作ってしまいます。

薄味を心がけ、塩分の摂取量を減らすようにしましよう。

一度に大量の水をのむ

img_5988.jpg

水を一気に飲んでしまうと体に必要なミネラルなどの栄養素が大量に排出されてしまい、ダイエットの妨げどころか体調不良の原因になります。

一回に飲む量はコップ一杯にし、こまめに飲むようにしましょう。できれば喉が渇いていなくても1時間おきに飲むことが理想的です。

睡眠直前に飲む

睡眠直前に水を飲むと睡眠の質が悪くなってしまうためやめましょう。
睡眠はダイエットではとても大切な行動です。

良質な睡眠は、痩せホルモンと言われる成長ホルモンの分泌を促すため脂肪の燃焼に繋がったり、食欲を抑えるホルモンの分泌をするため、食べ過ぎによる肥満も防ぐことごできます。

水分は寝る直前ではなく、それよりも前にしっかり摂って起きましょう。

水ダイエット種類別効果

硬水

ダイエットにいいと言われている硬水は、ダイエット中に不足しがちなミネラルやカルシウムを補給できます。便秘にも効果がありますが、普段から便秘をしない方は逆にお腹を壊してしまう可能性があるので注意が必要です。

軟水

体への負担が少ない軟水は続けやすく、水道水でもいいため経済的です。特にダイエット効果などはありませんが、水ダイエットは水を飲むことが大切なので水道水でも問題ありません。

このダイエットは水をたくさん飲むため、経済的な水道水が一番続けやすそうですね!

水素水

抗酸化作用の強い水素水は、活性酸素除去に役立ちます。
活性酸素は主にストレスや大気汚染、食品添加物、タバコ、激しい運動などで増えてしまい、がんや老化・肥満・肌荒れ・生活習慣病を引き起こします。

水素水はこの活性酸素を除去し、ダイエットや美容・健康に効果を発揮してくれます。

炭酸水

血行促進効果のある炭酸水は、さらに代謝アップを狙えます。
整腸作用や美容効果、疲労回復など全てにおいて水よりも効果的です。

スポンサーリンク
330×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
330×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です